おいしいおいしいハンバーグ 1

「いろちゃん、今度の日曜日ひま?」

 ある日の昼休み、隣のクラスから風花がやってきてあたしに聞いた。

 あたしは部活も塾もやっていないから、基本的にいつでもヒマだ。家事をする以外は。

「ひまだけどなんで?」

「杏奈ちゃんに誘われたの、カラオケ行こうって。杏奈ちゃんの彼氏が、男の子ふたり連れてくるんだって」

「え、男?」

 風花がにっこり笑ってうなずく。あたしはちょっと顔をしかめてたずねる。

「風花って、杏奈と仲良かったっけ?」

「そんなでもないけど……でもあたしが彼氏欲しいって話したら、誘ってくれたの」

 おっとりしていて、おとなしく見える風花は、昔から友だちが多くない。休み時間になるとすぐ、うちのクラスに飛んでくるくらいだから、いまもクラスにあまり友だちはいないのだろう。

 それに派手で目立つタイプの杏奈とは、まったく共通点がなさそうな気がする。


「あたしはべつに彼氏欲しくないしな……カラオケも興味ないし」

 ていうか友だち同士でカラオケなんて行ったことない。小学生のころ一回だけ、ゲンちゃんとナナちゃんに連れて行ってもらったことはあるけど。

 ナナちゃんはものすごく歌がうまくて、ゲンちゃんはものすごくへたくそだったことだけ覚えてる。

「そんなこと言わないで。彼氏いない子ひとり、絶対連れてきてって言われてるの」

 たしかにあたしは、彼氏いないけどさ。

「お願い、いろちゃん! 一生のお願い!」

 出た。風花の「一生のお願い」。風花は「一生のお願い」を何度も使う。

 でもここであたしが断ったら、他に頼めるような子はいないんだろうなぁ。

「じゃあ……ちょっとだけ付き合う。でも今回だけだよ?」

 そういうあたしも、「今回だけだよ?」を何度使ったことか。

「ありがと、いろちゃん! 大好き!」

 風花があたしに抱きついてきた。あたしは小さくため息をついた。


 日曜日、あたしは服を押入れから引っ張り出し、畳の上に広げて考えた。

「うーん……」

 あいかわらず私服はパーカーにジーンズ姿のあたし。

 だけど風花はきっと、かわいい服でくるんだろうな。べつに張り合うつもりはないけど、あんまり差があってもバランスとれないよなぁ……なんて、考えすぎかな。

「おいっ、彩葉! 開けるぞ」

 ふすまがいきなり開いて、ゲンちゃんが顔を出した。あたしはひっと変な息をはいて後ろを振り向く。

「どっか行くなら猫のミルク買ってきて」

「勝手に入ってくるな!」

 あたしのこのときの服装は、下はパジャマのズボンに、上は下着代わりのタンクトップ一枚だった。あたしはあわてて脱いだパジャマで上を隠す。

「開けるぞってちゃんと言ったし。べつに裸見られたわけじゃねーだろ?」

「裸とか言うな! エロおやじ!」

 そのへんにあった服をゲンちゃんに投げつけて、部屋から追い出した。ゲンちゃんはふすまの向こうで「なんだよー」なんて文句を言っている。

 なんだよ! はこっちのセリフ。ゲンちゃんはきっとあたしのこと、女だと思ってないんだ。


 結局服を考える気力がなくなり、いつものパーカーとジーンズで家を出た。ゲンちゃんにはどこへ行くか教えなかった。

 待ち合わせの駅に着くと、もうみんな揃っていた。まだ五分前なのに、みんな早い。

「いろちゃん!」

 風花は真っ白なコートに、淡いピンクのミニスカートをはいている。

「彩葉。遅いよー」

 その隣の杏奈は、黒いロングのワンピースにコートをはおって、首にはストール。大人っぽくて、中学生に見えない。

「ごめん」

「あ、紹介するね。あたしの彼氏の翔くんと、その友だちの蓮くんと瑛太くん。三人とも高校生だよ」

 三人の男が「どうもー」なんて軽い感じで言う。みんな同じようなチャラ系で、誰が誰なんだか覚えられない。

 それに杏奈の彼氏が高校生だったなんて、たったいま知った。

「どうも……野々山彩葉です」

「よろしくねー、彩葉ちゃん」

 茶色い髪の男がいきなりなれなれしく言ってきた。あたしはもう帰りたくなっていた。


 駅前に唯一あるカラオケ店に行き、順番に歌をうたった。みんな慣れているのか、どんどん曲を入れている。風花も家族でよくカラオケに来るそうで、けっこううまい。髪をつんつん立てて、耳にピアスをつけた男が、風花の隣でちやほやしている。

 あたしはジュースを飲みながらそんな光景を眺め、ひたすら時が過ぎるのを待っていた。

「彩葉ちゃんは歌わないの?」

 一曲歌い終わった茶髪男が、あたしの隣に座ってマイクを差し出した。えっと、この人は誰だっけ? 蓮だっけ瑛太だっけ……忘れちゃった。

「あたしは……へたくそなんで」

「そんなの気にするなよ。こういうときは、軽いノリで歌っちゃえばいいんだよ」

「いえ、けっこうです。あたしは」

「恥ずかしがり屋なんだな、彩葉ちゃんは」

 隣の男がにっこり笑って、ジュースを手に取り座りなおす。あたしの腕に男の腕がくっつき、なんだか背中がぞわぞわしてきた。


「ねぇ、このあとどうする?」

 杏奈がみんなに聞いた。隣に座っている彼氏は、さりげなく杏奈の肩を抱いている。あんなこと、人前で簡単にできちゃうんだ。高校生って。

「どっか飯でも食いに行くか?」

「そうだね、お腹減ったし」

「あのっ」

 あたしはみんなの前で立ち上がる。

「あたしは帰るから!」

 みんなの視線があたしに集まった。チクチクと痛い。

「えー、いろちゃんも行こうよぉ」

 風花が困ったように言った。風花の隣にはぴったりと、ピアスの男が張り付いている。

「そうだよ、まだ来たばっかりじゃない」

「彩葉ちゃん帰っちゃったら、つまんないよ」

 みんなが口々に言い始めた。あたしはしぶしぶ椅子に座る。

「ご飯くらい付き合いなよ。ね? 彩葉」

 結局杏奈に押されて、あたしはみんなとファミレスに行った。


 ファミレスでご飯を食べている間も、ピアスの男は風花にべったりだった。でも風花はまんざらでもないみたい。耳元でなにかささやかれて、くすくす笑いながら頬を染めている。

 風花のタイプってゲンちゃんじゃなかったっけ? 全然違うと思うんですけど。

 そしてあたしの隣には茶髪男が座っている。べらべら話しかけてくるから、おいしそうなハンバーグが食べられない。あたしはそれを避けるため、ドリンクバーに行こうと立ち上がった。

「はぁ……」

 ジュースのボタンを押してため息をつく。なんでこんなところに来ちゃったんだろう。

 でも「行く」って言っちゃったのはあたしだ。風花の顔をつぶしたくないし、この場を変な雰囲気にもしたくない。


「彩葉ちゃんってさぁ」

 急に話しかけられてどきっとした。いつの間にか後ろに茶髪男が立っていた。

 あたしがジュースを手にとって場所を譲ると、そこにグラスを置いて男がボタンを押した。

「いつもこんな感じなの?」

「え?」

「いつもこんなふうにぶすっとしてるの?」

 あたしは黙った。たしかにあたしはいつもこんな感じだ。だけど初めて会った人に向かって「ぶすっとしてる」って、失礼じゃないか?

「それとも俺たちのこと気に入らないわけ?」

 男がじろっとあたしをにらんだ。あたしはちょっとだけひるむ。

「ここに来たってことは、男が欲しかったんだろ? だったらもうちょっと楽しそうにしろよ」

「は?」

 あたしは思いっきり顔をしかめた。

「あ、あたしはべつに男なんか欲しくないし、楽しくないのに楽しそうになんてできない」

「なんだよ、それ。だったら来んな! ブス!」

 男があたしの手を払った。あたしの手からジュースが落ち、床にこぼれる。周りの人たちがあたしたちのことを、少し離れたところから見ている。

 男はふんっと顔をそむけて、トイレのほうに行ってしまった。店員さんが「大丈夫ですか?」と駆け寄ってきて、床を片付けてくれる。

「すみません。ごめんなさい」

 あたしは何度も頭を下げて謝ると、急いでテーブルへ戻った。

「いろちゃん? どうしたの……」

「風花! 帰ろう!」

「え?」

 ぽかんとしている風花の手を引っ張って、立ち上がらせる。風花のコートとバッグを持たせ、あたしは自分のバッグからお財布を取り出し、ふたり分のお金をテーブルに置いた。

「ごめん、杏奈! あたしたち帰る!」

「彩葉? あんた、なに言って……」

 唖然としている杏奈を残し、あたしは風花の手を引っ張って外へ飛び出した。


「いろちゃん! いろちゃんってば!」

 ファミレスから立ち止まらず、一気に走った。だいぶ遠くまで来たころ、あたしはやっと風花の手を離した。

「どうして? どうしてこんなことするの? いろちゃん」

 あたしは振り返って風花に言う。

「風花はよく平気だね。あの男、風花のことずっとやらしい目で見てたじゃん」

「そんなことないよ……」

「ずっと風花に体べったりくっつけてきてさ。風花、なんとも思わなかったの? あいつら絶対やらしーことしか考えてないよ」

 風花はちょっと潤んだ瞳でじっとあたしを見つめる。

「いろちゃん、人を見た目だけで判断しちゃだめだよ。いい人たちかもしれないじゃん」

「え、風花はあたしのほうがおかしいと思ってんの?」

「いやらしいこと考えてるのは、いろちゃんのほうだと思う」

 心臓がぎしっと嫌な音を立てた。

「わたし、帰るね。杏奈ちゃんにはごめんねって連絡しとく」

 ふわっと柔らかそうな髪とスカートを揺らして、風花が背中を向けて去っていく。

 あたしはしばらくその場に突っ立ったまま、動けなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます