おいしいおいしいハンバーグ 2

 とぼとぼ歩いてビルに着き、階段を上って家に帰った。足が重くて、いつもの倍以上時間がかかった気がする。

 ただいまも言わず黙って玄関から入ると、ゲンちゃんがパソコンの前に座って仕事をしていた。あたしが後ろを通り過ぎようとしたら、背中を向けたままゲンちゃんが言った。

「猫のミルク、買ってきたか?」

「……忘れた」

「使えねーな」

 あたしはその場に立ち止まり、ゲンちゃんのちょっと丸まった背中を見つめる。

「ねぇ、ゲンちゃん」

「んー?」

「あたしっていやらしいかな?」

 あたしの声が静かな部屋にぽっかり浮かび、一瞬遅れてゲンちゃんが後ろを振り向く。

「は?」

「だから……あたしっていやらしい?」

 ゲンちゃんはすっと椅子から立ち上がると、わき目もふらずこっちに来て、ぴたっと手のひらをあたしの額にくっつけた。

「んー、熱はないみたいだな?」

「熱なんかないよ! 真面目に答えてよ!」

 あたしはゲンちゃんの手を振り払う。

「あたしってさ、ブスのくせに男の人のこと意識しすぎかな」

 男の人が隣に座ったくらいであせったり、ゲンちゃんが部屋に入ってきただけで大騒ぎしたり……やっぱりあたし、おかしいのかな。

 ゲンちゃんはじっとあたしを見下ろして、顔をしかめる。


「誰がお前のことブスなんて言ったんだよ。あの湊斗とかいうガキか?」

「え、ちがうよ。湊斗はカンケーない」

 首を横に振るあたしに向かって、ゲンちゃんが言った。

「お前はブスじゃねぇよ。まぁ、美人でもないけど」

 褒められてるのか、けなされてるのか、よくわからない。

「それに男のこと意識するようになったのは、お前がちょっとだけ大人になったからじゃないのか?」

 あたしが……大人になったから?

「俺なんかしょっちゅう女のこと考えてるしな」

「えっ」

 あたしはぴょんっと跳ね上って、ゲンちゃんから離れた。

「あー、お前は女と認識してないから心配するな」

「ちょっ、ひどい! バカにしないでよ!」

 ははっと笑うゲンちゃんのお腹を、グーでぽかぽか殴った。だけどすぐにあたしはその手を止めて、またゲンちゃんから離れる。

「ミルク……買ってくる」

 ゲンちゃんはなにも言わなかった。あたしは逃げるように外へ飛び出す。

 グーにした手が、なんだか熱い。あたしやっぱりおかしいかも。だってゲンちゃんのこと、意識してる。

 ゲンちゃんはママの弟で、血のつながったあたしの叔父さんなのに。

『俺なんかしょっちゅう女のこと考えてるしな』

 ゲンちゃんがしょっちゅう考えてる女って……誰なの?



「昨日はごめん! いきなり帰っちゃって」

 翌朝あたしは隣の教室に行き、杏奈の前で頭を下げた。

「べつにいいけどさ。その気がないなら、最初から来ないでよね」

「……ごめん」

 杏奈はわかりやすく口をとがらせ、ふいっと横を向いた。たぶん杏奈は、しばらくあたしと口をきいてくれないだろう。

 教室の中を見回しても、風花の姿がなかった。あたしがしょぼんと廊下に出ると、ちょうど登校してきた風花とばったり会った。

「風花……」

「いろちゃん……」

 風花がすっとうつむいた。あたしはそんな風花に言う。

「ごめん。風花」

 足もとを見ていた風花が、ゆっくりと顔を上げる。

「あたし、ああいうのって初めてで……なんかひとりで意識しちゃって……バカみたいだったよね。ごめん」

 あたしはぺこっと頭を下げた。すると風花が慌てて口を開く。

「ううん。謝るのはこっちのほうだよ。わたしいろちゃんにひどいこと言ったよね。ごめんなさい」

 顔を上げると、困った表情で風花が言った。

「わたしもああいうのって初めてで……男の人に『かわいいね』なんて言われたことなかったから、すごく浮かれちゃって……だからいろちゃんに止めてもらってよかったと思ってる。あのままあの人たちといたら、わたしどうなってたか……」

「風花……」

「いろちゃん、ありがとう」

 風花が泣きそうな顔で笑うから、あたしはきゅっと唇を噛む。

 風花といると時々もやっとすることがある。だけどやっぱりあたしは、風花の笑顔が好きだ。

「風花はかわいいよ」

「えっ」

 風花の頬が、みるみるうちにピンク色に染まる。

「風花はかわいい。ほんとにそう思う」

「もうやだぁ、いろちゃんてば」

 風花が頬に両手を当て、恥ずかしそうにあたしを見る。あたしはそんな風花に笑いかける。

 素敵な彼氏が見つかるといいね、風花。


 その日の夕飯は、あたしがハンバーグを作った。昨日せっかくファミレスに行ったのに、ハンバーグを残して店を出てしまったことが、実はずっと心残りだったんだ。思い出せば思い出すほどハンバーグが食べたくなってしまい、自分で作ることにした。

「どう? あたしの作ったハンバーグ、おいしい?」

 夕飯はこたつに足を突っ込んで、ゲンちゃんと向かい合って食べる。この部屋にテレビがあるからだ。

 ナナちゃんがいたころは、「ご飯を食べながらテレビを観てはいけません」って言われてて、台所で食べていた。でもナナちゃんがいなくなった途端、ゲンちゃんはこの部屋で、テレビを観ながら食べるようになった。子どもかよ。

「ねぇ、聞いてる? ゲンちゃん」

「あ? なんか言った?」

 ゲンちゃんがテレビの画面から目を離し、こっちを向く。テレビの中ではお笑い芸人が、おもしろそうなコントをやっている。だけどあたしはリモコンでテレビをぶちっと消した。

「あっ、なにすんだよ、お前!」

「ご飯のときはテレビ禁止!」

「ナナみたいなこと言うなよ」

「だってゲンちゃん、あたしの話、聞いてくれないじゃん」

 あたしはゲンちゃんから顔をそむけ、ハンバーグを口に入れる。悔しいから、どんどん口に入れる。味なんかもうわかんない。


 ゲンちゃんもそんなあたしの前でハンバーグを食べて、そして言う。

「おいしいよ」

 あたしはむすっとした顔でゲンちゃんを見る。

「めんどくさいから、聞こえないふりしてたんでしょ?」

「うるせぇな、おいしいって言ってんだから、もういいだろ」

「なにそれ! 全然心がこもってない!」

「じゃあなんて言えばいいんだよ」

 あたしはさっき学校で見た、風花の幸せそうな笑顔を思い出した。

「ねぇ、ゲンちゃん。あたしって美人じゃないけど、ブスでもないんだよね?」

「まぁな」

「じゃあ『かわいい』って言って?」

 箸を置いてゲンちゃんの顔を見る。ゲンちゃんはじっとあたしを見つめて口を開く。

「かわいい、かわいい。めっちゃかわいい。こんなかわいいやつ、見たことない」

「なにその棒読み! 全然心がこもってないじゃん!」

「はー、ガキの相手はめんどくせぇ」

 ゲンちゃんはいつの間にかハンバーグを食べ終わっていて、お皿を片づけ立ち上がった。

「風呂入ってくる」

「ちょっと、待ちなよ、ゲンちゃん!」

「なに? 一緒に入りたいの? いやらしい彩葉ちゃん」

 あたしの顔が、かぁっと熱くなる。

「バカっ! 変態! さっさと風呂入ってこい!」

 ゲンちゃんがげらげら笑いながら、脱衣所のドアを閉める。

 ゲンのやつ。今度ヘンなこと言ったら、セクハラで訴えてやるからな。


「あ、そうだ、いろはー」

 むっとした顔で振り向くと、上半身裸のゲンちゃんがドアから顔を出して、シャンプーのボトルを振っている。

「これ、なくなっちゃったから、今度買ってきて」

「ぎゃー! そんなカッコで出てくるな!」

 ゲンちゃんは両手で顔を隠したあたしを見て、満足そうに笑う。そしてすぐにドアをバタンと閉めた。

 なにあれ。絶対わざとでしょ。あたしがあたふたするのをおもしろがってるんだ。

「くやしー」

 テーブルをどんっと叩いたら、食器とリモコンが音を立てて揺れた。あたしはもう一度テレビをつける。さっきのお笑い番組は終わっていて、恋愛ドラマをやっていた。ちょうど男の人と女の人が抱き合うシーンで……あたしはあわててテレビを消す。

「はー、もうやだ」

 なんだかどっと疲れて、畳の上に仰向けになった。

 でも……天井からぶら下がっている、丸い蛍光灯を見ながら思う。

 ゲンちゃんの上半身なんて、しょっちゅう見ていたはずなのに。

 いつからあたしはゲンちゃんから、目をそらすようになったんだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます