白の皇子は願う。 5


 朱衣が目を醒ますと、窓から柔らかな朝陽が射し込んで、隣で眠る夜伽を包んでいた。

 今は閉じられている、金の目を縁取っている長い睫毛が、朝陽に照らされて頬に影を落としている。

 水の流れのように寝台に広がる、夜伽の長くて鮮やかな夕陽色の髪。

 絵画のように美しい光景に、手を伸ばして触れようとしたところで、今更ながら部屋の明るさに気付いた。


 ――うそ、わたしこんなに寝ちゃったの!?


 すっかり太陽は上がって顔を出している。

 寝坊はするし、雨戸も閉め忘れているし……と頭を抱えて落ち込みそうになるものの、最近感じていた倦怠感がないことに気付いた。

 朱衣はすっきりとした気持ちのいい目覚めに、上体を起こしてから、腕を上げて思いっきり背中を伸ばしてみる。

 まだ、白麗は待っているだろうか。

 いっそ待たずにいてくれたほうが罪悪感はないのだけれど、白麗のことだから待っている可能性のほうが高い。

 いつもは朱衣より早く起きているはずの夜伽も、珍しく今日は眠っている。

 朱衣は夜伽を起こさないように、忍び足で寝台を抜け出て、朝の支度を始めた。



 やはり待っていてくれた白麗への挨拶を済ませて部屋へ戻ると、未だ夜伽が眠っていた。

 ――疲れているのかな?

 顔を覗き込むと、背中に手を添えられ体を倒された。夜伽の大きく肌蹴ている胸に抱かれる。

「……夜伽?」

「おはよう、朱衣」

「お、おはよう。ねえ、もしかして、さっきから起きてた?」

「ううん、起きたのは今だよ。朱衣の視線感じたから」

 夜伽は大きな欠伸をしながら、朱衣を抱き締めて離そうとしない。

「珍しいね、夜伽がこんな時間まで起きないなんて」

「僕も、こんなに寝たの久しぶりかもしれない。僕達の一族は元々あまり眠らないから」 

 僕達の一族、という言葉を聞いて、朱衣は昨夜のことを思い出した。

「ごめんね、夜伽。わたし、夜伽にお話してって言っておきながら寝ちゃった」

 夜伽は小さく笑って、朱衣の頭を撫でる。

 白麗の撫で方とは少し違い、夜伽はくしゃくしゃと撫でる。

 くすぐったいのに、もっと撫でて欲しくて、朱衣はされるがままにしていた。

 一方夜伽は朱衣の頭を撫でながら、お団子は左右で形が違ってしまっているのに気付いた。余程慌てて支度をしたのだろうか。

 一日くらい白麗への挨拶を休んだところで、誰も咎めたりしないだろうに。

 朱衣の真面目さに思わず笑みが零れる。

「いいよ。朱衣が望むならいつでも、何度でも聞かせてあげるから」

「……うん」

 そうして暫く微睡んでいると、勢いよく扉が開かれた。


「おはよう、朱衣と夜伽! ……って、なに朝からベタベタしてんだ!」


 碧英が足を踏み鳴らしながら入ってきて、夜伽から朱衣を引き剥がす。

 夜伽の舌打ちが部屋中に響く。

 ――兄弟喧嘩してるみたい。

 朱衣が笑っていると、碧英は眉根を寄せた。

「何が面白いんだよ」

「仲いいなぁって」

 夜伽と碧英は声を合わせて「良くない」と否定した。

「息ぴったりだね」

 朱衣がさらに口を押さえて笑う。

 夜伽と碧英は互いに顔を見合わせて、そっぽを向いた。

「それより朱衣。朝餉は行ったのか?」

「それが、まだ行ってないの。今日、寝坊しちゃって」

「朱衣が寝坊?」

「そう。びっくりしちゃった」

 碧英は物珍しそうに朱衣の顔を覗き込んだ。

「風邪とか引いてないよな」

「ただの寝坊だよ。きっと昨日碧英と夜伽に手伝って貰えたから、書庫の掃除を張り切りすぎて疲れちゃったんだと思うわ」

 碧英はまだ納得いっていないようだったけれど、「ふーん」ととりあえず引き下がった。

「夜伽、朝餉に行こうか」

 朱衣が籠を持って誘うと、夜伽は首を振った。

「僕は待っているよ」

「え?」

 夜伽が白麗の部屋から出て朱衣の部屋に来てからというもの、朝餉も夕餉も、お風呂さえ自分から付いてきた。待っている、と言ったのは初めてだ。

「そう? じゃあ、行ってくるね」

 寂しくないと言えば嘘になるけれど、夜伽にもなにか都合があるのかもしれない。

 朱衣は籠を仕舞うと、上衣をしっかりと羽織った。

「うん、気をつけてね」

 碧英の冷たい視線を感じながらも朱衣の頬に口付けると、部屋から送り出した。

「お前なぁ!」

「羨ましいからって僕に突っ掛かってくるなよ」

 碧英が夜伽の襟を掴み、獣のように鋭い眼光で睨む。碧英のほうが身長が高いので、見下ろされる形だ。

 夜伽が面倒くさそうに溜息を吐いたところで、


「人の部屋でなぁにしてんの」


 少し気の抜けた、穏やかな声が響いた。

 視線を向けると、扉に寄りかかるようにして、紅晶が笑いを堪えていた。

「なに笑ってるんだよ、紅晶兄皇子アニキ

「兄弟喧嘩を見ているみたいだなぁと思ってね」

「紅晶兄皇子まで!」

 夜伽は不機嫌になっていく碧英から、掴まれている襟を振り解く。

「……丁度よかった。お前が早く来てくれればいいと思っていたんだ、紅晶」

 夜伽の声色が静かで深いものへと変わると、二人の表情が怪訝そうに歪んだ。

「俺を?」


「そうだ。二人に話がある」


 今まで見たことのないような夜伽の真剣な表情に、紅晶も碧英も茶化すことなく耳を貸す。

「……とりあえず、座ろうか。長い話なんだろう?」

「ああ」

 三人は円を描くように座ると、夜伽は二人の顔を見比べて息を吸った。

 そして――


「朱衣が病に侵されている」


 そう告げると、二人の目が大きく見開かれた。

「嘘だろ、何言ってんだよ」

「碧英。……夜伽、本当なのか?」

 今にも掴みかかりそうな碧英を諌めて、紅晶が先を促す。

 夜伽も話し辛そうに、床の一点を見詰めながら口を開いた。

「ああ。僕には死のにおいが判る。その人物が死に直面しているときに感じるにおいだ」

「朱衣から、死のにおいがするってこと?」

 夜伽は一度、深く頷いた。

 その表情に、声に、微塵も偽りを感じない。

 それでも、紅晶も碧英もその事実を受け止められずにいる。

 受け止めたくない、と思っている。

「間違いである可能性は?」

「昨夜、確かめた。花弁のような赤い痣が胸にまで広がっている。恐らく背中や腰から、少しずつ広がってきたのだろう」

「それって……」

 紅晶と、碧英は息を呑んだ。


「朱夏先生と同じ、じゃないか」



 




 



 









  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます