第20話 トランポリン橋での決闘!!驚きの実態っ

そして、トランポリン橋がぎしぎし、軋む「きしむ」中、ゆきはトランポリン橋中央まで来た。


ゆき「無二……!!!それにま、 まほさん………」


「けどなんだかいつもと様子が違う?! 無二は……わからないけど・・」


どうして??!まほさん目を覚ましてっ、きっと無二につかまってしまって何かされたんだよね?!


あたし……あたし……まほさんのことだいっすきなのに;そうとしか考えられないよ……」




まほ「無二につかまった??私が?!ふふ………。面白い子ね……。あなた、何か勘違いしてない??

私はね、<自らの意思>で魔物界と契約したの。


ゆき「……えっ!!!??う、嘘でしょ……まほさんがそんなことするはずが!!!」




まほ「どうしてそう言い切れるの??あなた私の、何を知ってるっていうの?」




無二「大好きな

まほさんだと、、………ぴりぴり。


ちなみに私もまほに何かしたわけじゃない。

こちらとしても確かに驚きはあったわ……。ゆきの想像と違って、残念ね・・・」




    時は少し遡り

<この決戦の数時間前のこと>




ムミ「わらわも、徐々に回復しつつあるようだ………無二よ……近こうよれ。わらわが

素晴らしいプレゼントをしてやろう。



無二「何かしら、?」


ムミ「もっとだ………もっと、そう……わらわのそばに……。」


ムミ「そう、あと少し……。」






ムミ「うぬの余計なものをすべてとりはらってやる………くくくくく、完璧だ!!!」


無二「うわあああああああああああっ、な、なにを………し、」



そして現在


無二「おしゃべりはここまでにして、


しばらく観覧といこうかしら?そうそう、特別にこの橋は魔力で壊れたりしないようにしといたわ。


あとはまほと、客人がどうにかしてくれるでしょ。」




ゆき「少しだけ答えて無二!ツララ村で、聞いたもふぽよ坂から七色大陸に……夢のような場所があるからついておいでって、まさか無二たちが関係してるの?!」


無二「七色大陸、。さあ、なんのことかしら。私が興味あるのは、ゆきだけよ。」


「時間もないわね、まほさっさと片付けてしまって。]




まほ「それも、そうねっ無二。早速、す魔ほ歩きガールちゃんたち、ここに来なさい!!」


するとぞろぞろと15人ほどす魔ほ歩きガールたちが橋に集結した。




ゆき「えっ……ななにこの人たち??!全員す魔ほ持ってこっちに、向かってくる、、」


まほ「さあ、どうする??かわいいゆきちゃん☆はさみうちよ!!!」


す魔ほ歩きガール「ぞろ、ぞろ、ぞろ、ぞろ………」




両端からゆきにじわじわ近づいてくる。




ゆき「攻撃するわけにもいかないし、っ目を目を覚まして!!!!お願いっ!!!!」


まほ「ふふっ、無駄よっ………。その子たちは黒宇王様が、

とある理由でものすごーーくお怒りになってる子たちなの。


画面を見つめながら歩く意思しかないわっ、ここでクイズ♪


本人たちはさて、どこにとらえられてるでしょうか?」




ゆき「そ、、そんなっ………わわっ、もうこんな近くまで・・やばい、やばいそんなのわかんないよっ;;

何か考えなきゃっ」



「どうする、っどうしよ………



「だめもう5センチもないっ!!!」




「もう………ここでおわりなの??」




するとどこからか笛の音が聞こえだし、

す魔ほ歩きガールたちが続々と

全員眠りだした。




ゆき「ま、まさかこの笛の音って!?」





絵美「………ふうっ間一髪やなあ!!!どうやら間に合ったようやなっ♪」


ゆき「絵美!!!!ありがとおっ;」


すると突然、、大声で

「我は、黒悪態王。おまえたち人間のせいで、

我の何よりも大事な大事なものにキズがついてしまった・・・・

この恨み何があろうが、絶対に許すまじ。

今回は挨拶ばかりだが、必ずやこの報復はさせていただく………。」


絵美「なんやっなんやあ!?ばかでかいやつでてきよったでっ……

くっホログラムかっ。何があったんや、いったい・・・」


ゆき「お、おそろしいほど大きい………だめ、体が震えて・・・


何者なの?」





無二「まさか………このタイミングとはな。。よほどお怒りが」


無二「それと、

あれほど仲間を連れてくるなと、忠告したはず………怒

まほっもう容赦しなくていいから、ゆきと絵美片付けてっ!!!」


まほ「わかったわ。この足場、

私にとっては好都合なのよね」


そういうと、トランポリン橋のトランポリンを次々はねるように、身軽に宙を舞うまほ。

ぴょーーんぴょーーーんっ




{空破炎弓!!!!}




すると何本もの、魔力を伴った極寒の弓矢が

ゆき絵美に放たれたっ。


ゆき「きゃっっ……あぶなかった;足場が全然安定しないよ・・・」


絵美「援護するよっゆき!ぴろろろろろろ♪笛を吹き、前世のクマムシを呼び出す絵美!」

「クマ、私達をまもってっ!!すると、



クマムシ「ご主人様了解くま♪♪神的殻硬硬!!!!!」


ゆき達の防御力が一気に上昇した。




ゆき「相手は、まほさん………傷つけれないけど、

守る為なら。。




「慈愛拡散剣!!!!!」




まほ「うふふっ、だあいすきなゆきちゃんっ  ほら、ほらどうしたの??♡

守ってばかりでいいのかしら?♪」



かんかんかんっかんっかんっかんっ!!!




ゆき「まほさん……てn赤面

うっ、うう足場が、きゃっ!!!!!!」




大きく体勢をくずすゆき。



まほ「一斉氷結斬りいいい!!!!!!」




ゆき「きゃああああああっ……右手が芯から凍りついていく……痛いよっ;;」


絵美「ゆきっ!!!!大丈夫??なんとか、なんとかしないと、」




するとその時








「どどどどどどどどどどどどど!!!!!!」







絵美「なんやなんやこの音、?!!」



まほ「………なにかしら、なんだか嫌な予感がするわ。」


無二「………聞いてないぞ、この地響きは・・・」




その直後





「きゃぴっぼわ、きゃぴっぼわ、きゃぴっぼわ、きゃぴっぼわ!!!!!!!!」





ゆき「えっ………ま、まさか・・・」




キャピボワチュール!!!!!💛





どどどどどどどどどっ、橋の上がキャピボワチュールでいっぱいになった。


まほ「うっ、な……なんなんだこの生物は!!!!」


「う、うごけん・・・・・・」


無二「ちいいっ!!!!こうなった以上あれしかないっ」




「真空剣!!!!パララアイ遠隔射撃っ!!!」



すると無二の尋常じゃない攻撃が、ゆきに追い打ちをかけるかのようにヒットし、


ゆきは、大きく深手を負った。




無二は考えられない程のスピードで、

ゆきの方へあっという間に移動し、

おまつり川へと落下させた。








ゆき「きゃああああああああああああああっ!!!!」







するとものすごいスピードでゆきがおまつり川へ落下し、、

水面に落ちる寸前



無二が、ゆきを抱きかかえた。




無二は

「ゆきは私だけのもの………誰にも邪魔させない……」


と言い残し、まほを抱えて消え去った。


絵美「…………ゆきが ゆきが連れてかれた………。また……何にも救えへなんだ;うちは、なにしとるんや・・・;うちはああああああああ!!!壊」






「ゆきいいいいいいいいいっ!!!!!」




その声は、谷全体にこだまするかのように響き渡り、

返ってくる声がむなしく絵美に反響した。


無二は気絶したゆきを抱きかかえて、まほと魔物界へと瞬時に移動した。




一方その頃~~


@@@@@@@

「戦況、プロフィール、攻撃パターン、防御方法パターン実戦データ

受信。」


「ふふっ・・・・・」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます