みっつの肉まん 1

「あ、野々山さん」

 朝、教室に向かって風花と歩いていると、担任教師に呼び止められた。

「三者面談の希望日、提出してないの野々山さんだけなんだけど」

「あ……」

 あたしは立ち止まり、咄嗟にぎこちない笑顔を作る。

「すみません。あのプリントなくしちゃって……」

「しょうがないわね。あとで持ってくるから、ちゃんとおうちの人に渡してね?」

「はい」

 あたしの返事を聞くと、先生は忙しそうに廊下を去っていった。あたしは小さく息をはく。

 教職に就いたばかりの若い女の先生は、あたしの家庭環境をいったいどこまで把握しているんだろう。まぁ、深く突っ込まれるのも面倒だから、把握されなくていいけど。


「いろちゃん、まだプリント、ゲンちゃんに渡してなかったの?」

 少し首をかしげて、風花があたしを見る。あたしは風花の長いまつ毛がぱちぱちと動くのをながめてから、あいまいにうなずく。

「だってさぁ、なんとなくゲンちゃんには頼みにくいよ」

「どうして?」

 どうしてだろう。小学生のころは授業参観のお知らせも運動会のプログラムも、普通に渡せたのに。ただ、お父さんにしては若すぎるゲンちゃんが学校に来ると、周りのみんなが騒ぐから、いちいち説明するのが面倒なんだ。

 あたしが黙っていたら、風花がにっこり微笑んで言った。

「じゃあナナちゃんに来てもらえば? お母さん代わりとして」

「えー、無理無理!」

「どうしてよ? ナナちゃん美人だし、しっかりしてるし。ちゃんといろちゃんの進路とか、アドバイスしてくれそうじゃない?」

 美人は関係ないけど、たしかにゲンちゃんよりは頼りになるだろう。でもナナちゃんとは血がつながっているわけじゃないし、説明するのが余計面倒だ。

 あー、子どもってめんどくさい。どうして自分のことを、自分で決めてはいけないんだろう。

「やっぱりあたしと先生だけじゃ、ダメなのかなぁ……」

 つぶやきながら教室に入ろうとしたとき、あたしの耳に男子のふざけた声が聞こえてきた。


「バーカ、それ、彩葉の母親じゃねぇよ」

 足が止まり、心臓が大きく跳ねる。

「ていうか女じゃねーし。そいつオカマだし」

「げ、マジで?」

「でもフツーに女だったぞ?」

「違う違う。俺、彩葉と小学校から一緒だから知ってんだ。あいつオカマと住んでる……」

 そこまで言ったそいつがあたしに気づき、にやけた顔のまま言葉を切る。周りの男子どもは気まずそうに、そそくさと教室の中に散らばっていく。

「よう、彩葉!」

 悪びれた様子もなくあたしに右手を上げるのは、小学生のころから気に入らない、越智おち湊斗みなとだ。

「湊斗ぉ……」

 あたしの押し殺すような声を聞き、風花が心配そうに制服をつかむ。だけどあたしはそれを振り払い、ずんずんと湊斗の前に向かった。教室にいた生徒たちが後ずさりして、あたしの通る道を作る。

「あ、やっぱ聞こえてた? 彩葉が美人と街を歩いてたってあいつらが言うからさぁ。ほんとのこと教えてやったん……」

「うっせぇんだよ。お前!」

 あたしは湊斗の胸ぐらをつかみ上げた。周りの男子たちの目が点になって、風花があわてて駆け寄ってくる。だけど目の前の湊斗は、相変わらずへらへらと笑っている。

「なんかまずかった? お前が説明する手間をはぶいてやっただけだけど。あ、そういえば元気? あのニートっぽい叔父さん」

「ゲンちゃんはニートじゃない! ちゃんと働いてる!」

 あたしは湊斗の体を思い切り突き飛ばした。だけど湊斗はふらっとよろけただけで、まだへらへらしている。

 あれ、なんかおかしい。あたしよりチビな湊斗なんか、いつも吹っ飛ばしてやってたのに。


「いろちゃん、やめて。湊斗くんも、どうしてそんなこと言うの? いろちゃんの叔父さんは家でお仕事してるんだからニートじゃないよ」

 駆け付けた風花が、あたしたちの間に割り込む。

「は? じゃあなんの仕事してるんだよ」

 湊斗が挑戦的な顔つきであたしを見る。あたしはちょっと戸惑いながら、ぼそっとつぶやく。

「え、絵を描く仕事だもん」

「はぁ?」

 湊斗がさらに顔をしかめた。

「お前のおじさん、イラストレーター?」

「まぁ……そんなもん」

 そう答えたけど、実はゲンちゃんの仕事をあたしはよく知らない。いつもパソコンに向かって何かやっているけど、近づくと「気が散る」とか「邪魔すんな」って追い払われるし。

 だけどゲンちゃんは絵がめちゃくちゃうまい。あたしがどんなに頑張っても、美術の成績「3」以上とれないのに。あたしとゲンちゃんの血がつながっているなんて信じられない。

「へぇ、有名なのか?」

 湊斗の声にぎくっとする。絵はうまいけど「仕事がない」が口癖のゲンちゃんが、名の知れた人であるわけない。

「まぁ……フツーじゃないの?」

 湊斗はじろっとあたしをにらむ。あたしはさりげなく目をそらす。

「ほんとにお前の叔父さんイラストレーターなのか? てかほんとに仕事してるのか? やっぱニートなんじゃねぇのか?」

「し、してるよ! そんなに疑うなら見に来れば!」

 そう言ってからはっと口をふさぐ。目の前の湊斗がにやっと笑う。ああ、どうしよう。あたし、なんてことを言ってしまったんだろう。この前国語で習った「墓穴を掘る」って、きっとこういうときに使うんだ。

 ひとつ仕事を終えたばかりのゲンちゃんは、たぶんまだぶらぶらしているだろう。逆に仕事が入っているのに友だちなんか連れていったら、絶対機嫌が悪くなるに決まってる。ただでさえ愛想のないやつなのに。


「じゃあ見に行く。今日の放課後、お前んち行くぞ」

「えっ、今日? 冗談やめてよ」

「やっぱ仕事してないんだろ?」

 湊斗がにやにや笑っている。こいつほんとムカつく。ゲンちゃんの次にムカつく。

「わ、わかった。来たいならくればいいじゃん」

「よし! じゃあ行くぞ!」

「あ、わたしも行っていい? 久しぶりにゲンちゃんに会いたい」

 風花があたしのそばでにっこり微笑む。あたしは風花の笑顔に弱いから、断るなんてできるわけない。

「も、もちろんいいよ。風花もおいでよ」

 はぁ……どうしてこんなことになっちゃったんだろう。めちゃくちゃ気が重い。


 放課後。あたしは家への道を、風花と湊斗を引き連れて歩いていた。歩道を歩くあたしたちの脇を、バスが音を立てて追い越していく。

「ゲンちゃんに会うの久しぶりだなぁ。楽しみ」

 風花はなぜか嬉しそうだ。不愛想でいつも不機嫌で、口を開けば文句ばかりの何考えてるのかわからないアラサーのオッサンに、どうして風花は会いたいんだろう。

「あ、ナナちゃんもいるかな? ナナちゃんにも会いたいな」

「ナナちゃんってオカマだろ? まぁ、俺もオカマに会ってみたいけど」

「オカマって言うな。バカチビ」

「は? 俺もう、お前より高いんですけど」

 湊斗があたしの前に立ちふさがり、自分の頭にのせた手をあたしの頭の上で止める。その手と頭の間にはぽっかりとした空間があった。

「な?」

「くっそ……」

 いつの間にかあたしの背は、湊斗に追い抜かれていた。

「くっそー」

「くそとか言うなよ。口悪いな」

 口が悪いのはゲンちゃんに似たんだもん。文句があるならあたしを育てたゲンちゃんに言ってよね。


 そんなことを考えていたら、あたしの住んでいるビルの前についた。あたしは灰色のビルの屋上を見上げ、ごくんと唾をのみ込む。

 風花はここに来たことがあるけど、湊斗は来たことがない。ていうかよく考えたら、男の子を家に呼ぶのははじめてだった。

「ここだよ」

「へぇ、ここがお前んちのマンションかぁ」

 ビルを見上げてそう言った湊斗を連れて、階段を上る。四階からさらに上へ行こうとしたら、湊斗がちょっと首をかしげた。そして一番上のドアを開くと、湊斗は驚きの声を上げる。

「はぁー? 彩葉んち、屋上なのかよ」

「うん……そう」

「えー、すげー!」

 湊斗は目をまんまるにして、嬉しそうに走り出す。中学生が走り回れるほど、屋上は広い。ゴールがあればバスケぐらいはできる。今日は晴れているから、あたしたちの上にあるのは青い空だけだった。

「すげーな、彩葉んち、サイコーじゃん!」

 湊斗はぴょんぴょんと飛び跳ねたり、フェンスから下を見下ろしたりしてはしゃいでいる。中一男子って、ほんとガキ。

「こっちだよ。うち」

 あたしは風花と一緒に玄関に向かう。湊斗が走って近づいてくる。あたしは息を整えてからドアノブをひねった。

「あれ、あかない……」

 誰もいないのかな。いやいや、ゲンちゃんはいつも鍵を閉めて家に引きこもっているから、まだわからない。あたしは自分の鍵を取り出し、玄関ドアを開けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます