白の皇子は願う。 7


 部屋に戻って来た朱衣を待ち受けていたのは、すっかり最近では見慣れた、華札はなふだをしている三人の姿だった。

「おかえり、朱衣」

「ただいま。紅晶も来ていたのね」

「丁度手が空いたからね」

 まだ始めたばかりのようで、お金の代わりである紙の花は夜伽と紅晶の手元に二、三個あるだけだ。

 朝餉に行っただけのはずなのに、柳詩のこともあって、どっと疲れてしまった。

 いつもならすぐに書庫に向かうところを、観戦中の碧英の横に腰を下ろした。

 朱衣は自分の膝を抱えるようにして、夜伽と紅晶の戦局を見詰める。

「どうした?」

「ちょっと、疲れちゃったのかも」

 珍しく弱音を吐く朱衣の背を、碧英の大きな手が優しく撫でた。

「たまにはきょうに乗って、城下にでも遊びに行くか?」

 碧英の晴れた空を思わせる笑顔に、気疲れしていた朱衣の心は少し癒やされる。

「うん。それも、いいかもね」


 ここ数日の間、皇宮での穏やかな日常の陰で、不審な動きがあることに朱衣も気付いていた。


 白麗の部屋を訪れていた緑寧りょくねい

 白麗は体が弱かったのもあって、紅晶や碧英と違い動物を飼っていない。

 獣医生じゅういしである緑寧が訪れていたということは、何か別の理由があったからに違いないが、その理由が見当も付かない。


 それから、白麗がわざわざ春画の表紙に変えてまで持っていた呪符の書。

 恐らく春画と書いてあれば、朱衣が中身を見ないだろうという白麗の企みだったのだろう。

 確かに、何故白麗が春画を、と思いはしたが、中身を見ようとまでは露程も思わなかった。


 ――このままじゃ、時間の問題ね。

 

 一体朱衣の知り得ないところで何が起こっているのか。

 夜伽、紅晶、碧英の顔を見て、悩みを全て打ち明けてしまいたい気持ちが膨らむ。一人で抱えているよりも、その方が楽になれる気もする。

 ――でも、相談しようにも、まだ何か足りない気がして……。

 たまたま些末な『点』の問題が、目の前で重なって現れているだけなのかもしれない。

 このまま誰かに相談しても、ただの杞憂だったという可能性も捨てきれない。

 朱衣にくっつき回っている夜伽はともかく、忙しくしている紅晶達の手を煩わせる訳にはいかない。


「朱衣もやってみる?」

 不意に名前を呼ばれて顔を上げると、紅晶が片目を閉じて微笑んだ。

「え?」

「おいで。俺が手解きするから」

 紅晶に手招きされるまま、朱衣は紅晶の横に座り直した。

「でも、わたし華札をやったことがないのよ」

「大丈夫。朱衣なら記憶力もいいし、すぐに出来るようになるよ。おまけに、相手が碧英にならどんな素人でも勝てる」

「僕も教えるよ」

「紅晶兄皇子アニキ酷くね!?

 それにいくら何でも三対一は卑怯だろ」

「じゃあ、まずこれが――」

「話を聞けよっ!」

 全て気のせいだったんじゃないか、そう思わせるほど、今ここにある日常が心地好い。

 朱衣は夜伽と紅晶に挟まれながら、今は華札を楽しむことにした。



 五試合をしたところで、碧英が席を立った。

「じゃあ、俺はそろそろ仕事に行ってくる」

「え? 今から?」

 もう昼を過ぎて、夕刻に差し掛かろうとしている。

「これから祭りのことで、商人が話があるらしくてさ。じゃあ、また明日な」

 碧英は朱衣を抱き寄せると、身を屈めて額に口付けをした。

 朱衣は驚き身を竦めて、碧英を見上げる。

 碧英は歯を見せて笑うと、朱衣の頭をぽんっと叩いた。

「ほら、戯れてないで行ってらっしゃい」

「さっさと行け」

「はいはい、わかってるよ」

 碧英が扉を開ると、冷たい風が温まった空気を押し退けて部屋に入ってくる。


「碧英、行ってらっしゃい」


 そう声をかけると、扉を閉める瞬間、碧英は朱衣の方を振り返って笑った。

 



 碧英が朱衣の部屋を出たのと同じ時に、白麗の部屋から出てきた人物がいた。

 華奢で勉強熱心で、真っ直ぐな目をした少年。

菫凛きんりん!」

 菫凛は碧英の姿を見止めると、目を見開いた。

「どうしたんだ、白麗兄皇子、調子悪いのか?」

「ああ、いえ……」

 菫凛はいつになく歯切れ悪く、視線を彷徨わせて、顔色を白くしている。

「菫凛?」 

 次第に菫凛は体を震わせ、目に涙を浮かべて――碧英の腕にしがみついた。


「碧英様……っ!」


 今にも崩れ落ちてしまいそうな菫凛を支えてやると、兵士の目を気にしてその場から離れることにした。



 人目を避けて、中庭の四阿あずまやに菫凛を連れて行く。

「大丈夫か?」

 菫凛は途中から、碧英の肩を借りなければ歩けないほどだった。

「すみません」

 震えが止まらないのか、声は掠れている。

「話せるか?」

 菫凛は、二度、力無く頷いた。

 しかし、続く言葉は出てこず、浅い呼吸を繰り返している。

 仕方なく、碧英が話を先導することにした。

「菫凛、茜彗せいすいと一緒じゃないんだな。一人で白麗兄皇子のところに来たのか」

 菫凛が大きく頷く。

「もう一つ聞かせてくれ。菫凛、白麗兄皇子に毒を盛ったのはお前か」

 菫凛は目を大きく見開いて、碧英を見上げた。

 まだあどけない少年の柔らかな頬を、涙が滑り落ちて行く。

「碧英様、決して、決してわたくしではございません。どうか、信じて頂けませぬか」

 菫凛の涙ながらに訴える姿に、碧英は胸を締め付けられた。


「ああ、信じるよ。だから、教えてくれ。一体何があったのか」


 菫凛の背を撫でてやりながら、碧英は焦れて問い詰めてしまいそうな自分を宥める。

 菫凛は碧英が信じると言ってくれたことで、幾分落ち着いたのか、少しずつ口を開いた。

「もう、幾日前のことだったでしょうか。

 最近は、朝も夜も、白麗様のことが気になって、時間の流れがおかしく感じるのです。

 白麗様の侍従殿に、師の茜彗にも、誰にも何も話さずに来いと言われ、私は一人で白麗様のお部屋をお伺いしました」

 まだ、夜伽が白麗の部屋に居た頃のことだ。

 碧英は頷いて、先を促した。

「そこで、白麗様にある命を受けたのです」

 菫凛は唇を戦慄わななかせ、碧英の袖に縋った。


「毒を打ち消す薬を作れ、と――」





 




 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます