第19話 パーティー結成!

「ほらこれ! 武器ゲット!」


 歩斗は、宝箱の中から弓と矢が入った筒を取りだすと、後ろに居るユセリに向かって高々と掲げた。


「おっ、やったじゃん。こっち持ってきてみ」


 相変わらず光を避けて背中を向けたまま答えるユセリ。

 歩斗は誇らしげに弓矢を持って彼女の元に帰還する。


「どうよこれ!」


 骨董品を鑑定してもらうかのように、歩斗は弓矢をユセリに見せてみた。


「うーん……まあ、普通の<木の弓矢>だね」

「お、おう……」


 率直な鑑定結果に多少がっかりした歩斗だったが、紙のサングラスを外してみると、確かにユセリの言うとおり木で出来た弓矢以外の何ものでもないように見えたので仕方が無い。

 それより、弓矢を見た瞬間に歩斗の脳裏にはあるアイデアが思い浮かんでいた。


「ねえ、これさえ使えば、あの実を取ることできそうだと思うんだけど……どうかな?」


 歩斗は再びサングラスをかけて、光の木を見上げながら言った。


「あっ、いいねそれ! やってみなよ!」

「うん!」


 どことなく、"早くこの眩しい場所から退散したい感"を漂わせたユセリの言葉だったのだが、単純に同意を得られたことに喜びを覚えた歩斗は、ホクホクな笑顔を浮かべながら左手で弓を構えて、筒の中から矢を一本取りだした。

 

「よし、じゃあ軽く一発……って、どーやんのこれ!?」


 いざ構えてみると、思いのほか指の置き場所や手の動きなど細かい部分が定まらず、困った歩斗はユセリにアドバイスを求めた。

 

「どーやるって……そりゃ、弦に矢を引っかけて弓を前に矢を後ろにグーッと引っ張ってパッと放せば飛ぶから」

「えっ、そんな感じなのは大体わかってるんだけど……」


 ユセリのやけっぱちな助言に戸惑う歩斗。

 それを感じ取ったユセリは攻め手を変えてみることにした。


「なんかさ、アユトって弓矢の天才って感じがすごいするんだよね。顔つきとかさ。だからとりあえず撃ってみたらもしかして──」

「ま、マジ!? よっしゃ、やってみる!」


 褒め殺しという名のユセリの二の矢は見事に歩斗の図星を突いた。

 とは言え、結局のところ技術的なアドバイスはゼロに等しいのだが、なぜか弓矢を構える歩斗の姿はなかなか様になっていた。

 そして歩斗は弦をギリギリときしませながら限界まで矢を引き、弓を動かして矢尻をナオルナの実へと向ける。

 本当に弓矢の才能があるかどうかは定かでは無いものの、褒めて伸びるタイプ丸出しの歩斗はユセリの言葉を自信に変えると、矢尻が丸い実にピッタリ重なってピタッと止まった。


「今だ! えい!」


 気合いのこもった声をあげながら歩斗が矢を掴んでいた右手をバッと広げると、空気を切り裂く音がした。

 解き放たれた木の矢は、鳥が獲物を狙うかのように一直線にターゲットに向かって飛んで行く。

 そして……ボトッ。

 才能か奇跡か偶然か、歩斗が放った一本の矢が見事に茎を射抜き、ナオルナの実が地面に降りてきてくれた。

 

「お……おお! やったぁ! やったぞ!!」


 両手を上げて喜ぶ歩斗。

 そのはしゃぎっぷりは天才に似つかわしくなかったものの、どこぞの弓道部の監督か、

弓使いを仲間にしたがっている勇者がこの場にいたら、迷わずスカウトしたに違いない。

 

「これが……ナオルナの実! よっしゃ、ゲットォォ!!」


 歩斗はハイテンションのまま地面に落ちた黄緑色の丸い実を拾い上げると、得意満面で高々と掲げた。


「えっ、上手くいったの? や、やるぅ~」


 ユセリは、まさかと言った顔で歩斗の勝ち鬨を聞いていた。

 彼女が名コーチかどうかはさておき、歩斗の力を引き出した原動力であったことは間違い無い。

 とにもかくにも、目的を果たした二人は光の地を後にして、クエストの依頼者スララスの元へと戻る事にした。




「わぁ、もう見つけて来たんですイム!? スゴいですイム!!」


 歩斗からナオルナの実を受け取ったスララスは、真ん丸の目を大きく見開いた。

 と同時に、スララスが受け取ったナオルナの実を頭のトンガリに刺すようにして持っている事に歩斗は驚いていた。

 

「まあ、手が無いんだからそうなるか……」

「はイム? なんか言いましたイム??」

「えっ、いや何でもない何でもない、ははは。って、ねえスララス。これで仲間に……」

「はイム! こちらこそ喜んでイム! これで妹のケガを治すこともできますし本当にありがとうございましたイム」


 スララスは、頭に乗せたナオルナの実を落とさないようにして器用にペコリとお辞儀した。


「やったねアユト! 初仲間! って、あんまし強そうには見えないけど……」


 確かにスララスは人柄……いやスラ柄は良さそうだが、お世辞にも戦闘で活躍できそうな雰囲気が漂っているとは言えないな、と歩斗は思った。


「そ、その通りですイム……」


 スララスは申しわけ無いといった表情を浮かべながら体をモジモジさせた。

 

「まっ、ボクだってまだレベル1のザコだし、一緒に頑張って強くなっていこうよ! ……って、魔物はレベルアップしたりしない感じ?」


 歩斗は仲間を励まそうとして言った言葉だったが、もしそういうシステムだったら逆効果じゃないか、と後悔しつつユセリの顔を見た。


「ううん。ちゃんと経験値稼げるし、レベルアップもするから大丈夫。良かったね、スララス!」


 ユセリからウインク攻撃を受けたスララスの体が一瞬紫から赤に変わった。


「は、はイム! 正直ザッコザコですが、立派なスライム戦士目指して頑張りますイム!!」

「おう、頑張ろうぜ!」


 仲間になったばかりの二人の間には、早くも友情が芽吹きはじめていた。

 ユセリは、良い意味で単純明快な男同士の友情風景を羨ましげな目で見つめていた。

 

「ユセリもな! ボクたちザッコザココンビなんだから、頼りにしてるぜ!」


 歩斗は、ユセリの女心を見透か──す事ができるほどまだ大人では無く、シンプルに思ったことを口にしただけだった。

 しかし、それを聞いた当の本人は、


「うん! でも、早く足手まといを卒業してくれなきゃ、クビもあり得るからね?」


 と、軽口を叩いてはいるが、心から嬉しそうな笑顔は隠しきれていなかった。


「クビだってよ、スララス。こりゃ、気を抜けないぜ」

「はイム! 例えブラック企業だとしても、雇われたからには必死で頑張りますイム!!」

「……ちょっとちょっと! 別に私は二人の雇い主じゃないし、人聞き悪すぎじゃないそれ??」


 ユセリはプクーと頬を膨らませたが、堪えきれずに吹きだして笑った。

 それに釣られて歩斗とスララスも笑い出した。

 ほんの少し前に会ったばかりだとは思えないほどの打ち解け方だったが、これが子ども(とスライム)の特権なのだろうか。

 ひとしきり笑い合った後、歩斗はスララスの頭の刺さってる丸い実を見て思い出した。


「そうだ。妹がケガしてるんだよね? 早く持ってってあげたら?」

「あっ、そうでしたイム! それじゃ、何かあったらいつでも気軽に呼んで下さイム! それじゃまたイム!」


 スララスは、クルッと半回転して背中を向けると、ピョンピョンピョーンと猛烈な勢いで森の奥へと消えていった。


「行っちゃったね」

「うん」


 出来たてホヤホヤのパーティーなのに、仲間が一人居なくなったことで一抹の寂しさに包まれた。

 

「そうだ! 簡単な地下ダンジョンでも行って、経験値稼ぎする?」

「お、それいい! やろうやろう……って、あっそうだ」


 歩斗はふと、ある約束を思い出した。


「ん? どーかした?」

「うん、わりーんだけどさ、一旦ウチに帰らないと。さっきこのサングラス取りに行ったとき、もうすぐ昼飯だからすぐ帰ってこい、って母さんから言われてたんだよねぇ」


 歩斗は申しわけ無さそうに説明した。


「あ、そっか。うん、わかった。それじゃまた」


 妙に素っ気なく受け入れるユセリの顔はどことなく寂しげだった。

 さすがにその様子が気になった歩斗は一瞬考えたあと、


「ねえ、良かったらだけど、一緒に来る?」

「えっ??」


 突然のオファーに、目を見開いて驚くユセリ。


「うん。すぐそこだしさ、ウチの親、いきなり友達連れてきてもすぐ受け入れちゃう感じだし。まっ、ユセリがイヤじゃなければだけど……」

「ううん、イヤなわけないよありがとう! でも……恥ずかしいから今日はやめとく! またね歩斗!」


 そう言って、ユセリはクルッと後ろを向いてしまった。

 

「えっ、あっ、うんそっか。じゃあ、またね。って、会いたくなったらどうすりゃいいの? ユセリの家とか知らないし……」

「大丈夫大丈夫。それがあるじゃん!」


 ユセリは振り返りながら歩斗の首の辺りを指差した。


「それって……チョーカー??」

「うん。私もアユトの仲間なんだから! 会いたくなったらそれ使って呼んでよね! それじゃまたね~!!」


 ユセリはニコッと笑いながら歩斗に向かって軽く手を振ると、ピョンピョンピョーンと猛烈な勢いで森の奥へと消えていった。

 

「お、おう、また……」


 歩斗はスララスと全く同じような動きで去って行くユセリの背中を見送った。

 そして、チョーカーで呼べば良いと言われたものの、これをどうやって使えば良いのか分からないんだけど……と、心の中で愚痴っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます