風が吹く訳

音澤 煙管

感じるものが見えた時……





悪いことが続いても、

ある人は気にせず顔を上げて

何か言う……


「もう花が咲いている……」

「あ、セミの抜け殻がある!」

「山に赤と黄色が増えてきたッ」

「あ、富士山に雪が積もってるー」


良い事のすべては、

風が運んでくる事を

知らなかった自分を知った時……


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

風が吹く訳 音澤 煙管 @vrymtl

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ