紅の皇子は祈る。 8


 柑惺かんせいの後ろに鴎茶おうさ、紅晶と続いて歩く。

 食堂から北西の方へと進んでいくと、未婚の女中達の住まう二階建ての寮があった。

 家庭を持たない女中、侍女達にはそれぞれに部屋が与えられて、住むことを赦されている。

 北東には、同じような造りで侍従や兵士達、男性が住んでいる寮がある。

 あちこちからかしましい声が聞こえてくる。仕事を終えた者たちが集まって楽しんでいるのだろう。


 ――確かに、ここは盲点だったな。


 白麗たちも、ここは未だ探していないことだろう。この顛末を聞いたらどんな表情をするだろうか。

「こちらです」

 一階の中程、柑惺の示した先に、扉に御札が貼られている部屋があった。

「これは……」

「魔除けの呪符でございますなぁ」

 鴎茶が立派な髭を撫でながら答えた。

「魔除け?」

 なるほど、夜伽は妖だ。この呪符のせいで、朱衣の気配を探れないようになっていたのだろう。

 夜伽のことを知っている人物、ということだろうか。

 一つ一つ答えを知るほどに、もっと早く朱衣を見つけ出してあげられただろうに、と落胆しそうになる。

「恐らく以前住んでいらっしゃった方の物でございます。今はこの部屋には誰も使っていません」

 柑惺が持っていた鍵で扉を開けると、人の使っていない、寂れた部屋特有のほこりと黴の臭いがした。

 壁の至るところに、扉に貼られていたものと同じ呪符が貼られている。

 六畳ある部屋の隅で、朱衣は体を丸めて眠っていた。

「朱衣!」

 紅晶が急いで朱衣の体を抱き起こすと、薄らと目蓋が開かれた。

「こう……しょう……?」

 月明かりだけで照らされた部屋の中。空気は冷たく、朱衣の体もすっかり冷え切ってしまっている。

 自分の過ちのせいだ。

 上衣を脱いで、朱衣の体を包んでやる。血の気を失った青白い肌、菫色に染まった唇。

 紅晶の瞳から落ちてきた涙が、雨のようにして朱衣に降り注ぐ。


「ごめん、朱衣。……ごめん」


 紅晶は嗚咽を堪えながら、朱衣に何度も謝罪の言葉を囁く。

 喉の奥から搾り出すような声が、その苦しさを如実に感じさせた。

 朱衣の冷たい指先が、紅晶の涙の痕を伝っていく。

「紅晶、わたしは大丈夫よ。だから、泣かないで」

 朱衣の細く途切れ途切れの声を聞きながら、紅晶は小柄な体を抱き締めた。

 生きていてよかった。こうしてまた会えてよかった。

 涙が次々と流れ、紅晶は人目を憚らずにしゃくり上げた。

「……本当に、申し訳ございませんでした」

 背後で、柑惺が叩頭しているのを横目で見た。

 紅晶が彼女を傷付けたことと、朱衣を巻き込んだのは別の問題で、柑惺のしたことは到底許せるものではない。

「追って沙汰をう。鴎茶殿、済まぬが医生いしゃを朱衣の部屋へ呼んで貰えないか」

「へい」

 鴎茶が出て行ったのを見て、紅晶も朱衣を抱き上げた。

 そして、揺らさないように慎重に足を運びながら、叩頭している柑惺の横を抜けて部屋を一歩踏み出た。


 部屋を出て間もなく、朱い大きな鳥が眼前を飛んできて、紅晶は蹈鞴を踏んだ。朱衣をしっかりと抱えて、避けようと身を屈めると、頭上で羽ばたく音がして遠ざかる。

 紅晶は恐る恐る振り向いた。


「朱衣!」


 勢い余って二部屋先で滑り降りた夜伽は、人の形に戻るなり、体を翻して、紅晶の腕にいる朱衣を奪おうとする。

「夜伽っ」

「……返せ」

 声は地を這うように低く、夜伽の表情は餓えた獣のようで、紅晶の背を震わせた。

 けれど、今この腕の中にいる瀕死の朱衣を渡す訳にはいかない。

 紅晶は丹田に力を入れて、朱衣の顔を見た。

 青白く、紅晶に力なく寄りかかる朱衣。

 急がなくてはならない。


「朱衣は渡さない」


 はっきりそう言い放つと、夜伽の表情は増々険しくなった。

 夜伽の奥歯が耳障りな音を立てる。

 黄金の目が月が照らす薄明かりの中で、炯々けいけいと輝き、朱の髪が炎のように揺らめいている。

 紅晶は、寺院に置かれていた阿修羅の像を思い出した。鎧を纏い、憤怒の表情で凛と立つ立像。

 一緒に華札をしていた夜伽の姿はそこにはない。

 殺される、とさえ思った。


「僕のつがいを返せ……!」


 夜伽は大きく一歩踏み込んで来た。

 右腕を引いていて、鋭い爪が煌くのが見える。

 紅晶は、朱衣に被害が及ばないように祈りながら背筋を正した。

 

 もう自分を犠牲にして、朱衣を守ろうとしようとは思わない。

 同じ過ちはしたくない。

 そして、夜伽に自分と同じように朱衣を想う気持ちがあるのなら、思いとどまってくれると信じて――相対あいたいした。

 夜伽が近付く。互いの顔が、瞳に映る。

 夜伽の刃物のような鋭利な爪は、紅晶の喉を切り裂く寸前で動きを止めた。

 黄金の瞳に、僅かに動揺が見える。


「このままじゃ朱衣が本当に死んでしまう。頼む、夜伽。道を開けてくれ」


 朱の長い髪に覆われて、夜伽の表情は読み取れない。

 けれど、是ということなのだろう。

 紅晶は夜伽の横を抜けて、朱衣の部屋へ急ぐ。

 後ろを追いかけてくる気配があった。




 朱衣の部屋に着くと、先回りしていた鴎茶と医生の茜彗せいすい、弟子の菫凛きんりんが部屋で待機していた。

 朱衣は寒いのか、紅晶の腕の中でしきりに体を震わせている。

「こちらへ」

 優しく寝台に寝かせると、真っ先に夜伽が眠る朱衣の顔を覗き込んだ。白麗と碧英は、邪魔にならないように遠目に見守っている。

「朱衣……」

 いつも果実のように赤みの差した頬は青白く、唇は紫に染まっている。呼吸は浅くて荒い。

「朱衣殿、こちらをゆっくり飲めますか」

 菫凛が朱衣の背を支えて、茜彗が温かい薬湯を入れた椀を朱衣の口許に運ぶ。とろみがあるせいで飲みにくそうであるが、朱衣は少しずつ口に含んでいった。

 それから、菫凜が動物の胃袋で作られた水袋にお湯を入れたものを、朱衣の身体に触れないように、周りへ置いていく。

 椀の薬湯を飲み終わって、朱衣の身体を横たえると、茜彗が布団を掛けてやった。

 皇子達が寝台の周りへと集まると、茜彗は菫凜と共に部屋の隅で薬を調合し始めた。

 擂粉木すりこぎ擂鉢すりばちを擦る音だけが、静寂の中で響く。

 しばらくして、茜彗は菫凜の手を借りて重い腰を上げた。

「あとは、ゆっくり休めば大丈夫でございましょう。一応、菫凜を置いていきますから、皆々様ご心配なさらず」

 茜彗は穏やかに笑うと、部屋を出て行った。

 間もなくして、朱衣の寝息が聞こえてきて、寝台を囲んでいた面々はほっと息を吐いた。

 体温が上がってきたのか、少しずつ元々の朱衣の肌色に戻ってきている。


「よかった」

 最初に声を漏らしたのは碧英だった。

 それぞれ緊張が解けて、安堵の表情が浮かぶ。

 そんな中、一人険しい表情のままの人物が居た。

「……犯人は」

 白麗の冷たい声が、弛んだ空気に緊張感を落とす。

 白麗に委ねてしまえば、柑惺は重い罪に処されることになるだろう。

「白麗兄皇子にいさん。この件の処罰は、俺に任せて頂けないか」

「……紅晶。犯人は朱衣の命を奪おうとしていたんだぞ」

「それはないと思われます」

「何故そう言い切れる」


睡茶すいちゃ


 紅晶はつくえに置かれていた甘い香りの茶を思い出す。

 そして白麗に向かって深々と頭を下げた。


「お願い致します。全ての責任は俺が取ります」


 白麗は一つ溜息を溢して、「紅晶に任す」と告げた。

 そのまま五人は朱衣の様子を見守りながら朝を迎え、朱衣が目覚めるのを、ただ静かに待ち続けた。










  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます