第3話 会話

 ピザを食べ、ワインを飲みながら俺たちはいろいろなことをしゃべった。

「あの小説を映画にすると受けるぞ!」

「・・・あのトーマスとかいう物書きの『衆道剣風録』?・・・やっぱり大介好きなんだ?ああいうの」

 「衆道剣風録」とは俺のオンラインで連載している時代小説の題名だ。トーマスというのは18禁の小説を書くときの俺のペンネームだ。


「昔の松竹の『大菩薩峠』みたいな白黒の出だしで始まるんだ!片肌脱いだ静音(しずね:小説の主人公の美しい幼い若衆)のうなじや長い睫毛をアップして女性だと思わせる!柔らかな後ろ姿をズームアウトして、観客は若衆だったって後で驚くわけだ!殺陣はスローモーションを使って、本物の古武道の太刀筋を見せる!」


「ふーん・・・BLと剣豪小説が合わさったようなもんだね!念者の修理(しゅり)とのセックス・シーンもあるわけ?」

「あたりまえだろ!大島渚監督の『御法度』にもあっただろ!」

「あのね、ああいう趣味はコアな腐女子しか理解できないよ!まだ世間じゃメジャーじゃないんだ!」

 俺は腕を組んで口を曲げて尊大に言う。

「今から・・・メジャーになるんだ!」

「あはは!今西鶴!新『男色大鑑』だね!」

「東亀と呼べ」

「と・・・うき?またオーバーな名前!どんき!・・・どんがめ!あはは!」


 こんな会話をして、あいつは俺の夢を楽しそうに聞いてくれる。あいつの前ならどんなことでも実現できそうな気がする。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます