第16話 魔物召喚スキルチョーカー

「えっ、マモノの国の戦士!?」


 歩斗は驚きに満ちた目で、突然現れたユセリという名の少女を見た。

 確かに、耳や手なんかは魔物……というか猫というか、少し人間離れしているように見えたものの、全体のベースは人間の女の子と言った雰囲気だった。

 そして、年齢(魔物齢?)は自分とあまり変わらなさそ──


「なにジロジロ見てんの? 跳び蹴り食らいたい?」


 ユセリはギロリと鋭い眼差しを歩斗に向けた。


「ちょ、ちょっと、いらないっていらないって!」


 歩斗は、あんなヤバそうなライオンタイプの魔物を一発で仕留めたユセリの攻撃を思い出して本気で焦った。

 

「冗談、冗談。っていうか、せっかく宝箱出たんだから開けて見なよ」

「お、おう。って、ボクが開けちゃっても良い感じ? 倒したのはキミだけど……」

「良いんだよ! このダンジョン見つけたのアンタでしょ? なに、もしかして開けるの怖いんじゃ無いの?」


 ユセリは、歩斗の技量を推し量るのようにジーッと流し目を送った。


「え、んなことねーし! 宝箱とか開けまくってるし余裕だし!」


 もちろん、これが生まれて初めての宝箱開けであり、嘘丸出し。

 正直、図星を突かれたが故の反発だったのだが、魔物とは言え女の子の前でかっこ悪い姿を見せるのは男がすたるとばかりに、歩斗は下手な口笛なんか吹きながらゆっくりと宝箱に近づいて行った。

 昨晩、優衣とささみと見つけた宝箱とは見た目からして全然違っていた。

 目の前にある紫色の宝箱には複雑な模様の装飾が施されており、中にとても良いお宝が入ってそうに思えるのと同時に、逆にその豪華さがトラップのようにも見える。

 とは言え、背後から自分を試すような鋭い視線をひしひしと感じていた歩斗は、悪いイメージを無理矢理振り払い、そっと宝箱を開けてみた。

 持ち上げたフタは重量感があるのだが、自動開閉機能が備わってるんじゃないかと思えるほどスッと開いた。

 

「ねえねえ、なに入ってた?」


 ユセリはそう言いながら、タッタッタッと軽い足取りで宝箱の元へと駆け寄り、歩斗の隣でピタッと止まった。

 宝箱を開けるのと同時にユセリの心の扉も開いたかのように、厳しい目つきは影を潜め、代わりに好奇心に満ちていた。

 歩斗は、今にもお互いの腕がくっつきそうなぐらいの距離感にドキッとしつつ、宝箱の中身を確認した。


「これは……ヒモ??」


 と、箱の中にポツンと入っていた黒と白のまだらな“ヒモのようなもの”を手で掴み、隣のユセリに見せてみた。


「あっ、凄い! <スキルチョーカー>じゃん!」


 ユセリは本気で驚いた顔になり、胸の前でポンと両手を叩いた。


「えっ、凄いのこれ? って、スキルチョー……カー?」

「うん。それを身につければ、人間でもスキルが使えるようになるってヤツ!」

「お、おお! スキルってもしかして、透明になったり、遠くにあるモノを動かしたりとかそんな超能力的な!?」


 歩斗は、ゲームやマンガから得た知識をフル動員させ、スキルという言葉の正体を導き出そうとした。


「うん、まっそんな感じ。しかもそれ、めちゃくちゃレア級だよね。そのデザイン的に<魔物召喚スキルチョーカー>っぽいし」

「おおお! 魔物召喚んん!! 凄そう。なんかとてつもなく凄そうだよ!!」

「ふふっ、良かったね」


 興奮に包まれる歩斗の顔を見て、ユセリは大人のように微笑んだ。

 しかし、なぜか不思議そうな表情を浮かべる歩斗。


「良かったね……って、これ、キミのだよね? あの魔物倒したのはキミだし。ボクはただそれを見てただけだから。ほら」


 歩斗は迷うことなく右手に持ったスキルチョーカーを差し出した。

 それを見て、今度はユセリの方が困惑した。


「い、いいよ、このダンジョンを見つけたのはアンタ……ううん、アユトだし。っていうか、アユトって見た目はひ弱そうな男の子って感じなのに、中身は結構男らしいよね。ちょっとグッと来ちゃった」


 ユセリは真っ直ぐな瞳で歩斗を見つめた。

 こんな至近距離で女の子と見つめ合ってる状況だけでもドキドキものなのに、褒め言葉まで頂いちゃった歩斗は胸が破裂するか、もしくはギューッと縮んでスーパーボールみたいになっちゃうんじゃないかと焦った。

 そして、恥ずかしさで顔が真っ赤になりそうな気配を察し、


「ひ弱な男の子って、キミも女の子……ていうか子どもじゃん! 背だってボクのが大きいし」


 と、素直にありがとうを言わないばかりか、攻撃の姿勢を見せるという不器用さを発揮してしまった。


「えっ、そう? 私のが大きいよ!」


 ユセリは胸を張って背伸びして、さらにつま先立ちまでしながら言い返した。


「あ、ずりー! じゃあボクもこうだ! ほらほら!」


 ユセリに向かって胸を張り、同じようにつま先立ちして対抗する歩斗。

 地下ダンジョンの一室で、少年と少女が向かい合って背の高さを競い合うという謎の光景は、思いのほか長く続いた。


「あっ、見てほら、いま私のが大きいよ!」

「なに言ってんの、一瞬じゃん! 基本はボクのが大きいよ!」

「基本は同じぐらいだよ! ほらほら……って、イタッ!! あー、つったつったつっちゃた~」


 限度を超えたつま先立ちをした結果、つってしまったふくらはぎを押さえながら悲鳴を上げるユセリ。


「ははっ! ほら、無理するから……って、イテッ!! イテテテ~、つったつった、マジつった~」


 まるで症状をコピペしたように、つってしまったふくらはぎを押さえながら悲鳴をあげる歩斗。

 そして、お互いの情け無い姿を見合った二人は、


「ブッ!」

「ブハッ!」


 と、思わず吹きだしてしまい、顔を見合わせながら大笑いした。

 

「ねえ、結果どっちも子どもだったっていう」

「だね!」


 そう言い合うと、また揃ってププッと笑い合った。

 歩斗は自分で自分事を、内弁慶でどちらかというと人見知りするタイプだと自覚していたので、会って間も無い相手とこうやって素で笑い合えていることに驚きを隠せなかった。

 それが、この普通とは違う世界のせいないのか、それともこの子と気が合うからなのかはまだ良く分からない。

 少なくとも、ユセリともっと仲良くなりたい、という気持ちだけは確かだった。


「そうだ、アユト。早くそれ付けてみなよ」


 ユセリは、アユトが握っているスキルチョーカーに視線を送りながら呟いた。


「いや、でも……」

「いいのいいの。だって、そもそもそれは人間専用のアクセサリなんだから。私が持っててもただの飾りでしか無いんだから」

「ああ、そうなんだ……じゃあ貰っとく!」


 人間専用で自分は使えないってことはつまり、ユセリは人間じゃ無いってことになるが、歩斗はそれがまだいまいちピンときていなかった。

 と言っても、ここでまたウジウジと言葉を連ねたら本気で呆れられそうで、ひとまず好意を素直に受け取った方が良いと思った。

 ……が、しかし。

 それはそれでまた別の問題を引き起こした。

 チョーカーというアクセサリの付け方が分からなかったのだ。

 サイズ感からして、何となく首に付けるんじゃないかという所までは分かったのだが、如何せん留め方がさっぱり分からない。

 それに気付いたユセリが身を乗り出し、


「こうだよ」


 と、歩斗の手からチョーカーを奪い取り、背後から手を回してあっという間に付けてしまった。


「サ、サンキュ……」


 ユセリの指先が首に触れて、またドキッとしながら礼を言う歩斗。

 今日は心臓のスペアがいくつあっても足りないな……なんてことを考えながら、恥ずかしさを紛らわせるような話題を探す。


「あっ、そういえばこれって<魔物召喚スキルチョーカー>って言ってたよね? 魔物召喚ってどういうこと? なんとなく想像できなくも無いんだけど……」

「うん、まあそのまんまだけどね。魔物召喚って言うのは、戦闘中に魔物を呼んで一緒に戦って貰えるようになるスキルなんだけど、そのチョーカー1つで魔物を仲間にすることと魔物を召喚することの2つが出来るの。……これで何となく分かった?」

「ああ、分かった分かった! やっぱすげーやこれ!」


 恥ずかしさはどこへやら、身につけたアクセサリの能力の高さに鼻息を荒げる歩斗。

 それを見て、ユセリはニコッと笑った。


「じゃ、早速試してみる?」

「えっ? 試すって魔物を仲間にする……ってこと?」

「そうそう。せっかくゲットしたスキルなんだから、使わなきゃ損でしょ?」

「ま、まあそうだけど。『仲間にする』って一体どうやって……??」


 そう言いながら、歩斗は何年か前に学校の学芸会でやった桃太郎の話を思い出していた。


「もしかして、エサをあげるとか……きびだんご的な……」

「きびだんご? なにそれ……って、ううん、違うよ。魔物はエサで簡単に釣られるほど単純じゃないんだから!」

「あっ、なんかごめん……」

「ふふっ、別に良いんだけど。とにかく、どうやって仲間にするか……それはズバリ、魔物と仲良くなること! って、当然よね。アユトだって、仲が良い友達には喜んで力を貸すでしょ?」

「うん。そりゃまあね。ってことは、ユセリはもう召喚できるようになってるってこと?」


 自分で言っておきながら、歩斗はポッとなった。

 だって、それはつまり自分がもうユセリにとって力を貸したい存在にまでなってる、って自分で言ってるようなもので、今の発言は無かったことにしたかった。

 しかし、ユセリはその気持ちを良い意味で裏切った。


「うん、もちろん! 私って、こう見えて結構人見知りなの。それなのに、こうやって会ってすぐの子と普通に楽しく話せるって珍しいんだよね。だから、私としてはアユトはもう友達だって思ってるよ。……とか言っちゃって」


 ユセリは猫のような舌をペロッと出してはにかんだ。

 その言葉と仕草を間近で受け止めた歩斗は、なぜか息苦しさを覚えていた。

 それは恋……ではなく、単に初めて身につけたチョーカーの締め付けによるものだった。

 しかし、異世界の地下ダンジョンで見つけたお宝が、そのスキルチョーカーだけではないことは確かだった……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます