第16話 決戦!!!? 信頼 VS 崩壊

キャピボワ「すたっすたっすたっすたっ………きゃぴっぼわ、きゃぴっぼわ」



ゆき「確かこのあたりだよね、、光る建物あったの……」


絵美「やっと着いたなあ!!まってれ、へんてこお……あいつおらんかったらおらんで調子くるうねん……



シャーベット「今の、本音ですねっ。ふふっ。」


絵美「もう、シャーベットちゃんまで……照」





某DNA施設にて





ムミ「ゆき、絵美、シャーベット。そして無二よ久しぶり………ふふふっ」


絵美「なっ………お前は!!!!たしかっ、ミミ!!!!」



ゆき「またあなた………?!ひょっとして、聖獣さんや村人たちにひどいことしたの

ムミ……?そうだとしたら、怒りがおさまらない……」


ムミ「さあ、どうかしらねっ。ふふっ。それと笛持ってたそこの娘……ムミよ。

しょおもないことやらせないでちょうだい。」


「まあ、いいわ。ふふ………今とおっても上機嫌なの。

全員わざわざ向かってきてくれて……私たちが欲するものまで

もってきてくれるとはね……」


ゆき「一体なんの事??!」


ムミ「さあ?

そうそう……お待ちかねのにぇにぇはここよっ♪


そう言われ見上げると、避雷針の先にくくりつけられたにぇにぇがいた。



絵美「ヘンテコーーーーーー!!!そんなやつ簡単に倒せるやろおっ、なんでつかまっとるねん………バカバカにぇにぇ……今助けたるからなっ!!!」


無二「ちょっと私のにぇにぇ返しなさいよ!!!

ムミなんかひどいことしてないわよね……もしなんかしたら承知しないわよ……」


すると背後から裏黒宇王が、するりと現れた。


裏黒宇王「ふははははは、息のいい御嬢さんたちだ。我は裏黒宇王。以前はずいぶん世話になったな、礼といっちゃあなんだが、いいことを伝えに来た。」



絵美「な、なんやこいつの、おぞましいほどの強大な力は……あかんて、ひ、ひざが震えてしまっとる………っ」


ゆき「あなたが、ひっどいことしてる悪い人らの親玉??!

村人さん達をよくもこんなひどいめに………それにママたちはどこなの??」


裏黒宇王「ふははははは、強気な御嬢さんだ。さあ、どこだろうな。そして、

そのいいこととはな・・・・・


無二よ。忘れたとは言わせないぞ、絵美の爪、ゆきの毛を採取して自らの意思で届けたのは、なにをかくそう無二本人だ。」



無二「それはっ裏黒が指示………!!!はっ………「くちをすべらせかけた無二」」



ゆきシャーベット「え……?!っ何をいってるの?そんな訳ないじゃない!!!」




ゆき「そんなの、うそ。だよね……無二……」






無二「………………」




裏黒宇王「ふははははは、なかなかの代物だったぞ。おかげであるものが完成した。礼をいう。」




ゆきシャーベット絵美「そんな…………」




ゆき「それに、村人が何人か戻ってきてたけど、あの人たちに、なにしたの???


裏黒宇王「ああ、いい質問だ。あいつらはいわゆる合成がうまくいかなかったもんでな……解放した。それだけだ。」




ゆき「それだけって………怒

あなた何したかわかってるの??!!」


絵美「ゆきっ、挑発にのったらあかんて。


い、いまはそれよりもにぇにぇ救出したらなっ、一旦集中しよ!!!」



ゆき「うっうんっ!!!」




気づくとにぇにぇの拘束が気づかない間に解かれていて、

信じられないほどのスピードで、ある人物に助けられた。







その人物とは………




あかりん「ゆきちゃんっ、ひっさしぶり☆こんな拘束くらい私にかかれば、ちょいちょいってねっ」


ゆき「あ、あっかりいーーーん!!!うああ、えええでもなんでここに???」


あかりん「ああ、私はここの出身ってのは知ってるよね!地元に用があって戻って見りゃ、この変わりようだよ………」


絵美「うち、初めて会うなあ……あかりんちゃん、よろしゅうなあ♪」


あかりん「うんっあなたが絵美ちゃんねっ!!よろ♪」


裏黒宇王「ふっ、感動の再会はもうすんだのか?

我を一瞬でも ないものと扱うとは、いい度胸だな。」


裏黒宇王「おまえたちでは……我にかなうはずもない。

ムミ!!!こいつらともう一体、あれであそんでやれ。フハハハハハ………」



と語りつつ空を舞い逃亡の準備をしかける、裏黒。






絵美「うちがあんたを逃がすわけないやろ………にぇにぇっ!!!!頼むわ!!」



にぇにぇ「ばかばか絵美にいわれなくても………






「円陣真空魔穴!!!!!!」







裏黒宇「ふふふふ、。こりゃあごちそうだな」両腕をおおきく広げ、内側にある腐食した口のようなもので食べだす裏黒。




裏黒宇「ばりばりっばりばりっ!!!!

ふ、いいものを馳走になったわ。」


それとそこの、ゆきという小娘。これはもともと、わしの尻尾だ………取り替えさせてもらったわ。」


あかりん「ば……ばけもの………ME5の私でさえ恐い………」



ゆき「なっ……うそでしょ……いつの間に……確かに尻尾がない;;」


裏黒宇「さて、お前たちの相手はまたの楽しみにとっておくか。では!!!!」


にぇにぇ「まつにぇにぇえ!!!!まだ攻撃は終わってないにぇにぇえ……」


絵美「なんてやつ……にぇにぇの攻撃、両腕にある、口みたいなとこで食べよったで……うちがいてながら……逃げよった………。今は目の前の敵なんとかせんと、」


ムミ「さあて……ふふ。。かわいいお友達を紹介しないとねっ・・・」






するとにぇにぇの束縛されてた避雷針の根元から、

ぼごぼご地面が隆起しだした。


シャーベット「なにか、きます!!みな気を付けて下さい;;」






?????「ぐぐぐぐぐぎゃあああああああ!!!!

ぴたっぴたっ。。」



あかりん「えっ………う、うそでしょ。。

一体どうやって、、」


無二「なっ………どこかでみたような、、」





にぇにぇ「信じられないにぇ………がくがく;」




絵美「これって……む、むかし図鑑で見たキマイラやないかっ!!!頭がライオン、へび、やぎ……そして……。


うそや……こんなことって・・・・」


なんともう一つの頭や手足はゆきそのものだった。


ゆき「あ………あたし!?そんな………、」


あかりん「何をしたらこうなるんや………みな、落ち着いて!!!」




ムミ「フハハハ、こいつは傑作ね。おっと餌の時間はまだだからなあ。どうする?」


絵美「くっ………無二!!!ムミの相手頼むわっ。ゆきとなら今は精神的によくないやろ……任せたっ!!」


無二「わっ、わかった!!絵美は、ゆきとキマイラの相手 なんとか耐えてっ!!!!」

実はこの時既に、裏黒宇の尻尾をとられたため………

無二の秘めゆる思いが徐々に暴発しかけていた。。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます