第23話 絵美の決断!?ゆきのゆくすえと、絵美たちに待ち受ける@@@

絵美「そ………そんなっそれじゃ一体……、連れてきたのは・・??」




シャーベット「……どうやら魔物界のお城の受付嬢のようねっ、眠った顔や体格まで似てるのもあるけれど、これは……おそらくあの映写機みたいなやつの仕業かな……」




みあ「くっ……無二は狡猾だね・・・おそらく予想済みだったんだ、」


絵美「と、とにかくうちはゆきをもっぺん助けに行くわ!!!こんなんしてられへんし、

それにあの国の人達も解放したらな………急がないとやばいって!!」




シャーベット「そうねっ!!!ここにいる全員でいけばなんとかなるかな……??」



みあ「でもどうやって行く……??まゆさんのゲート閉じちゃったし、」


絵美「そや!!!無二のツボが怪しかったよな、あっこからいかれへんか?みあ、なんかしらへん??」





みあ「そのことなんですがごめんなさい!!みなさん黙ってて・・前色々会って言えてなくって汗

「じつは前裏黒宇王直々にこっちの現実社会に来たことがあって……あっ誤解しないでください!!


そのころは、まだ本当にやさしい部分があって。そのあと何者かのせいで豹変しちゃいましたが、、結局その時ツボと魔物界がつながっていたんです!!!」




絵美「そんなことが……今はとにかく向かうのが先決やなっ。うちらでいこっか!!」


そういいつつ、無二家にお邪魔し壺の前にたった絵美たち。


そして……




みあ「では、いいですか??!いきますよっ」






「わあああああああああああああああああああっつ」










異次元の中を滑り落ちるかのように、魔物界の裏黒宇王城についたのであった。





だが……

そのころ、無二と裏黒宇王は




裏黒宇王「愚かな人間たちよ……わしらがすでに新天地にきておるともつゆしらず。

今現在裏黒宇王城に助けに来ておる絵美という小娘たちは、いわば

飛んで火にいる夏の魔物よ……ふっははははは!!」


無二「ええっ。そのとおりでございます、裏黒宇王様。おまけに私の妙案で、既にゆきは手中に……。やつらどこにゆきがいるか想像もできないでしょう………ふふ、」





裏黒宇王「うむ。たしか、今裏黒宇王城には

現黒宇王の一人とまほも配置しておるな……やつらがかなう相手ではあるまい。。


無二もなかなか魔物界の上位の地位をしめてきたな……。まだこれからだが、褒めてやろう。」




無二「はっ、ありがたき!!!!ご期待に沿えるよう必ずや裏黒さまの一番の側近になれるよう、精進いたします!!!」




裏黒宇王「うむ。わしは唯一恐れている、おぞましい@@@@@以外は無二にまかせて安心感がある。しくじるなよ………」









場所が変わって黒悪態王と@@@@は今………。






黒悪態王「この間のCCRの一件で、あやつらを取り逃したと思うべきか、まんまと罠にはめたと思うべきか。

どうだまほよ……生まれた瞬間よりわしと一緒におるおまえなら、どう思う??」





まほ「また、お父様ったらそんな質問をして……。

罠にはめたにきまってますわ。ああ輝きがとまらない、かっこよくてダンデイなお父様♡」





黒悪態王「ふはははは、そ、そうか?。それはそうとス魔ホガールたちの処遇だが。許せんことを娘にしよったからな……。


あの時ス魔ホ歩きをして……完全に目の前を見てなかったにもかかわらず<どきなさいよ!!!>


などと暴言を吐き、娘を軽くつきとばし



それが原因でおまえの………くっ。右目は………;;

おのれえええ絶対にゆるさんぞおおおおおおっ!!!!」




まほ「お父様………、ありがとうございます;


ぜひ今度の処遇、私にも手伝わせてください♡」


裏悪態王「愛するおまえのためだ、無論だ!!!」





同時刻

ツララ村では~~





子供達「ユキちゃんたち最近こないね~~?一体どうしてるかなっ。色んな噂大好きのおいらたちのなかでもとおっておきのが、あるんだけどな~~」


少女「そうね……なんだかさみしいな・・・その噂ってあれ??この世界のどこかに

食事の時にこのよのものとも、思えない異音がする人がいるっていう………」


ツララ村の噂大好きなおばちゃん


「あんたたちっ、噂と言えばあ・た・しにきけばOK!!!最近最もホットなうあさといえば、


2軒隣のご近所さんのパーマが大爆発して……失敗、ちりっちりになったことかしらねえ、あらっ違ったわ・・・




なんでも

<にゃとりょおーーしか>の中に


極めて稀に<呪いのにゃとりょおーーーーしか>



があるらしいだわさ。。おっかないねえ、おばちゃんやだよ?💛





子供A「そうそう!!ほんとかしら、聞き間違えじゃないのかな。でもなんでそんな音がするんだろ??」



子供B「そのおばちゃんのうわさ……最近ではマジ都市伝説になってるって噂だぜ。あととおっておきのがあるんだな。なんでも誰よりも一番一番長く生きてる人がいるんだって!!!それってすごくね???」






そうして絵美たち一向は・・・







絵美「いった、いったあああっ……めっちゃ腰、うってんけど;けど何とかついたなあ!!」





「ゆき・・・・どこにおるねん、ぜえったいたすけたるからなっ……。今度こそ、」




シャーベット「絵美ちゃんがクッションになって助かったよ……ここが・・裏黒宇王のいるお城……。

改めて見ても不気味ですね;」


みあ「なんだか、気のせいか前に来たときと雰囲気が違う……ような、?」




まほ「あらっ・・・ごきげんよう♪まちかねていたわっ」



絵美「くっ、さっそくまほが・・・・全員気をぬかないでっ!!!!」



まほ「うっふふ、あらあらずいぶん手荒い歓迎ねっ、そんな手荒い歓迎には熱く答えなくっちゃね、出でよっ……す魔ほがーるちゃんたちっ!!!!」


するとぞくぞくとす魔ほ歩きがーるたちが、えみたちに向かっていった。




シャーベット「以前もこういう状況ありましたねっ………このこたちは正気なんでしょうか??!」


絵美「いや、目がうつろやしこりゃ何かにあやつられとるな・・・」




まほ「ご名答。お父様もこっちへきてください、このこたちを始末する手助けをおねがいしますっ」


黒悪態王「うむ………。わしの娘に傷つけた人間どもを生かしておくわけにいかん!!!ゆけ!!!す魔ほあるきがーるたちよっ!!!」







す魔ほ歩きガールが絵美たちの足や手にからみついていく、、



絵美「くっ!!!やばい、この状況……身動きとれへん!!!!」


シャーベット「なっ………。わたしにその気は…… 私たちの体にまとわりつかないで!!!おねがいっ・・・目を、目をさまして!!!」


まほ「いいわあ、そのまま……じっとおさえてるのよっ。。」

「遠隔電撃痺無知!!!!!」





絵美シャーベットみあ「きゃああああああああっ………

うっ。。。うっ、、」




絵美「そ、そやっ………にぇにぇは、にぇにぇは 一体なにしとるんやこの肝心な時に!!!」


にぇにぇ「………zzz  おてんば娘は!おなかいっぱいにぇ………」




絵美「ねっねとるやないかっ;やばいな、しびれが芯まできてもお……」


絵美「あんたら……あのCCRの国の人もあの国からきえててんけど、どこへやったんや??

なんかしってるんやろっ……。

大体あの時の 確定未来なんて・・・ありえへんので人の事だましてやなっ怒


未来って、そりゃ知りたいけどわからへんから、だからこそ1瞬をもがいて生きようとするんちゃうんか??人のあしもとみよって……「それを利用するなんて・・」




黒悪態王「なんだあ??わしに説教か? せっかくだ、教えてやろう。あいつら傲慢な人間は、無二様や裏黒宇王様に捧げられるのだ。はっはっは………いわゆる生贄なんだよ、あいつらは。おまえたちが想像もできないような秘密を抱えてな

どの道おまえたちはここでズィエンドなんだよ。」


絵美「な、なんやて!?? 新たな王の城……そんなもんどこに……生贄?!な、なんてことを!!!

いったいなにをたくらんどるねんっ、このでかぶつどっこい!!」


黒悪態王「で、でかぶつどっこい………失礼な娘だ。。怒 まあよい、時すでに遅しっという言葉をしってるか?」


「それに、生気がないす魔ほガールたちも見事な光景だ……。

おまえたちもわしのす魔ほコレクションにいれてやろうか??そう、芸術品のようにな。」


絵美「な、、なにをいって………ま、まさか!!!」


シャーベット「も、、もしかして……嫌な予感が」


「あんた、ひょっとしてこの子ら本体の画面にとじこめたんかっ??!」




黒悪態王「だとしたら……どうする?おまえたちではなにもできまい・・・・」


未愛「その子ちが何したっていうの??!


確かに,す魔ほ歩きはよくないけど、、だからといって!!!」




黒悪態王「うるさいっ!!!!!!真実を知らないくせに……こいつらは特に許さない。見ながら歩いてただけのみならず、自らが落ち度がある上に暴言まではき、

俺の娘の目を………よくもおおお!!!!」


黒悪態王「覚悟しろ、娘ども。



広範囲電磁波地獄!!!!ノイズインプレッシブ!!!!!」




みあ「な、なに、この技………頭と耳がおかしくなりそう;きんきんきんきんするよっ!!!!」


絵美「ううちもや、これは立ってられへん……、集中がまったくでけへん;」


黒悪態王「ふはははははっ、さらには環境同化!!!!亀礼恩!!!!!:カメレオン!!!!


絵美「え、えええっ???ど、どこいったんや……?消えたて………。」


黒悪態王「くっく、、おまえたちごときではわしの同化は見抜けまいっ

さあて捕食の時間だ。。」


シャーベット「全員、気をつけてっ!!! 完全に同化しています><」


絵美「くっ………なんてやっかいな敵。。どこやっどこにおる???」




絵美「まほっ、、あんたも もっかい思い出してえやっ!!!!


あんたのことゆきが憧れとったんやでっ??いいんか?」


まほ「今更、なあにを勘違いしてるのやら。私はもともとお父様の娘で、あんな娘の事など微塵も思っちゃいないわ。それともなあに?もしかして本気で私の事信じたりしちゃってたわけ??」


絵美「あ、あんたなあああ怒

いいかげんにしいやああ!!!ゆきの想いを!!!!!」



そうして絵美の背後を瞬時にとる、黒悪態王。






みあ「絵美っっ……くっ間に合うか??」





「色塗り魔力分散っ!!!!!」









黒悪態王「チっ、同化に色を塗るとは考えタナっ


よくぞ見破ったっ だが…………


捕食タイム!!!!


舌美礼多!!!!!し・び・れ・た!!!!!」



するとぬるぬると、舌が絵美たちにまとわりつき、離れないっ………




絵美「な、なんなんやこの舌っ、体がしびれてっ………。だいじょうぶかっ、シャーベットっみあっ??」


捕食のあとは、、DINNERTIME!!!!










不羅礼多!!!!!!!!「ふ・ら・れ・た!!!」





絵美みあシャーベット「きゃああああああああああああっ、、な、なんて力;それにねばねばねばねばするっ」





黒悪態王「わしはこんな名前だが意外と紳士なのでな。



わしが悪態という意味でなく。相手がそうだと許せないという意味だ。まあチリゆくおまえたちには、関係ない話だが・・」







「まほっ!!!おまえがとどめをしろ!!!」


まほ「はいっお父様っ。うっふふ、悪く思わないでね、これでもう二度と雪に会うことすらかなわないなんて。あわれね・・・・。」







慈愛剣!!!!!究:パララアイソードっ!!!!!」




絵美「くっ……なっその技………やば、全員にげっ


その少し前ににぇにぇが目をさまし、どこからか笛の音が聞こえてきた!!!





クマムシ「ご主人様たち大丈夫くま??なんとか、間に合ったクマ……はあはあはあ」




絵美「く、、ゆきの技で消されそうになるとここを、


うちの前世に助けられるとは………ありがとう!!!」


まほ「ちいいいっ余計なまねをっ。。もう一度、







破滅奥義!!!!お尽気愛!!!!!!お・つ・き・あ・い!!」








すると何千本もの剣が絵美たちをつらぬくように交差する。







その瞬間っ、体に熱を帯びたシャーベット「わたしの……はあ・・はあ・・・大事ななか………ま………きづつけ・・・るさない!!!」


「はああああああああああああっ、愛守九梨夢!!!あいしゅくりーーーむっ!!!!」


黒悪態王

「ば、ばかなあああああああっ、、どこにこんな力があああああっ!!!!!!目があああああっ、私の右目がああああっ;」





そのおそるべき、圧倒的でまばゆいほどのちからによって


まほと黒悪態王は空間とともに消え去っていた………。




絵美「た、、たすかった………

しゃーーべっと!!おおきに、おおきになあ!!!!」




みあ「な、なんてちから……なんなのこの子、何もないなんてとんでもない子じゃない、、ありがとう……」


くまむし・にぇにぇ「やったにぇ、ものすごい力だったくま!!!」




シャーベット「……わ、わたしがしたの??……

とにかく、確かにす魔ほ歩きはいけない……。


そして自らに落ち度があるのに悪態つく人も……

けどそれでもきっと、きっとね他の方法が何かあるはず!!!

悪態王さん、かわいそうな人だったのかも………」


すると解放されたかのように、す魔ほ歩きガールたちが 

すまほ本体から出てきて、絵美たちに介抱された。



ス魔ホ歩きガールたち

「わ、わたしたちは、いったい………。

やっと、やっと出れたのね;;おねーーさんたち本当にありがとう!!!!」


絵美「あんたらなあ、礼もいいけどちょっとは今後

態度改めええや??画面に夢中になって他人とかどうなってもいい精神は、


ブーメランやでほんまに……怒」


シャーベット「絵美ちゃんって、怒ってるようで優しい・・・」


みあ「わたしも今回の一件は敵に一部同情したかも……

そんな人ばかりじゃ、ないんだけどね。。」



その会話後

どこか憂鬱な背中を向けるシャーベット。一行はこのことを教訓に、ゆきさがしの旅をつづけるのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます