赤い箱のチョコレート 1

 ゲンちゃんが遊びに出かけた。

 家とバイト先の往復くらいしかしていない、ほぼひきこもり男のゲンちゃんが、中学校時代の同級生との飲み会に出かけて行った。ナナちゃん以外にも友だちいたんだ。知らなかった。

 もしかしたら今までも、誘われていたのかもしれない。でもあたしが中学に上がるまで、ゲンちゃんは夜にあたしを置いて出かけようとしなかった。

 ナナちゃんが「いろちゃんはあたしがみてるから大丈夫だよ」って言ってくれたのに、「彩葉は俺の姪っ子だから、お前には任せられない」とか意地張って。

 ゲンちゃんがいてくれたって、なにをしてくれるわけでもないのに。むしろナナちゃんがいてくれたほうが、よっぽど頼りになるのに。そういうところだけ、頑固なんだよなぁ、ゲンちゃんは。

「みぃー」

 ミルクが部屋から出てきた。キャットフードをあげようとしたら袋の中が空っぽだった。買い置きを探したけれど見当たらない。ゲンちゃんが買うのを忘れたんだ。

「もー、ゲンちゃんは。買っといてって言ったのに」

 あたしは時計を見上げる。この時間ならまだスーパーが開いているはず。

「ちょっと待っててね、ミルク」

 ミルクにお留守番をお願いして、あたしは鍵をかけて家を出た。


 音楽の流れる明るい店内で、キャットフードを手に取る。レジに並んで順番を待つ間、近くの棚に赤い箱のチョコレートが並んでいるのに気がついた。

 あれは……風花がおいしいって言ってた、新発売のやつ。いま人気のアイドルがCMに出ていて、クラスの女子の中でも話題なんだ。

 買っちゃおうかな、あたしもちょっと食べてみたい……でも無駄遣いはよくない。いまはキャットフードを買いに来ただけだし。こんな目に着く場所にチョコを置いて、買わせようとしているお店の作戦に負けてはダメだ。

 あたしは食べたい気持ちをぐっと我慢し、レジでキャットフードのお金だけを払った。


 あたたかい店内から外へ出た途端、強い風がびゅうっと吹いた。あたしは肩をすくめて、上着の前を重ね合わせる。

「あっ、彩葉だ! いーろーはー」

 聞きなれた声が風に乗って流れてきた。振り返るとゲンちゃんがあたしに向かって、機嫌よさそうに手を振っている。首をかしげながら近づくと、ゲンちゃんがいきなりあたしの肩を抱いて引き寄せた。あたしのつめたいほっぺが、なんだか急に熱くなる。

「こいつ彩葉。俺の姪っ子」

 ゲンちゃんがあたしの髪をぽんぽんっと叩きながら、一緒にいたふたりの男の人に言った。

 今夜のゲンちゃんはちょっとおかしい。きっと酔っ払っているんだ。


「あ、俺たち絃の同級生です。さっきまで一緒に飲んでて……」

 やさしそうな顔をした、スーツ姿のサラリーマンぽい人が言った。

「ちょうどよかった。こいつちょっと飲みすぎみたいなんで、連れて帰ってもらえます?」

「おいっ、俺は飲みすぎてなんかないぞ?」

 ゲンちゃんがあたしから離れ、ネクタイをつかんで絡んでいる。

「まぁまぁ、よかったじゃん、絃。かわいい姪っ子ちゃんと一緒に帰れて」

 そう言ったもうひとりの人は、セーターにダウンジャケットを着ていて、ちょっとふっくらした体型。この人も穏やかそうだ。

「こいつ飲んでる間、ずっと彩葉ちゃんの話しててねぇ、でもすっごく楽しそうだったよ」

「うるせぇよ、お前もー!」

 今度はこっちの人の首に腕を回して、ゲンちゃんがぎゃーぎゃー騒いでいる。しょうがない酔っ払いだ。お酒臭いし。

「彩葉ちゃんも大変だね、こんな叔父さんと暮らしてるなんて」

「いえ……もう慣れました」

 あたしは苦笑いしてから、ゲンちゃんの腕を引っ張る。

「ほら、ゲンちゃん。帰ろうよ」

「いろはー、俺飲んでないからなぁ? 全然飲んでないからな?」

「はいはい、わかったから。ほら、帰るよ」

 ゲンちゃんの腕をもっとあたしは引っ張った。

「あのっ、今夜はありがとうございました」

「いえいえ」

「気をつけて帰ってね」

 ふたりがにこやかに手を振ってくれる。大人だ。この人たちこそ、常識ある立派な大人だ。

「じゃあな、絃」

「またなー」

 ゲンちゃんはふたりに背中を向けて、あたしに寄りかかるようにしながら、「またな」と手を上げた。


「もうー、しっかりしてよ、ゲンちゃん」

 ゲンちゃんはふらふらと危なっかしい足取りで歩いている。

「俺、しっかりしてるよ?」

「全然しっかりしてないじゃん」

 あたしはゲンちゃんの腕をつかんだまま歩く。

 ゲンちゃんはお酒が強くない。だから普段はあんまり飲まない。だけどいったん調子に乗ると、へろへろになるまで飲んじゃう。だからナナちゃんと一緒に飲むときは「ゲンちゃんはこれ以上飲んじゃダメだからね」って制止されてた。

 それなのに……大人ってどうして、こんなになるまでお酒を飲むんだろう。

「でもゲンちゃんのお友だち、ふたりともいい人そうだったね」

「あー、そうそう。あいつらすっげーいいやつなんだよ」

 ゲンちゃんが夜空を見上げて機嫌よさそうに笑う。スーパーから少し離れると、この時間はもう、人通りが少なくなる。

「中学のころは、いっつもあいつらと遊んでてさぁ」

「でもふたりはゲンちゃんと違って、真面目そうだったよね」

「昔はあんなじゃなかったんだぞ? 悪いこともいっぱいしたしな」

 悪いことってなんだろう。気になるけど、聞くのがちょっと怖い。

 ゲンちゃんの中学時代ってどんなだったのかな? 高校生のころは? そのあとは? あたしはあたしと会うまでのゲンちゃんのこと、なんにも知らないんだ。


「それなのに今は、会社の係長と二児の父親だってさ」

 あたしの耳にゲンちゃんの声が聞こえる。

 ゲンちゃんは笑っているのに笑ってないみたいだった。どうしてかな……。

「でもさ……」

 あたしはゲンちゃんの腕をぎゅっとつかんで言う。

「ゲンちゃんはフリーで仕事してるんだから社長じゃん。それにたったひとりで、あたしをこんなに大きくなるまで育ててくれて。ゲンちゃんのほうがすごいよ」

 ゲンちゃんはぼけっとした顔をしたあと、嬉しそうに笑ってあたしの肩を抱いてきた。

「いろはー、お前ほんっといいやつだなぁ。さすが俺の姪っ子!」

「もー、ゲンちゃん、お酒臭いよ」

「よしっ、お前が大人になったら、俺が飲みにつれてってやろう」

「やだよ、ゲンちゃんとなんか。あたし酔っぱらいの面倒みたくないもん」

「そんなこと言うなって。楽しみだなぁ……彩葉と一緒に酒飲むの」

 ゲンちゃんがしみじみとつぶやいて、また空を見上げる。あたしは仕方なく、肩を抱かれたままゲンちゃんと歩く。

 風がつめたい夜だった。だけどゲンちゃんとくっつき合った体があったかかった。

 お酒を飲むのって、そんなに楽しいのかな? あたしにはわからない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます