白の皇子は願う。 4


 翌日は、清々しい晴天に恵まれた。

 朝の冷たい空気に、吐き出された白い息が冬の青空へ吸い込まれていく。

 部屋は隣にあって、距離は変わらないはずなのに、何故だか遠く感じる。 

 白麗の部屋の前の兵士に挨拶をして、扉を開けて貰う。


「おはよう、朱衣」


 いつものように拱手をして、白麗に挨拶をする。

「おはようございます」

 膝立ちの状態から見上げた顔は、少し疲れているように見えた。

「白麗……」

 思わず、敬語にすることも忘れて話しかける。

 幸い侍従達の耳には届いていなかったようで、白い目は向けられずに済んだ。

 朱衣は一呼吸して、心配でいっぱいになってしまった気持ちを落ち着けさせる。

「ん?」

「どこか、調子が悪いのではないですか?」

「そんなことはないよ」

 朱衣の手を取り、白麗が目を伏せて微笑む。

 すこし痩けた頬、目の下には薄らと浮かぶ隈。そして朱衣の手よりも冷たい手。

 最近白麗は朝こうして会う以外は、部屋にいることも少ない。一昨日は朱衣が寝る頃に帰ってきたようだし、昨日も朱衣が夕餉を終えた頃に帰ってきたようだった。

 白麗なりに、朱衣に会う時間を作ってくれているのかもしれない。

 そう思うと、寂しいとは言えないでいた。

「……お忙しい、ですか」

「もうすぐ祭典があるからね」

 現皇、紫恭しきょうの誕生祭が五日後に迫っている。

 昨日朱衣の部屋で華札をしていた紅晶と碧英も、いつもの職務だけでなくその準備をしていて忙しいと言っていた。第一皇子である白麗は輪を掛けて忙しいのかもしれない。

 皇子達が主体となって動かしているものなので、気安く休むようにも言えない。

 朱衣が浮かない顔をしていると、白麗は朱衣の頭を撫でた。

 昔から朱衣が落ち込んでいたりすると、白麗は頭を撫でてくれた。

「そう落ち込まないで。祭典が無事に終われば、いつもの日常に戻るよ」

「……そうね。でも、体を壊したら何にもならないわ」

「大丈夫。朱衣を置いて、どこかに行ったりしないよ。


 だから、今だけは辛抱していてね」

 白麗は朱衣の額に口付けると、以前自分が痕を残した首元を覗き込んだ。


「流石に消えちゃっているか。……お守りはまた今度、ね」


 朱衣にだけ聞こえるようにそう囁くと、白麗は侍従達を引き連れて部屋を後にした。

 朱衣は首筋に触れて、白麗のお守りについて思い出して――。


「朱衣殿、昨日白麗様が読み終わった本でございます。書庫へお願いできますか」


「え? あ、はい!」

 侍従に渡された古い書物の表紙を見て、朱衣は目を丸くした。

 ――え……しゅ、春画?

 思わず受け取った表紙を裏返して、見えないように胸に抱える。

 朱衣は侍従に大きく頭を下げて挨拶をすると、急いで自分の部屋へと駆け戻った。

 何故、白麗が春画を?

 持っていたのが紅晶であれば、ここまで動揺せずに居ただろう。 

 朱衣は混乱して慌てていたせいか、部屋の入り口の溝で躓いた。体が前へと転びそうになる。

「朱衣っ」

 気付いた夜伽が朱衣の体を受け止めてくれたものの、書物は宙を舞って、床に開いて落ちた。

「ありがとう、夜伽。……って、ああ!」

 もしかしたら貴重な品だったかもしれないと思い、夜伽の腕をすり抜けて書物に手を伸ばす。


「え……?」


 表紙には確かに春画と書かれていたはずだったけれど、開かれた頁には色気のあるようなものは描かれていない。

 朱衣は手に取って、まじまじと覗き込んだ。

 頁一面に、図と説明が書き込まれている。

「朱衣?」

 夜伽も朱衣越しに覗き込み――目を見開いた。

「ねぇ、夜伽。これって……」

「呪符の書かれた書、だね」

 朱衣は閉じ込められていた部屋に貼られていたことを思い出す。

「なんで、白麗が」

 何故、白麗が呪符の書を持っていたのか。

 そして、わざわざ表紙を変えてまで、隠そうとしていた理由が気になる。

 しかし、朱衣はそれ以上深く考えられずにいた。

 考えているはずが、頭がぼんやりしてきて――。


「朱衣? 朱衣、どうかした?」


 夜伽に肩を揺さ振られて、朱衣は意識を取り戻した。

「あ、ううん。考え事しちゃってた」

「……そう?」

 夜伽は朱衣の顔を覗き込み、額に手を当てる。

 白麗と違って、温かい手だった。

「熱はないね」

「大丈夫よ、元気元気」

 朱衣は両手で握り拳を作り、掲げると、笑顔を見せた。

「さて、朝餉に行ってこようかな」

「僕も行くよ」

 夜伽は返事をするなり鳥の姿に変化すると、籠に収まった。

 素早い行動に、思わず笑ってしまう。

 呪符の書は、書庫に仕舞う前にもう一度中身を確認しようと、小さい箪笥の引き出しに仕舞った。

「お待たせ。行こっか」

 夜伽の入った籠に布を掛けて、腕に通した。

 


 朝餉を終えて、部屋に戻ってくると碧英が胡坐をかいて寛いで居た。

「おかえり、朱衣」

「あら、碧英。今日は早いのね」

 まだ、日も天頂に達していない。

 ここのところは昼餉を終えてから紅晶と来るのに、一人で居るのも珍しい。

「一応言っておくけど、サボってはないからな。今日のやることは全部終わったんだ」

「そうなのね」

 疑ってはないけれど、早く来た弁明をしたいらしい。朱衣は小さく笑った。

「今日は書庫のこと、手伝うよ」

「助かるわ。丁度掃除をしようと思っていたの」

 籠をそっと下ろしてあげると、夜伽が勢いよく飛び出て人の姿を模った。

 そして、朱衣と碧英の間に割って入る。

「朱衣、碧英じゃ頼りないから僕も手伝う」

「あぁ?」

 二人の視線が火花を散らして、一触即発といったところで、朱衣が二人の手を引いた。

「ほらほら、お仕事しますよ」

 二人は大人しく朱衣に手を引かれて書庫へと足を踏み入れた。

 夜伽は朱衣に指示されて書物を移動させながら、彼女の様子を観察した。

 時折朱衣は目を虚ろにしている。


 そして、微かに感じるにおいに唇を噛み締めた。








  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます