第26話 真夜中インターフォン

そうして、膨大な数の愛魔に囲まれた絵美たち。


絵美「くっ………この間のCCRのようには救世主はこーーへんみたいやし……

どうする………前の比じゃない数やて、」


シャーベット「今度こそまずいですね……この数は・・」


すると突然まばゆい光が絵美たちの目をくらませた。


無二「すべりゆく愛の黒宇王、なにをしているんだ。

さっさと連れてこいといったわよね、あなたに。


すべりゆく愛の黒宇王

「はっ!!申し訳ございません無二様っ、こやつらなかなかの手練れ

でして、もう少しお時間を………」



無二「もういい。私直接、未愛を借りていくことにする。残りの者の足止めくらいはできるな??」


すべりゆく愛の黒宇王「はっ!!!仰せのとうりに、

何が何でも指令を達成いたします。」


絵美「無、無二っ!!!ど、どうしてここに………

ゆきはどこへやったの???!!

なんで、なんでこんなことするんやっ;

うちらの知ってる無二にはよも戻ってえやあっ!!」



シャーベット「そうよ!!あの、私を助けてくれた無二ちゃん………

、優しい無二ちゃんの心まだあるよね???


お願いだから目を覚まして!!!!」


すべりゆく愛の黒宇王

「ふっ、無駄よ。無二様はあーーーたたちの

知る娘ではもうない。そこにおられるお方は

世界を支配する、いわば女帝!!!」


無二「よせ。女性ホルモン黒宇、久しぶりだな絵美。それに

シャーベット、未愛。

今回は私の最終目標でもある、あることを叶えるため

未愛の力を貸してもらう。


みあ「わ………わたしの・・力、」


無二「話は、以上だ。あと任せた……すべ愛。


絵美「ま、っ待って!!!!うちらの知ってる無二はこんなことしない!!

あんた別物やろ、さてはっ!!」


無二「そう思いたくば思えばいい………。ふっ、いくぞ未愛。」



無二「それから、にぇにぇおまえもこっちに来い。お前が必要だ」




にぇにぇ「今の無二は嫌いにぇ!!はやく僕の知ってる無二にもどってにぇええ。」


無二「そうか……嫌われたもんだな、 じゃあ仕方あるまい」



その瞬間、一瞬のうちに見えないほどのスピードで背後をとった無二。






未愛「きゃっ!!!!絵美ーーーーーっ;シャーーベットおっ!!」


にぇにぇ「い、いやにぇにぇええ、離すにぇにぇええっ。いつもの無二じゃないにぇにぇええ;」



絵美「くっそお、愛魔っ……足離せえええっ!!邪魔、邪魔するなあっっ

無二いいいいっ 無二が消えよるやないかああ><」





シャーベット「無二ちゃあああんっ;にぇにぇえええ><」



そういうと、無二は瞬く間にみあとにぇにぇを抱きかかえて

空間魔法で消え去った。


絵美シャーベット「う、うう………。またしても非力なせいで連れていかれるなんて……」


すべりゆく愛の黒宇王

「こうなった以上しょうがないわねっ、、

あーーーた達、覚悟するざます。わたしは、無二様に

信頼されているのが今のでわかったざんす。


愛魔たちしっかり、

そのものたちを足止めしておくざんすっ、


妖刀………永遠バランス崩壊!!!!!


絵美たち「なっ、、なにしてん??か………からだに

力が………まったく動けない;」


シャーベット「な、何なのこの技………全身に力が全く入らなくなっていく

、もしやホルモンバランス異常;」


すべ愛黒宇王「おっほっほっほ、あーーたたちは

全身のホルモン異常により、動くことすらままならないざんす。

さて………そろそろ、とどめを……」


絵美「くっ………へんてこまでつれてかれて、

うちになにができる、考えるんや、何か絶対あるはず!!」


シャーベット「え、えみちゃん………ど、どうしましょう??

この状況、空前絶後にやばいんですけど;」


すべ愛黒宇王「さあ、仕上げと行くざんすのよ………ほほほ、

こんな身なりだからなめてかかっちゃったのが運の尽き。」


「思い知るがいい、技が独特だが尋常じゃない破壊力。

奥義!!!!!!!!!!ラスト・アージュ!!!!!」


すると地を這って足元からぐんぐん魔力を吸われだす絵美たち。


絵美「なっ………なんやこの技、いたるところから、魔力吸われて………


全身が重い・・だめや、体が痛すぎるっ ぐあああああああっ!!!!」「腰、腰に電気があああああああっ」


シャーベット「きゃああああああああああっ、まだ若いのに

全身の神経に電気がほとばしるようなあああああ;

とてもじゃないけど、たってられない………」


すべ愛黒宇王「あーーたがた、ちっとはあたくしの

節々の痛み、理解できたんじゃ?

何度も言ったざんす。なめすぎだと、え?そこまで言ってないって?」


「なんにせよ、もう身動きとれないざんすね………」




絵美「ま、………ま………だや………」


すべ愛黒宇王

「な………なんざましょ?一体どこにそんな力が??


絵美「う、うち………と、連れの

き……ずな、なめ………んとい・・・て、おばはん………」


すべ愛黒宇王

「お………おばはん?!怒 しつこいざんすね!!!これで本当に終わらせるざんすっ」






そのころゆきは・・・・


ゆき「さっきから、何度試してもこの分厚い壁みたいなのが

破れない、出れない………これならどうっ、

慈愛剣!!!!パララアイソード!!!!!


ゆき「はあっはあっはあ………び、びくともしない。

それどころかまるで、全てを吸収しているような、


無二は今ごろどうしてるのかしら?あれからなぜか無二の声がかき消されて……



それにさっきから

じゅーじゅうという音も鳴りやまないし……」


謎の声

「お嬢さん、よく頑張るねえっ。おいらの声は聞こえてるだろ?ははははは、


ゆき「?!あ、あなただれなの?!」


謎の声「おいら??おいらは、そうだなあ。無二様のパートナーといったところか、きーーっきっきっき。まあ、アシッドんとでもよんでくれっとん」


ゆき「もしかして、音をかき消したのはアシッドんのしわざなの??!それに、ここはいったいどこなの??!」


アシッドん「おおっと質問の多いお嬢さんだのお。さあねっ、口笛ひゅひゅひゅひゅひゅー♪


まあここはどこかはおいておいて、無二様念願のゆきお嬢を

入手できたってことだな。」


ゆき「どういうこと?おしえてっ、、おねがいアシッドんさんっ。」


あしっどん「………ちょっとだまってろい。自分の立場をわきまえて

話すんだな。」


ゆき「・・・・・・・」






その同時刻


無二の行動は不穏で、目を見張るものがあった。


無二「ふ………ついに、ついに二人の力を手に入れる時が来た。

あとは、すべ愛からあれを送るよう指示か。


ここからは念には念を入れて慎重に行動しなければ。不測の事態も考えたうえでな。」



にぇにぇ「離すにぇにぇええ、どこまでいくにぇにぇえええ!!」


みあ「う、うう・・・そ、空飛んでる………無二ちゃん目を覚ましてっ!!!

私たちを一体どうする気なの??!!」


無二「なあに、用さえ果たしたら必ず元の現実世界へ送り届けてやる。

それだけは保証する、安心するがいい。」


そう告げるといつにないスピードで、とある場所へ


今まで見たこともない、


漆黒の羽を広げ尋常じゃないスピードで、急ぐ無二であった。


そうして無二たち一行がたどり着いた場所・・・


それは、魔物界のとあるバカでかい書物庫のようであった。


無二「来なさい……。まだ私以外誰も足を

踏み入れたことのない場所。そして、


590年物間、開かずの扉である

歴代の人曰く、「ラストゲート鬼門」


未愛「な、、なんなのここ………ラストゲート鬼門………。


扉の周りに逆時計盤の紋章が囲うように

描かれている。


神秘性を感じるけど、この扉は………」


にぇにぇ「無二はどこでこんな扉の存在を知ったにぇ、、

僕たちをどうする気にぇえ。。「不安」」


無二「にぇにぇ、お前はそんなことは知らなくていい。


それからお前はまだだ。少し前も言ったが、決して悪いようにはしない。


身の安全は保障する。ただ、


最後の役割を果たしてもらう………ふふ、

まずは未愛からだ。右腕の逆時計の文字盤を出しなさい。」


すると、諦めがついたのか右腕の逆さ文字盤を指し示す未愛。


いままでにないほどの、神々しい光が腕から漏れている………。



其のあと無二も右腕を、差し出すとまばゆいほどの光が暗い書物庫を


包むかのように照らし出した。




無二「………ふふっ、いよいよいよいよだわ!!!


さあこの2つのゲート、門のようになっている上に

腕をかざすのよ!!」



すると、押しても引いてもびくともしなかった扉から

まるで光に導かれるかのように、ぎいいぎいいと音を立て

ラストゲートが扉の隙間を、少しづつのぞかせ始めた。


ぎいい、ぎいいいいい、ぎいいいいいい…………



すると無二の全身から何かが解放されたかのように

とてつもなくおぞましいエネルギーの渦があふれ出していった。



無二「………ようやく、ようやくだ!!ふふふ、なんてステキなエネルギーなの、

痺れるようなそれでいて漆黒のエネルギー。この世にこれほどまでの力があるとは……。」


にぇにぇ「い……いつもの無二じゃないにぇええ;怖いにぇにぇえ、

近づくだけで圧倒されそうにぇ><」


みあ「ど、どうしよう………あ……あ、」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます