第28話 異世界転生した裏黒宇王~~装備品はシュシュとコットン…… 職業はカバン持ち……

絵美、シャーベット絶対絶命!!!と、思われたその時っ


まゆが不敵に笑みながら、二人に手をさしのべようとしていた。


まゆ「………間一髪でしたわねっ。大丈夫ですか??!

お二人っ!さあ私の手を………そしてあの私が創り上げたゲートから

とにかく今は退避を!!!!!」



絵美「た、、たすかた;げっほ、私はいいからまゆさん………

シャーベットちゃんを先にっ」


シャーベット「う………ううっ。」シャーベットはかすかに


まだ息をしていた。



立ち上がるのもやっとの状態で


千鳥足でよろめくように、まゆに導かれるままゲートのほうへ


くぐろうとした瞬間っ。









シャーベット「む……無二ちゃ………た………けなきゃ、」




絵美「な、なにいうてるんやっ;そんな体で、

今はとにかくまゆさんのいうとーりにいったん戻ろ?」


まゆ「ここは、いったん退避が賢明かと………こんな時になんですが

無二ちゃん今止めようがないほどの力を得たようで……。


絵美「そ………そんな。。無二は一体どこへ??」




まゆ「詳しいことはあとです!!後で現実世界で落合いましょうっ。」


その瞬間、膨大な数の愛魔や追手が

まゆ、絵美、シャーベットを取り囲んだっ。




愛魔「ききききききっ!!!!!やつら虫の息ですぜ。ここでいいとこどりして

一気に大出世よ☆」


絵美シャーベット「やばいな………やばいですね;これは・・・体が、

もういうこと聞きませんっ、」


まゆ「くっ。。ここは私が食い止めます!!!お二人は早くゲートをっ。急いでっ!!

「にしても、この数………あ、あれしか……ないみたいね。。」


愛魔「かかれえええええええっ!!!!! 

愛魔異例の大出世魔法、

エクストラサラリーーー薔薇巻き!!!!」









するとおびただしい数の、魔界での金の金棒の入った 給与袋がまゆを襲った。


まゆ「くっ、、………なんて数!!!かんかんかんかんかんかん……まずいわね……。あれを使うしかっ」


絵美シャーベット「ま、まゆさんっ!!!!な、何するき??!」



まゆ「あなたたち、まだいたの!!?? くっ……。もう止めようがな……






最後の大爆円身代わり魔法!!!!! ラスティーーーユ、天への示し!!!!!」











「お二人に会えて、よかった・・・ありがとう。^^」






絵美シャーベット「あかあああああああああんっ………まゆさあああああああんっ」








「どがーーーーーーーーーーーーーんっ!!!」


ぱらぱらぱら………






絵美「うううっ、、そ・・・・そんな。。。うちらの、、ために;」


シャーベット「まゆさあああああああああん;;」




そこにはまゆが、魔法を自動で発動するようにし、


おのれを犠牲にして倒れこんでいた。





そうして最後にまゆの秘密がわかったのだが


実体が、神といっていいほどつくりこまれた


古代のからくり人形であった・・・・・





そうして何が何だかわからない中、どうにかこうにか最後の力を振り絞って


泣きながら


ゲートをくぐりぬけた。



一方、ゆきと無二は………




ゆき「はあっはあ………ぜえぜえ、

なんだか揺れが収まって………急に静かになるときがあるんだけど・・」




アシッドん「ゆきお嬢の気のせいじゃないのか??

ふ………すでに無二様の念願は達せられたも同然のようだな。


これからが正念場か、ゆきお嬢も皮肉にも何もできず


気づいた時にはもうあれだな。。」




ゆき「ど、どういうこと??!無二の念願が達せられたも同然………


それって・・・」



アシッドん「さあな。さあ、どうするゆきお嬢??」




ゆき「………アシッドんさん!!何か知ってるんでしょ本当は??全部言ってよ><」



アシッドん「まあ、待てゆきお嬢。もうまもなく無二様より連絡がくるはず、」


ゆき「無二いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいっ!!!!!!

聞こえてるんでしょ!!!!!! かけがえないほど大好きな無二っーーーーー!!!!!」







そして無二は、


無二「ふはははははっ、さてもうまもなく

まもなくだっ!!!!

やつのところに到着する………もうすぐだっもうすぐでっ……」



無二「?!」




「ああああああああああああああああっ、な、ばか……なっ……

体が熱……ゆ………き、

完璧に封じ込め………はずっ;」


すると、無二の胃のあたりから光が一斉に漏れ出し、

そのまばゆい光の中 ゆきが目の前に現れた。


ゆき「…………はあっ、はあはあっ、む、に………。やっとっ」



その同時刻




裏黒宇王「なかなかわが新しき城も、落ち着いてきたところだな。これより

ますます人間界を支配しにいかねば………みなのもの、忙しくなるぞ!!」


愛魔たち「はっ!!!もちろんでございますっ、さすがは裏黒宇王様っ

事は思惑どおりに進んでおりますっ。今後益々裏黒宇王様の領域を

広げられましょうぞっ」


裏黒宇王「ふははははっ、なかなか口の達者なやつだ。愛魔だろうが黒宇王だろうが

わしは関係なく出世の道を与えようぞ!!それにしても………


最近全く、一切黒宇王たちの姿を見なくなったんだが。なぜだ??」


愛魔「そ、そのことなんですが………

非常に申し上げにくいのですが;黒宇王様たちは、ぜ………」


裏黒宇王「ぜ。?」


愛魔「ぜんめ………」








裏黒宇王がその瞬間容赦なく、愛魔を地下5000mまで落とし込んだ!!!!!


愛魔「ききいいいいいいいいい、裏黒宇様ああああ、」






その光景を一部始終見ていた愛魔

「ひいいいいい 裏黒宇王様、その者がなにか粗相を??!」



裏黒宇王「いや………?ただ、わしに嫌なニュースを持ってこようとしただけだ。」


それを聞き、一同青ざめ裏黒宇王の容赦なき一面を垣間見たのであった。






また無二とゆきがとうとう、奇跡的に対峙。




ゆき「はあっはあはあ、はあ……やっと出れた、無二!!!!」


ゆき「無二………その姿本当に・・・あなたなの?? っあたしの

手先や、ひざ、全身が震えてとまらない……まさか あたし 恐怖を感じているっていうの??」




無二「ゆ、ゆき……。まさか出てくるとは。。もう、もう少しなのにっ。邪魔、邪魔しないでっ」


無二「それに、今までどこにいたのかもわかっているのか?」


ゆき「そのことについては私も疑問だった。一体私がいた場所って?アシッドんさんは何もいってくれなかったし」


無二「アシッドん、あいつ何してるんだ………怒 お前はいままで私の

   胃の中にいた。そう、ゆきは私だけのものだ、ほかの誰のものでもなく」


ゆき「………え?ええええっ?! ゆき内心:これほどまでに無二独占欲が強かったなんて………」


無二「驚くことはない、未来の魔界では魔力の強いものはみな、胃の中にスライムを飼っている………」


ゆき「う、うそでしょ??! あのじゅーじゅーきこえてたのは………酸ってこと、?だったら

   あたしはなぜ溶けなかったの?」


無二「内側部分だけが、酸に保護された

いわば4LDKの物件になっているからだ。ゆきは、特別だ……。」


ゆき「こんな時に、ふざけてるの??それとも………本当に。。


し……信じられない……」




ゆき「それにその姿、一体どうしたの?それに、まだ短いかもしれないけれど

大切な想い出思い出して!!!! 


私がどんだけ無二のことを・・・そのつけてくれてる

ブレスレッドが何よりの証じゃないっ」


無二「ふん。なぜこの姿に………。それは……戦えば嫌でも理解できるさ。


ブレスレッド?これのことか……。急務すぎて外すのを忘れた。そうだいいことを教えてやろう、どうして

こんなにべらべら情報を話すと思う?」



そういいつつ

無二はブレスレッドを外し投げ捨てた。


ゆき「ひどい;どうしてこんなことするのっ、」


無二「それは………ここで終わるからだ!!!!

といってもライフに影響が出るほどきづつけるつもりはないがな・・」


ゆき「終わる?そんな事させるわけないっ。くっでも……私無二とは‥戦いたくない;けど・・けど

仕方ないのかな……」


はてさて、2重で真の秘めたる魔力を全開放し 前とはまるで別人のようなおそるべき力を

得た無二!!!  雪は一体どう出る??一方、かなしみのラストに衝撃的な事実まで知った絵美、シャーベットたち。

彼女たちのゆくすえは?? 次回もお楽しみにっ!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます