第10話

「な、何を言っているのよ。まるで私が犯人だ、なんて言い草じゃない! そもそもあなた誰なの?」

「ああ。あいにく名乗るのは好きじゃないんだ。特に犯罪など犯す愚かな輩にはな」


 先生は相手の様子など気にしないかのように話を続けました。右手は髪で遊んでいます。


「社長の死因だが、凍死だ。つまり寒いところにいたせいで体温が下がりすぎて死んだんだ。これは覆しようのない事実だ」

「そうよ! だから私なわけないじゃない! その時は台北に居たんだから。警察だってそれを認めているわ」


 先生の話に絵梨花さんは鼻を鳴らします。自分のアリバイが崩せる訳ないと思っているのでしょう。その通りで、毛利社長の死亡時刻は僕のメモの2ページ目に、絵梨花さんの旅行の日程は4ページ目にきちんと書いてあります。


「台北に居たからなんだ? お前が社長を殺したのは旅行の前だ。旅行が何が関係あるんだ」

「な、何を言って!?」


「いいか。まず社長は夕飯を食べた後、常飲の睡眠薬を飲んでいた。その状態で出発前のトラックの荷台なんかに、誰にもバレないように乗り込むか? そんな事はしない。じゃあ誰かが寝ている社長を荷台に運んだんだ」

「それは笹山に決まっているじゃない! あいつは毛利と口論してたのよ? 社員みんなが知っているわ。あいつが毛利を殺したのよ!」


 確かに先生の言う通り、事故は考えにくいんですよね。そうなると殺人ですが、絵梨花さんの言う通り笹山さんがすごく怪しいです。


「おいおい。お前はそこの優男だけじゃなく、笹山とも不倫してたのか? それなら話は別だが。笹山がどうやって社長が寝ている寝室に入って荷台まで運ぶんだ? 鍵もないし、そもそもその時お前は何をしてたんだ? 答えれないだろう? 事実じゃないことを突っ込まれると途中で口が聞けなくなるんだ。今のお前みたいにな」

「でも先生。結局どうやって絵梨花さんは社長を殺したんです?」


「もちろん冷車れいしゃでだ。他にないだろう。ただし、設定は冷凍でだ」

「!!」


 絵梨花さんが驚きの表情を見せました。先生の指摘はどうやら図星の様です。しかし、僕にはいまいち分かりません。どういう事でしょうか?


冷車れいしゃって毛利社長が見つかった冷蔵車でのことですよね? 冷凍とは?」

「いいか? 笹山も車のことは冷蔵車とは言わず《れいしゃ》と言っていたろう。つまりあの車は冷蔵・冷凍車、どっちも出来るんだ」


 先生はそのまま続けます。絵梨花さんは顔面蒼白のままで先生を見つめていました。


「24日の夜、社長が睡眠薬を飲んで寝てから、お前は社長を箱に入れ、荷台に乗せ冷凍の電源を入れた。怪しまれるから車は事前に家の前にでも動かしていたんだろう。適当な理由をつけてな」

「すでに24日の夜もしくは25日の朝には毛利社長は亡くなっていたんですね」


「そうだ。お前は出かける前にお前は車の電源を切り、何食わぬ顔で車を元に戻した。ガソリンが減っていたのはそのせいだ。笹山は危うく高速道路の真ん中で立ち往生するところだったよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます