第17話 激しく燃える心の炎、それぞれの向かう先!?

ゆきの目の前に現れたキマイラ(頭や手足がゆき)が、雄たけびをあげながら、ゆきにむかって炎を吐いてきた。




「ごおおおおおおお!!!!」


ゆき「あつ、熱いっっ!!!間一髪だった今っ」




あかりん「大丈夫??やけどしてない??ゆきちゃんっ。」



ゆき「う、うんっあかりんありがと☆」


シャーベット「わ、わたしもなにか、なにかしなきゃ……

何かないのっ??何か……」


霧に包まれた部屋で、何体ものマホの姿がゆきを囲んで浮かび上がる……



まほ「ゆき………ゆき………このキマイラ攻撃しないで……

なにもしないでそのままじっと立ってて。お願い………愛するゆき………」


ゆき「ま、まほさん?!な、なんでこんなとこに………愛するって、そんな大胆な……赤面」


ゆき「う、うん………でもまほさんがそういうなら………」



キマイラがものすごいうなり声をあげ、地割れを起こす。






「がたっがたがたがたがたっ!!!!!!」



その瞬間、大地が大きく割れゆきが、崖っぷち寸前で落ちそうになっている。



ゆき「うっ……ううう………落ち、落ちちゃう!!!;

くっ、手に力が……入らな……」


そして目の前には大勢のまほが、ずらりとたっていた。

た。

まほ「ほおら、大好きなゆきちゃん。もっともっと近くへいらっしゃい………

もう少し手を伸ばすのよ……そう…いい子ね…」




ゆき「まほさんが、こんなにいっぱい……それにあたしのこと大好きって……赤面」




「あれっ、このシーン……どこかで……??」




そういいつつ手を差し伸べようとする、ゆき。






絵美「ゆきっ!!!!!危ないっ!!!目を覚ましいやっ、そいつまほさんじゃないっ、よく見てみい!!!!ゆきの顔した大きな動物やろっ」


あかりん「そうだよっ!!ゆきちゃん、もっとよくみて!!」



ゆき「ほっほんとだっ焦 あぶなっいあぶない;絵美さんきゅう!!!」


容赦なくキマイラが2度目の攻撃を仕掛けてくる。




キマイラ「がるるるるるる、

慈愛拡散剣!!!!改っ」


にぇにぇ「……こ、こわいにぇにぇえっ……」



ゆき「えっ……それあたしの技?!きゃあああああああっ」


両腕にかなりのダメージを食らったゆき。


シャーベット「ゆ、ゆきちゃん?!!大丈夫っ?;」




あかりん「治癒解放!!!愛の導き!!!!!はああああああっ。」




するとゆきの両腕がかなり回復していく。、


ゆき「はあっ……はあっ……息が、

あかりんっ助かったよ;本当にありがとう!!!」




絵美「さっきの技って!?ゆきのわざやないか、、一体どうなって……」


無二「ゆきっ!!!っ大丈………っ……なの??!!!あいつ………怒」


ムミ「あらっ、私相手にそんな余裕どこにあるのかしら?♪」

「高見の見物っていうのは私位強くなってからしなきゃっ……ねえ無二?」


無二「うっ!!!……な、なんて強さなの、」



にぇにぇ「援護するにぇっ、広範囲真空神魔!!!!」




ムミ「ふっ……実体があるようで、ないようなあたしに効くものかっ……」




にぇにぇの大技は体をすりぬけた……




あかりん「そんな……っ、にぇにぇの攻撃もきかないなんて

やっかいすぎる;」



ムミ「霧縄連鎖地獄!!!!!」



無二「うっっ、何て速さ!!!!体がおいつかない………」



するとシャーベットの内心に怒りがあふれだし、

いつもの彼女とは一変した雰囲気をまといだした。


シャーベット「さっきから、何も出来ないでいたけど・・・・

私を助けてくれた無二ちゃんのお友達を困らせるなんて、許さないんだからああああああああああ!!!!!」




シャーベット「凍結地獄!!!!!ツララ連覇斬!!!!」





にぇにぇ「シャーベットの、想いが爆発したにぇ!!!」



周囲一体にあったツララが、もう一人の隠れていた敵、映魔機を貫いた。






幻魔機「うぎゃああああああああああっ………っ な、なぜおれがここにいると……っっ」


ゆき「シャーベットちゃんすごい!!!!まさか、、こいつがまほさんを写してたの?!」


シャーベット「はあっはあ、はあっはあ」

「す、すこしはお役に……たて、たかな……?」




すると、次々と、まほの投影された姿は消えて行った。


あかりん「残すはこの、キマイラとムミのみね……」


ゆき「自分で自分を攻撃しなきゃならないの………?!;」



ムミ「ほらほらほらほらっ、いつもの勢いはどうした、無二。かんかんかんかんっ「剣を交える音」」


ムミ「もう、ゆきとかいう娘うんざりだろう??

いっそのことあたしらの仲間になったらどうだ?♪


………違ったな、すでに裏切っていたな無二は。ふははは」











無二「………それも、そうね。」


そうつぶやくと、無二が一瞬のうちに移動し、



ゆきを後ろから羽交い絞めしだした!!!!


ゆき「……えっ??無二……何を言って、」



ムミ「やっと、その気になったか…。それでこそあたし。血は争えないわね♡

かわいいとこあるじゃない。」


ゆき「うっ……む、むに……無二ってば!!!!なんで?なんでこんなことするの;;苦しい……やめてよ;無二」



「前私がかばった事一瞬でも、思い出して!!

ベストフレンドなんだからっ!!!!」


絵美「なっ無二何してるんやっ!!!また様子おかしいで………離せっゆき離せやあっ!!!」





シャーベット「無二ちゃんっいつもの無二ちゃんに戻って!!もうこんなことやめようよっ??お願いっ;」



無二「ふっ。…………(涙)



そういえば、そんなくだらないこともあったな………。私はね?口ばかりのゆきがうんざりで………かつ大好きなゆき……ここで終わりにさせてもらう」


ゆき「ぐっ……げほげほっ、何言ってるの無二っ……

無二の事大好きで大好きなのに;」




無二「こ、こんなときに!!! 頭が………頭がまた痛い……割れるようだ。。

{大好き}っていうのをやめろ!!!………

うう、今一瞬脳裏に………ゆきがかばってくれた…;


うわあああああ、はあっはあはあはあ………」




その隙になんとか、無二から脱出するゆき。



無二「ううう………は……話を戻すが 私が絵美の爪や、ゆきの髪の毛を提出した。それでもまだそんなことをいうか?」





ゆき「そ……そんな……」


あかりん「私の知らない間にそんなことが………」


ムミ「いいぞ、そろそろ無二、仕上げといこうか。ふふふ、わらわは高見の見物といこうかね………」


無二「御意。さあて、自らの姿をした


キマイラに倒される気分味わってもらおうか、、」




絵美「な、なんてことを……。もう、うち。切れた!!!にぇにぇっ、もっかい攻撃頼むわ!!」


にぇにぇ「わかったにぇっ、

連射真空魔霧落とし!!!!」


無二は手のひらをかざし、まるで砂や粉のようにぱらぱらと攻撃を掌から落とした。




にぇにぇ「………う、うそにぇにぇ………まるで効いてない・・・」




無二「邪魔、しないでもらおうか……こざかしいペット。これで終わらせる、キマイラもう一度!!!」



キマイラ「ぐRRRRRRRR、

その瞬間信じられないほどの炎の塊をいくつも雪にふきかけた!!!




「どごおおおおおおおおおおおおおんっ!!!!」



そうしてあたり一面真っ黒の煙と炎に包まれ………










ムミ「ついに……倒したか??!!!ふふ……ふははははは……!!」






絵美「う、うそやろ!!!!ゆきいいいいいいいいいいいい」





シャーベット「ゆっ、ゆきちゃんん!!!!」



あかりん「ど、どうなったんや………ゆきいいいいいいい、大丈夫か????」




ムミ「?!」


ムミ「ば、ばかなっ!!!!わらわが、動けぬだと………誰だ!!!わらわに、何をしたっ!!!!」


ムミ「まさか………まさか、」



すると片隅の煙の中からとある生物の影がすっと現れ……


ムミの全身と、

キマイラの全身を@@で動けなくした。


ゆき「げっほ、げっほげほ、あ、あなたは一体………」




するとにぇにぇがここぞとばかりに



にぇにぇ「じゃじゃ馬娘・・・・またにぇ。」









と言い残し、何やら口から取り出しながら

キマイラを真空空間へと誘いだした。





はてさて、現れた謎の生物の正体とは………??!!

はたまた、にぇにぇの言葉の真相は??つづく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます