優衣の冒険

第20話 勇敢な少女の初冒険

「ただいま~」


 友達と遊んでいた優衣が家に帰ってくると、キッチンから何かを炒めている音と美味しそうな匂いが押し寄せて来た。


「わぁ! これは……焼きそばだ!!」


 嬉しそうに叫びながら廊下を駆け抜けてキッチンへと一直線に向かった。


「あらユイ。おかえり、グッドタイミング! ほら、もう出来ちゃうから手を洗ってきなさい」

「はーい! あっ、当たった!」


 優衣は、今まさにフライパンからお皿へと移されようとしている焼きそばの姿を確認すると、走って洗面所に向かい、うがい手洗いを済ませてあっという間に戻ってきた。


「いただきまーす!」

「まーす!」

「はいはい。召し上がれ~」


 食卓には香織と優衣、そして冒険の旅から一旦戻ってきた歩斗の姿があった。


「ねえお兄ちゃん、どーだった?」


 優衣は焼きそばをモグモグ食べながら、正面に座っている歩斗に向かって言った。

 

「ああ、なんか色々あったぜ! 弓矢でナオルナの実をズバーンと撃って落ちてきたやつをスララスに渡したら仲間になってくれて魔物召喚スキルチョーカーで呼べるようになって、あとユセリも呼べるみたいなんだけど呼び方を教えて貰ってなかったから本当に呼べるかどうかはわからなく……ごっふごっふ!!」


 興奮気味にまくし立てたながら焼きそばも食べ続けていたせいで、思いきりむせる歩斗。

 それとは別にとにかく説明が下手で、固有名詞多めの感想は当然ながら優衣の頭にはさっぱり入ってこなかった。


「もう全然わけわかんないよ! あっ、でも、もしかしてそれがその何とかチョーカーってやつ??」


 優衣は箸を皿の上に置き、歩斗の首元を指差した。

 それにつられてチョーカーを見た香織は「あら素敵」とのんきに呟いている。


「そうそう。良いだろこれ? へへへ!」

「えー、ずるいずるい! ちょーだいちょーだい!」


 優衣は身を乗り出し、無理矢理チョーカーを引っ張って取ろうとした。


「ぐえ~、苦しい苦しい! やめろって、これは兄ちゃんが激しいバトルの末に頑張って勝ち取ったお宝なんだから!」


 本当はユセリが倒した敵から出てきた宝箱に入っていた件をさらっと捏造しつつ、歩斗は妹の手を振り払った。


「うえーんひどい~……って、うそーん。よく見たらそんなにおしゃれでも無いし、全然羨ましくなかったもん。それより焼きそば焼きそば」


 そう言って、嘘みたいにさらっと引き下がり、大人しく昼食を食べ始める優衣。

 

「あ、あっそう……」


 それはそれで、もう少し欲しがられたかったな、と思いながら何とも言えない表情を浮かべる歩斗。


「ふふふ」


 そんな兄妹のやり取りを見て、香織は穏やかに笑っていた。

 

「ねえ、これ食べ終わったら私も行く! お兄ちゃんちょっと先輩なんだから案内よろしくね!」

「おう! 任せとけ!」


 歩斗はドヤ顔で胸をポンと叩いた。




「ごちそうさま! お兄ちゃん行くよ!」

「おう!」

「ふふふ、気を付けてね二人とも」


 香織は、そばの一本も残されていないほど綺麗に食べ尽くされた後の食器を片付けながら、どう考えても異世界に送り出すは思えないほど軽いノリで子ども達に声を掛けた。 


「あっ、そうだユイ。冷蔵庫に入ってる緑のジュースみたいなの飲んどきな。あれのおかげであっちの人たちと話せるようになるみたいだから。えっと、なんつったっけな……ホンヨクだかなんだかって……」

「あっ、翻訳でしょそれ? わたし、分からない英語とかよくネットで翻訳したりしてるよ」


 そう言いながら、優衣はキッチンの冷蔵庫からガラスの瓶を取りだし、コルクの栓を抜いてまるでペットボトルの炭酸ジュースを飲むかの如くゴクゴクと飲み干した。


「えっ? ネットで翻訳? なにそれ?」


 歩斗はキッチンのカウンター越しに驚いた顔を妹に向けた。


「うわっ、お兄ちゃん知らないの? 英語を入れると一発で日本語に変換してくれるみたいなやつ?」

「な、なんだそれ……未来か? 未来の話をしてるのか?」

「違う違う! いまいま!」


 優衣は笑いながら空き瓶をシンクの上に置いて、兄の隣に戻ってきた。


「ねえ、ネットはやったことあるよね?」

「も、もちろん! なめんなよ! スマホもちゃんと持ってるんだから。パパのお下がりだけど……」

「もう、どうせゲームばっかりやってるんでしょ?」

「ギクッ」

「ほら。ちゃんと勉強しないとバカになっちゃうよ? って、そもそも……」

「う、うっせえ! ゲームもするけど勉強も……って、あっ! しまった! 今日中にやんなきゃいけない宿題がまだ残ってた! ごめんユイ。そっち先に倒しちゃいたいから一緒に行けないや! 一人で行ってら!」


 歩斗はまくし立てるように言い終えると、全身から焦りのオーラを放ちながら2階の子ども部屋に向かって廊下を駆けていった。


「行ってら~じゃないよもう。まっ、いいや。一緒に来てくれても役に立ったかわかんないしね~」


 と、もしこの場に兄が居たら怒ってスララスを呼び出すんじゃないかという毒舌をさらっと吐きつつ、優衣はリビングの窓から異世界の森へと飛び出した。




「なーんもないなぁ。スライムも出てこないし、宝箱も無いし……って、そういえば、昨日はささみが見つけてくれたんだっけ。ささみと一緒に来れば良かった~ミスった~」


 そんな嘆きを吐き捨てながら、優衣は静かな森を歩き続けていた。

 リビングから向かって左、つまり人間の国ロフレアがある方だが、もちろん優衣はまだそんな事など知りもせず、ただ何となくブラブラと歩を進めていた。

 最初に宝箱を見つけたのがリビングから向かって右の方だったせいか、直樹も歩斗もその方向を探索していたため、優衣は涼坂家として"未開の地"を切り拓いている。


「おーい、スライムやーい。出ておいで~……って、ホントに出てきたらどうしたら良いんだろう……? 武器とかなんも無いし……パンチか」


 優衣が独り言をつぶやきながら、シュッシュッとシャドーボクシングのようにパンチを繰り出していたその時。


「……おっ? ……おおっ!」


 まばらに木の生えた森の景色の奥の方に、違和感一杯の物体が見えた。


「よっ、よっ、よっ!」


 ご機嫌な声を出しながら、ピョンピョンと跳ねるようにに向かって駆け寄る優衣。


「これは……絶対宝箱でしょ!!」


 数メートル手前に来てはっきりそれが宝箱だと分かった瞬間、優衣はグッと右手でガッツポーズを作った。

 ささみに頼らなくても見つける事ができた喜び。

 中には何が入ってるかな?

 すぐ戻って歩斗に自慢しようか?

 いや、もっと行けばもっと見つかるかもしれないよね……まだ見ぬ箱の中身の皮算用をしていた優衣の目の前に、それは突然現れた。


「ズネー! ズネネネネ!!!


 奇声を発しながら、ネズミのようなタイプの魔物が姿を現した。

 サイズはむしろ大きめの犬ほどあり、どこから出てきたのか不思議なのも恐ろしく、普通の10歳女子だったらキャーと悲鳴を上げて踵を返して逃げ始めていてもおかしく無い。

 ところが、母香織から受け継いだおっとり遺伝子のせいか、突然変異的に獲得した豪胆のなせるわざなのか、優衣は「ん? なんか出た」と一言呟いただけで、特に慌てる素振りは一切見せなかった。

 その様子に戸惑ったのはオオネズミの魔物。


「ズネー……? ズネズネ!! ……ズ」


 と、どうすれば良いのか分からず困惑してるようにすら見えた。

 それでも異世界に棲む魔物のプライドからか、己の中の凶暴性を精一杯振り絞るようにして


「シャーーー!!!」


 と、細長い口を大きく開け、右前肢の爪を立てて威嚇した。


「あっ、ちょっとヤバい感じ?」


 それを見て、ちょっとだけ焦り始める優衣。

 

「ズネズネズネー!! シャァァァ!!」


 相対する少女がようやく恐れを抱き始めた様子を感じ取ったオオネズミは、しつこく威嚇し続けた。

 すると、優衣はようやく事の重大さに気付き、半泣き状態で来た道を戻……るなんてことは一切なかった。


「ちょっと、邪魔なんだけど! せっかく宝箱見つけたのに、どいてどいて!」


 直樹が仕事から帰ってきてテレビの前で靴下を脱ごうとしているのにクレームを付けるかの如く、手振りを交えながら言い放つ優衣。

 オオネズミは一瞬怯みそうになったが、何とか堪えて威嚇を続けた。


「もう! 分かった。そう来るなら……」


 魔物相手に早くも怒り心頭に発した優衣は、何かを探そうとして辺りをキョロキョロと見渡した。


「うーん……これでいっか」


 土の上に何本か落ちている木の枝の中から一番太そうなのを選んで拾った。

 そして、


「ほらほらほら! どかないとこれだよほら!」


 優衣は手に持った木の枝を武器にして、オオネズミの体をペチペチと叩き始めた。

 小さな人間の少女からまさかの先制攻撃に怯む魔物。

 優衣が勇ましさで言ったらほぼ勇者級であることが判明したが、残念ながら武器が悪すぎた。

 いくら叩いてもダメージの煙は『0』ばかりでたまに『1』が出る程度。

 

「もう、これじゃダメ! 剣とか魔法の杖とか無いの……??」


 手を休めること無くペチペチ叩き続けながら叫んだ。

 すると、


「ほら、これ!」


 突然、背後から声がした。

 振り向くと、そこには見知らぬ少年が立っていて、ピンクゴールドに輝く剣を優衣に向かって差し出していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます