白の皇子は願う。 3

「朱衣、ご飯も行く?」

「そうね。そろそろ食堂も空いてきたかな」

「うん、行こう」

 夜伽の声が僅かに弾んでいる気がする。

 ずっと白麗か朱衣の部屋に居たから、他の場所を巡るのが楽しいのかもしれない。

 朱衣も夜伽と行動出来るのは楽しいと思っていた。

 皇子達が皇宮内を歩けば、他の者達に気を遣わせてしまうが、その点夜伽は身を隠せるので安心だ。

 本当は人の姿のときに歩かせてあげたいけれど、夜伽は特別目を引く存在だ。

 妖が皇宮内を闊歩してるとなれば、皇や皇子達にも迷惑がかかってしまうかもしれない。


 ――いつか、皇宮の外に連れて行ってあげたいな。


 そして自分も、久しぶりに皇宮の外を歩いてみたい。

 


 食堂は案の定空いてきていて、朱衣がよく利用する奥の席が空いていた。

 先に、座ろうと思っている奥の席に、夜伽の入っている籠を壁側へと置く。

「ちょっと待っててね。……今日は何にしようかなぁ」

 朱衣は魚の煮付けをおかずに選んで、女中から受け取ると、夜伽に陣取って貰っている奥の席に座った。

 今日の朱衣の夕餉は、ご飯、味噌汁、魚の煮付けとあっさりしたものだ。

 背もたれも特にない普通の長椅子なので、座り心地はあまりよくない。ただ、夜伽を連れ歩くようになってから、籠を置いてもあまりとやかく言われないのはいいところだ。

 六人がけの大きなつくえが三列に十六台、並ぶ広い空間だけれど、時間が重なってしまうと席が空いてないこともある。

 ここを使っているのは寮に住んでいる者だけではない。皇宮で食べてから帰るという人もいるので、夕餉の時刻もよく混み合っている。

 籠の布を避けてあげると、夜伽が首を上げた。

 鮮やかな金の瞳が煌めく。

「夜伽はお魚とか食べられるの?」

「基本的には何でも食べるよ」

「少し食べてみる?」

 味付けされた白身魚の身を箸で崩して、夜伽の嘴のところへ運んでみる。

 夜伽は大きく口を明けて、朱衣から貰った魚を啄んだ。

「好き嫌いはあるの?」

「好みはあるよ。でも、そもそも人と違って食べ物から栄養を摂っている訳じゃないから、あまり頓着はしていないかな」

「そうなのね」

「朱衣は? 好き嫌いあるの?」

 朱衣はぎこちなく首を動かして、白米を口に含んだ。

 そして咀嚼をして、ごくりと飲み込む。

 あるんだな、と夜伽が推察していると、朱衣は恥ずかしそうに小さく呟いた。

「……お茄子が、嫌い」

「へぇ」

 まるで幼子のように言うものだから、夜伽は気付かれないよう小さく笑った。

「内緒だからね?」

 口許に人差し指を当てて、朱衣は夜伽に念押しする。

 夜伽は力強く頷いた。

「うん、僕と朱衣の秘密だ」

「お願いね。白麗達も知らないんだから。

 はい、あーん」

 今まで一人でひっそりと食べていたのもあって、夜伽と一緒に食べるご飯は朱衣の楽しみになっていた。

 二人でゆっくりとご飯を平らげると、部屋へと戻ることにした。


 白麗の部屋の前を通り過ぎるときに、部屋から薄らと明かりが漏れ出ていることに気付いた。

「まだ、お仕事してるのかな」

「……白麗のこと、心配?」

「そう、だね」

 朱衣は自分の部屋に入ると、夜伽の入った籠を床に下ろして、布を外してあげた。

 夜伽は籠から飛び出ると、衣を脱ぐかのように人の形へと変化する。夕陽の色の髪が流れて、金銀を散りばめた毛先が煌めく。

 何度見ても見慣れない光景だ。人と鳥の形は似ても似つかないのに、夜伽はいとも容易く変化へんげしてしまう。

 じっと見ていると、気付いた夜伽がはにかんだので、朱衣は頬を染めて視線を逸した。


 朱衣が明かりを点している間に夜伽は火鉢に火を入れた。水を入れた薬缶を火鉢の上にかけて、お湯が出来るのを待つ。

 まだ寒い部屋の中で、朱衣は夜伽と寄り添って暖を取ることにした。

 上衣は十分着込んでいるけれど、今夜はよく冷える。

 夜伽は相変わらず薄い異国の着物を着ているけれど、本人は寒くないと断言していたのでそのままだ。


 朱衣は部屋を明るく染める燭台の炎を見詰めながら、白麗を思い出していた。

「白麗とわたしって似てると思うの」

「どこが?」

 夜伽が心底嫌そうに顔を歪める。

「似てるんだよ。きっとね、心の深いところが。

 だから、放って置けないの」

「……朱衣は、あんな屑じゃない」

「もう。夜伽はどうして白麗のことをそんなに嫌ってるのかな」

 夜伽は理由を口にしようと、口を開くものの、少し考えてから口を閉ざしてしまった。

 何か二人の間にあったのかもしれない。

「でも、そうね。夜伽と白麗も似ているかも」

「ん?」

「ううん、なんでもない。お湯沸いたみたいだからお茶にしようか」

 朱衣は問い詰めるつもりもなかったので、適当に話を濁すことにした。

「うん」


 夜伽が来てからはもう一月ひとつき経つだろうか。そして白麗の部屋を追い出されてから、もう一週間を過ぎようとしている。

 肝心の白麗が何も語ってくれないので、詳しい事情は誰も知らない。

 今までも白麗が独断で決めてしまうことは多々あったけれど、ここまで背景が読み取れないことは初めてだった。

 夜伽が傍に居ることは不思議と苦ではない。

 むしろ、長く一緒に時を過ごした皇子達と居る時と変わらないくらい、心安らかに過ごしていると言ってもいいくらいだ。

 唯一違うとすれば、夜伽の『食事』くらいだろうか。


「朱衣」


 朱衣を包むように背中から抱き締めて、夜伽が頬を擦り寄せてくる。

 夜伽の甘くて熱い声が、耳朶を刺激する。

 名前を呼ばれるだけで、体の内が痺れてくる。

 朱衣は深く息を吐き出して、頷いた。


 夜伽はそれ以上踏み込んでこないため、朱衣も『食事』を赦していた。

 他の誰にも話していない。話せそうにない。

 朱衣と夜伽だけの秘密だ。

 二人の間に雪のように積もっていく秘密。

 朱衣は甘い目眩の中で、緑寧の言っていたことを思い出して自嘲した。


 こうなることを、心のどこかで望んでいたのかもしれない。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます