第四夜 嫉妬


 夕餉から帰ってきた白麗は、侍従、兵士すらも部屋から追い出し、僕と二人きりになった。

 広い部屋の中。お互い離れた所に居座り、じっと相手の様子を窺う。

 燭台から漏れる火の揺らめく光が、白麗の美しい顔の半分を妖しく照らしている。

 そして白麗から伸びた影が、大きく部屋の壁を埋めて、僕を今にも飲み込もうとしているかのようだった。

 心地好い雰囲気とは、口が避けても言えない。


「……僕と二人になりたいなんて、一体どういった心境?」


 居た堪れなくなって、おちゃらけてそう訊ねると、白麗は表情を変えずにぽつりと呟いた。

「いい加減お前を解放してやろうと思ってね」

 あれだけ頑なに、僕を槍の檻に押し込めていた人物の言葉とは思えない一言だった。

 突然の申し出に拍子抜けして、眉を顰めていると、白麗は喉の奥で嗤った。

「解放って、この部屋から?」

「そうだ。その狭い筵の上も飽きただろう。それに、夜な夜な変な術を使って出て行っていたことはわかっていた」

「……なんだ、気付いていたのか」

 白麗が何かを企んでいるのはすぐに察した。

 けれど、この男がすぐに心の内を吐き出すような男ではないのは、この短い期間でもわかっている。

「この状況から解放してくれるのは有難いけれど、君は信用が出来ないんだよ。第一皇子、白麗」

 いつも微笑みの裏に何かを隠していて、他の皇子達とは違って人らしさを感じさせない。


 そして、漂ってくる死のにおい。


「僕の術に気付いたのは、君がの世界へ足を踏み入れているからだろう。

 いい加減その薄っぺらい笑顔を止めて、何を企んでいるか話したらどうなんだ」

「話したところでお前にはわからないだろうよ。

 しがらみもなにもない、自由なバケモノなんかに」

 言うなり、白麗は手を打って、侍従たちを部屋に呼び戻した。

 強制的に、話はそこまでだ、と切り離されてしまった。

 槍の檻から開放された僕は、堂々と筵の枠を抜け出て朱衣の元へと向かった。



 部屋を一歩出ると、冷気に包まれる。

 見上げると、吸い込まれそうなほど真っ黒な空から、白い雪が降り注いできた。

 軒の下から手を伸ばすと、指先に触れて、夜伽の熱で溶けていく。


 朱衣が女中に因って幽閉されていた時のことを思い出していた。

 いつまでも戻ってこない朱衣。

 やっと気配がしたと思って、急いで飛んでいくと、彼女は紅晶の腕の中に居た。

 力なく、寒さに肩を震わせている朱衣を見て、目の前が赤く染まった。


 あそこまで理性を失ったことは、生まれてから初めてかもしれない。


 紅晶は丸腰ではなかった。戦うことは出来たはずだ。

 それでも、彼は僕と応戦することよりも朱衣を守る方を選んだ。

 しかも妖である僕のことを信じて、戦わないというやり方で。

 紅晶の澄んだ目を見て、意図が読めた瞬間、殺意は霧が晴れたのように無くなって、ただ虚しさが残った。

 きっと、戦っていても、僕は勝てなかっただろう。




 朱衣の部屋の扉を手の甲で叩く。返事はすぐに返ってきた。

「はい」

 扉を少し開けて覗き込むと、鏡台の前で下ろした髪を整えていた朱衣が首を傾げた。

「どうしたの、夜伽」

 いつもなら、勝手に部屋に入ってくるのに。

 そう言いたそうな目をしている。

 部屋へと踏み入れると、外の冷気から人の居る部屋の温もりに包まれて、強張っていた体が解れた。

 僕は座る朱衣の前に跪くと、彼女の手を取り、その甲に額を付けた。

 碧英も、紅晶も、静かな水面のようだった朱衣の心に、次々と波紋を残していく。

 それが羨ましくて、憎らしくて、堪らない。


「夜伽?」


 朱衣は、いつになったら僕のつがいになってくれるだろうか。

 番に選んでくれるだろうか。

 焦れても仕方のないことだけど、僕と違って人間である朱衣の時間は長くない。

 僕を見下ろしている朱衣の目を見詰め返す。

「朱衣」

「うん?」

「……ううん、今夜もちょうだい?」

 朱衣は頬を赤らめて、視線を逸らしながらも小さく頷いた。

 僕は立ち膝になると、柔らかな頬に口付ける。

 そしてそのまま、体を抱き寄せて、朱衣の右の髪を耳に掛けて除けた。

 隠れていた白い首筋が露になると、以前白麗が付けていた口付けの痕を思い出して、また嫉妬心が沸き上がる。

 僕は朱衣の耳に軽く口付けると、耳の縁を舌先でなぞった。

「や……夜伽っ」

「うん?」

 朱衣はびくりと大きく反応して、僕の腕から逃れようとする。

 さっきまで頬だけだったのが、今では耳まで赤く染めて、僕の舐めた耳を押さえて目の縁に涙を浮かべている。

 その表情が加虐心を煽って、僕の心臓がどくりと音を立てる。


 ――ねぇ、朱衣。その表情がどれだけ僕を煽るかわかる?


「朱衣」

「や、だ」

 大きな目から、涙が頬を滑り落ちていく。

「……うん、ごめんね。ヤキモチ妬いてたんだ」

「やきもち?」

「そう」

 朱衣を抱き上げて、寝台へと運ぶ。先に腰を下ろすと、膝の上に彼女を乗せて、後ろから抱き締めた。

「朱衣が他のヤツに触られるのが嫌だ。朱衣が誰かと笑ったり話しているのも嫌だ」

「夜伽……」

「こんな風に、誰かを強く想うことなんて初めてだ」

 寝衣をずらすと朱衣の薄い肩口に顔を埋めて、口付けた。

 そこから『甘露』を啜る。

 朱衣は一度甘い吐息を漏らしたあと、唇を噛み締めて耐えていた。



「ねぇ、朱衣。もし白麗が、よからぬことを考えていたらどうする?」

 

 

 朱衣は甘く霞んだ意識の中で、首を傾げた。

 思考が回っていないのだろう。今にも溶けそうな、とろんとした目が可愛らしい。

「……ううん、いいんだ。今は僕のことだけ見ていて」



 君が傷付かないように、きっと僕が守るから。





 

 続






 

 



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます