第22話 囚われのゆき!? 無二の、秘策と救出大作戦

ぞくぞくと国中のにゃとりょーーーしかを持つ国民に取り囲まれた絵美たち。。。


絵美「ど、どうする??!!きづつけるわけにもいかへんし………やばいってこれは、逃げ場が……」


シャーベット「ものすごく囲まれてますね……なんとかなんとか方法をっ!!!!」





みあ「……うっ、何かいい案は……?!」




そこへ突然謎の女性が大声で、



「旅人さん!!!!!こっちです!!!!!!」


と伝え、なんとか間一髪でその場をしのぎ切った。




絵美「はあっ、はあ、はあっ………あ、あんたは一体……??」



シャーベット「スパシーバっ、たったすかりました!!どこのどなたかは存じませんが……」




未愛「どっかでみたような、みていないような………

有名な方??」



その頃ゆきと無二は

スイーツルームでどうしているのかというと……


無二「ゆき、食事持ってきたわ。ああとても美しい……

惚れ惚れしてしまうわ、」





ゆき「ううっ……うう……む、、に……」



無二「あら、気がついた??ゆきが落ちる寸前どうにか助けることができてっ。本当によかった、


あっここは特別スイーツルーム。安心して、私なりに快適に仕上げてみたの」





ゆき「助けてくれたの……??ありがとう;あたし、きっと無二が色々と誤解してるとおもって、そのことを言わなきゃ……」


無二「誤解……??何をいってるの?誤解なんてひとつも・・・」




ゆき「違うの、聞いて!!あたしはまほさんと一緒にいたのはねっ、もちろん練習もしたけれど


この事はまだ内緒だったけど

だいっすきな無二のサプライズを何かして喜ばせたくって……それで相談しててっ」




無二「もうそういう話、いいわ。たくさんよ!!!


そんなこといって……

それに残念だったわねっ、まほは雪が思ってるような子じゃないから。」


「ふふ………でも今はゆきはわたしだけのものよ。私の事だけを考えてればいいの、ね?そうでしょ?」


ゆき「・・・・・・・・・」



無二「ふふっ………予想道理ここへ向かってるようね。@@@@@@から、魔界郵便で、送付してもらってよかったわ。

徹夜で、習得したかいがあったわね、


すでにあれを行使できる状態にある……

素晴らしいわ…。」




無二「さあて・・・愛するゆき………

@@@@@@させてもらうわね、ふふ……。」

そういいながら一歩また一歩と近づいていく無二。


ゆき「な……、っ何する気??!!!

い、いやっこっ、こないで!!!!!!」



そうして、絵美たち一向はようやく

誰であるかを思い出したようで……



絵美「ああ!!!!!この人、うちの学園のME5の

海次まゆさんやないかっ。どうりでみたことあるわけやっ」




まゆ「しっ。。お静かに………周りにきづかれてしまいますっ。そのとおりです、海次まゆと申します、今は急を要しますのでこちらの、

地下通路にいきましょう!!!」


みあ「そんな簡単に信用して、本当に大丈夫なの……??!」


絵美「ここは、信じないとしゃあない……それしか今うちらには方法がっ、」


まゆ「さあっこっちです!!!この通路を、ずうっと向かえば、


ゆきちゃんのいる隔離されたお部屋につながってますっ……追手も来るので早く移動をっ」



絵美「ほんま、助かるわあっ♪おおきになっ、そういえばまゆさんってなんで

ゆきの幽閉場所までしってるんや………謎すぎるて、」


まゆ「それについては、たどり着いたらお話ししますっ。」

そう言うと薄暗く、整備された地下道を小走りするまゆであった。


そして15分ほど走ったころ、おそらく国民男性の大声が地下道に響き渡り


「おいっ!!!!こむすめたちがこっちへ逃げたぞっ。慎重にかつ迅速にさがせっ!!!!」

と聞こえてきた。


まゆ「まずいですね………もう追手が・・・。みなさん一旦ここの小さな防水避難所に隠れてください、危ないですので!!」




すると・・・・・







ごごごごごごごごごご!!!!!!!!!!






未愛「異様な音が奥から鳴り響いてる!!!?」




絵美「????なんの音や、、なんかやばいきがするんやけど………」


にぇにぇ「あれをみるにぇ!!!!!!全員目を閉じて、鼻をつまむにぇ!!!!!!」


するとおぞましいほどの大量の水が押し寄せてくる!!!!!



国民男性たち「ぎゃあああああああああああっ!!!何、げっほげっほ、何なんだこの水は………げっほげっほ、」



・・・・・・・




未愛「あやうく、間一髪でしたねっ;あぶないところでしたっ汗」



まゆ「今のうちですっ!!!!こっちへっ」





そうして、暗視ゴーグルのいる赤外線だらけの通路など


度重なるトラップに、極めて危ない目にあいながら……どうにかこうにか


出口近くまでたどりついた。




まゆ「………無二は、いないようねっ……今いきましょう!!!!!」


ぎいいいいい、がっちゃん………



絵美「ゆっゆき!!!!!!!!良かった、ゆきおったし


今気絶しとるけど無事そうやわ………!」



シャーベット「はあっっ、ほんっとよかったあ。

ゆきちゃんがいて、心配したんだからっ」



みあ「これで、やっとひと段落ねっ!!けどまだ安心はできないわ。。なんといっても無二が……」




そのころ、無二は・・・・・・



無二「今の所、ゆきはあたしの手中に入った。

だが、一体どうすれば………どうすれば、

あの王の座をくつがえすことができる……悩


そうやすやすと、裏黒宇は倒せまいし………」


そうして館内にけたたましく警報がなりひびき、遠隔監視AIが

次々に館内を巡回しはじめた。


遠隔監視AI{侵入者あり!!!!!!!侵入シャあり!!!!B棟空中特別スイーツルームへ要員緊急派遣!!!!



絵美「とにかく急いでここをでないとっ!!!やばいなっ、もうきづかれてる汗」


シャーベット「ええっ!!!!急ぎましょうっ、まゆさんっ館内の地図わかりますか??!!」


まゆ「ええっ、一応頭に入れているわっ。この通路をしゃがんでジグザグにいくのっ。そして次を右ねっ!!」




するとまゆが用意してくれていたのか?異次元の穴があけられており、



まゆ「さあっここから現実世界につながってますっ!!!私も後からいきますので、お先にいってくださいっ」



絵美「色々、おーーきにっ。まゆさんも必ずきてや!!!?」



未愛「やっとどうにかでれそうですねっ、ひやひやしました;内部から助けられてよかった・・・・・」




そうして、現実世界へとやっとの思いで苦心して戻ってきた絵美たち一向。。



絵美「はあああ、やあっとでれた……。うううんやっぱお日様の下が一番きもちいいわ、マジで湿気ぽくて異様な植物だらけだったし……;


それは、そうとゆきっ!!!寝てるだけか??大丈夫なんかな……」


シャーベット「本当まゆさんには助けられましたっ、すぱしーーば♪ってあれ……まゆさんは??」



未愛「え、えええっ もう穴も閉じてしまってるし、まゆさんが……まゆさんが、どうしよう??」


絵美「まゆさんも心配や……けど

とりあえず……ゆきを安全なとこにつれてこっか、自宅かそれともマツさんの渦んとこに……」


その後マツの渦の中にある部屋にゆきを、連れて行った一向。


マツ「おまえたち、今回大変だったね……けがしてないかい??あちきは心配でもう;

それと、ゆきを無事取り戻してくれてありがとう!!!礼をいうよっ」




絵美「いろいろあったけど………ほんまゆきもどってきてくれてよかったあ♪で、ゆきの状態大丈夫なんかな…?」



シャーベット「そういえばさっきから、何にも話しませんね……

マツさんどうですか、ゆきちゃんの状態は………。






マツ「………

お前たち……悪いがこいつはいっぱい食わされたようだね……;」


絵美「えっ、……そ、そんなまさか???じゃあ、この連れてきたのはいったい………?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます