歩斗の冒険

第15話 手ぶらの勇者と魔物の国のユセリ

 直樹が家を出た後、残った3人は早速異世界に出てみた。

 香織は昨日手に入れた種を蒔く準備として、リビング前で草むしり。

 そして、子ども達はそのすぐ近くをワァワァと叫びながら駆け回っていた。

 生まれてこの方ずっと都市部で生活してきた二人にとって、森という存在自体それほど馴染みがあるわけでは無く、ここが異世界であるかどうかは関係無しで、緑に囲まれているというだけでテンションが上がっていた。

 

「おい優衣! こっちこっち! ほら、この木のとこに変な虫いるぜ!」

「わぁ、ホントだ! なにこれなにこれ!?」

「これは……カブトムシだな。うん。間違い無い!」

「おお! カブトムシ!! 生で初めて見た!」

「そっか? お兄ちゃんは見たことあるぜ! へへん!」


 歩斗はドヤ顔になり、優衣は感動の眼差しを向けているが、残念ながらその虫はカブトムシでも何でも無かった。

 確かにパッと見、濃い茶色でそれっぽく見えなくも無いが、残念ながらそれはロフミリアの森に棲む別の何か。

 しかし、そんなことすら関係無く、手で掴もうとして飛んでいく虫の姿を見上げる二人の目は、スポンジのように少しでも多くの"新しい"を吸収しようとしていた。


「あーあ、どっか行っちゃった。……ねぇ、アユにい。もっと奥の方に行ってみようよ! またこの前みたいに宝箱あるかも知れないし!」

「えっ、うーん……ウチからはあんまし離れちゃダメって言ってたよな……」


 10歳の妹より1年だけではあるものの早く生まれた者の務めとして、歩斗は一応慎重さというものを見せて大人ぶってみた。


「あっ……ふーん、そっか。ふーん、なるほどねえ……」


 優衣は、口を尖らせて細かく頷き、意味ありげな眼差しを兄へと向けた。

 

「ちょ、なんだよユイ! あっ、もしかしてビビってそう言ったと思ってんの? だったら全然ちげーし! ちっともビビってねーし!!」

「ふーん、じゃあ行く?」

「ああ、行く行く! ビビってねーから行きまくりだし! 世界の果てまで行くぞおい!」

「わーい、じゃあ行こ行こ!」


 手を高く上げてはしゃぐ素振りを見せる優衣だったが、その目はしてやったりとばかりにキラッと輝いていた。

 この年頃の男子と女子では(もしかしたらそれ以降ずっと)、本当に大人びているのは圧倒的に後者。

 まあ、何はともあれ、子どもパーティーの方針は森の探索ということで一致し、早速二人揃って仲良く森の奥へと歩き始めた……その時。


 ピンポーン


 リビングのガラス越しにチャイムの鳴る音が聞こえた。

 ガラスの一番近くに居たのは草むしりをしている香織だったが、その作業に夢中になって気付いていない様子。


「ママー、お客さんだよー!」


 優衣に声をかけられ、ようやく気付いた香織は


「あらやだ。はいはい、今出まーす」


 と、両手をはたいて土を落としながら、リビングの窓をあげて家の中へと入っていった。


「それじゃアユにい、この隙に……へっへっへ」


 鬼の居ぬ間にとばかりに優衣と歩斗は森の探索を開始しようとした……のだが、残念ながら鬼はすぐに戻ってきた。


「ねえユイ、シズクちゃんよ。暇だから遊ぼ、って」

「あ、うん! わかった!」


 異世界の森への興味などどこへやら、優衣は最初からそうするつもりだったとばかりに返事をしてリビングに上がった。

 

「えっ、ちょっとユイ、宝箱探しは……」


 すっかりその気になっていた歩斗は、そそくさとその場を去ろうとする妹の背中に向かって声をかける。


「あっ、ごめん。友達優先」


 優衣は現実的な理由により冒険パーティの仲間を気持ちいいぐらいの鋭さでバッサリ斬り捨て、駆け足で玄関へと向かった。

 

「遅くならないようにね~」


 香織は娘に声をかけるや否や、再び草むしり作業に没頭し始めた。

 ポツンと取り残される形となった歩斗は、さてどうしたものかと数秒悩んだ挙げ句、一人でもやってやろうじゃないかと森の緑に目を向けた。

 何か凄いお宝とか、超綺麗な虫とか見つけてユイのやつに自慢してやるぞ!

 モチベーションを高めつつ、リビングを背にして森の中へ入っていこう……としたその時。


「あれ、アユどこ行くの?」


 ふいに母親から声をかけられた歩斗は、思わず背中をビクッとさせた。

 

「え、あ、いや、ちょっとそのヘンまで……」

「うん。了解。男の子だし大丈夫よね。あっ、でも、天気も良いし温かいし、喉が渇いちゃうと思うから何か持って行きなさいね。冷蔵庫の中に入ってるから」

「あ、うん、そーする」


 てっきり引き留められるとばかり思っていた歩斗は拍子抜けしつつ、一旦リビングに上がってキッチンに行き、冷蔵庫の中から冷えた飲み物を適当にチョイスして手に取ると、すぐに異世界へと戻ってきた。


「じゃ、行ってきまーす」

「はい。行ってらっしゃーい」


 未知の森へ探検しに行くとは思えないほど軽いやり取りを交わす親子。

 歩斗はリビングから向かって右手方向、つまりロフミリアの東側、魔物の国がある方へと歩き始めた。

 魔法の杖は持たず、アイテムは飲み物が入ったビンだけを持っているというほぼ手ぶら状態で。




「ゴクッ……ゴクッ……なんだこれ? 初めて飲んだんだけど? まっ美味しいからいっか!」


 木漏れ日を浴びながら森の中を進む歩斗。

 出発してしばらくたった頃、喉の乾きを覚えて唯一持ってきたアイテムのドリンクを口にした。

 ガラスの瓶に入った緑色の液体……そう。例の<翻訳魔法ポーション>だった。

 昨晩、直樹はこのポーションを常温で保存しても良いのかどうかポブロトに聞きそびれたことに気付いた。

 どっちにしようか迷った挙げ句、常温のものを冷蔵庫で保存してもそんなにヤバいことにはならないが、逆の場合は腐ったりだのリスクが高い、ってことで冷蔵庫にしまっていた。

 結果、冷えたことで少なくとものどごしは良くなった。

 ただし、効果に関する品質についてはまだ未知数である。

 まあ少なくとも毒になってしまったわけでは無い事は、歩斗の軽い足取りが証明していた。


「ふう、結構遠くまで来たよなぁ?」


 歩斗は後ろを振り向き、もうすっかり家の姿が見えなくなってることを確認しながら呟いた。

 ここに来るまでの間ほとんど同じ景色が続いており、特別変わった事は何も無かったのだが、それでも歩斗はいま自分は冒険してるという満足感に浸っていた。

 

「そろそろ戻ってもいいかな……」


 見えない誰かに許可を得ようとしたその時。


「うわっ!」


 歩斗は、足のつま先が何かに当たって転びそうになるのを逆の足でグッと堪えた。

 まるっきり、昨日の父と同じリアクション。

 つま先が何かに当たった場所を調べてみると、これまた父が見たのと同じ四角い木の扉の存在に気付いた。

 そう言えば、地下ダンジョンの入口が木の扉だとか言ってたような……と、生姜焼きを食べてる時に直樹から聞いた説明をぼんやり思い出しつつ、歩斗はおもむろにその扉を開けてみると、そこには階段があった。

 

「うーん、どうしよっか……」


 歩斗は、今さら武器も何も持ってきて無いことに不安を感じていた。

 父は、この階段を降りた先に地下ダンジョンがあって、スライムとバトルになったと言っていた。

 魔法の杖の攻撃で勝ったみたいだが、それに比べて今の自分は手ぶらも手ぶら。

 やれる攻撃と言ったら、魔法ポーションが入っていたビンで殴りかかる、といったぐらいなもので当然不安は大きいのだが、それよりも好奇心が上回っていた。

 若さというか幼さというか、はイソイソと地下ダンジョンに続く階段を降りていった。

 扉に貼り付けられたプレートには『ランダム生成系地下ダンジョンレベル12入口』と、直樹が入ったものよりもかなり難易度が高いことをちゃんと示してくれていたことには気付かないまま……。

 



「おお、広い!」


 階段を降りきった先には、だだっ広い部屋があった。

 しかも、前方と左右それぞれの壁には、別の部屋に続いてると思しき通路も見える。

 直樹が挑戦したダンジョンがワンルームだったことと比べると、とても大きな違いだが、初挑戦の歩斗がその点に気付くはずも無かった。

 計り知れない怖さは感じつつ、何かあってもすぐに階段を上って逃げればいいや……という謎の安心感を携えながら、歩斗はゆっくり部屋の中を進んで行った。

 すると突然──。


「ガオォォォォォ! ガオガオガオォォォォォ!」


 どこからともなく、けたたましい雄叫びが部屋中に鳴り響いた。


「うわっ! な、な、なんだ……!?」


 大きな叫び声の威圧感にやられ、思わず目を瞑って体をのけぞらせる歩斗。

 そしてすぐに瞼を開くと、目の前にライオンのような魔物の姿が。


「ひぃぃぃ!」


 たまらず情け無い悲鳴を上げてしまった歩斗。

 優衣にこの姿を見られなくて良かった……と、安堵してる余裕など一ミリも無い。

 なんてったって、ライオンのような魔物が吠える口元は歩斗の頭より遙かに大きく、気分次第でパクッと簡単にいかれてしまってもおかしくなかったのだ。

 当初の予定通り、何かあったのだからすぐに階段を上って逃げなければと頭の中では思っているのに、体が強ばって足がまったく動かなかった。

 すると、魔物の4本足がジリジリと歩斗に向かって歩き始めた。

 マジでヤバい。

 このままだとあっという間に殺されちゃう──


「ガオォォォ!!」


 それまでゆったりとした動きを見せていたライオン魔物が、突然ギアをチェンジしたかのように歩斗に向かって突進した。

 

「ひぃぃうわぁぁぁぁぁ!」


 声をあげることしかできない歩斗。

 そしてついに、大きく開いた魔物の口が歩斗の頭をロックオンした……刹那。


「とりゃ! くらえっ!」


 突然、歩斗の背後から駆け寄ってきた何者かが、歩斗の横に来たところで声をあげながら前方に大ジャンプ!

 綺麗な跳び蹴りが魔物の体にクリーンヒットし『36』という数字の煙が飛び出した。

 

「ガオォ……ガァァァァ……ァァ……」


 バタンッ。

 力なく倒れた魔物の姿がスーッと消え、代わりに綺麗な紫色の宝箱が現れた。


「えっ……えっ、一体なにがどう……」


 歩斗は戸惑いながら、跳び蹴りを繰り出した何者かの姿を確認した。

 そこには、歩斗と同じぐらいの背丈の少女が立っていた。

 鮮やかな緑色の髪。

 大きな目、薄い唇、猫のような三角形の耳。

 チューブトップ風のワイルドな布の服に、これまたワイルドなショートパンツ。

 それが小麦色の肌と絶妙にマッチしていた。

 凄く気が強そうだけどビックリするほど可愛い

 ……それが、その少女に対する歩斗の第一印象だった。

 少女は胸の前で両腕を組み、ドヤ顔で仁王立ちしている。


「えっと……ありがとう、助けてくれて」


 どこの誰だかまったく分からないが、とにかく助けてもらったことには変わらないと、歩斗はまず感謝の言葉を口にした。


「いいよ、別に。でも、あんた多分まだレベル1でしょ? 無謀にも程があるよね」


 少女は呆れ顔で返した。


「えっ、あ、はは、確かにその通りだよな。逃げればいいやって余裕ぶっこいてた、へへへ」


 歩斗は屈託の無い笑顔を見せながら頭をポリポリとかいた。


「あっ、すごい。格好つけないとか格好いいんだけど」

「……へっ??」

「だって、女の子に助けられたら普通……って、ねえ、あなた名前なんて言うの?」

「ボク……は、歩斗。涼坂歩斗だけど」


 何となく顔を赤らめつつ、質問に答える歩斗。


「アユト……ね」

「うん、そうだけど。じゃあキミは?」

「私? 私は……ユセリ。魔物の国の戦士さ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます