紅の皇子は祈る。 6

 夢を見ていた。

 ――幼い頃、かくれんぼをした夢。



 三人の兄弟の中で、朱衣に一番初めに心を開いたのは碧英だった。

 朱衣にべったりくっつき回って、まるで姉と弟のようだと傍目に思っていた。


 同時に羨ましい、とも。


 俺には、人に言えない心の闇があった。

 小さな頃から、母親の出自のことで偏見があったし、白麗兄皇子にいさんと比べられることに劣等感を抱いていた。

 いくら努力しても、白麗兄皇子の背中は見えない。

 生まれ持った天才には追い付くことも出来ないのか、と半ば皇位など諦めていた。

 その頃皇になりたかったのは、母親の為だった。

 皇の妃という存在でありながら、皇宮内では母親を見下す人が多かった。

 俺は、自分が皇になれば、そうした皇宮内で囀る奴ら一掃出来るようになるだろう、と考えていた。

 現実は、そう甘くなかったけれど……。

 白麗兄皇子に追いつけなくても、優秀な皇子という立ち位置は維持していなければいけない。

 そうした圧力を、内からも外からも感じていた。

 そうした俺や白麗兄皇子と反対に、碧英は皇位に興味は無さそうだし、朱衣は朱夏先生の元でのびのびと育ってきたのだろう。

 純粋で、真っ直ぐで……それを許されていて。

 二人を見ていると、嫉妬で思考が埋め尽くされてしまう。眩しくて、切なくなって、同じようになれない自分が悲しい。

 俺は二人を視界に映さないように目を背けるようになっていた。

 


 朱衣の父親である朱夏先生は、随分変わった人だった。

 勉強の合間、休み時間になると、よく庭に転がっている石を見つけては、次の授業で俺達四人に見せびらかしていた。

 朱衣と碧英は面白がっていたけれど、俺にはただの石にしか見えなかったし、白麗兄皇子はもう石で喜ぶ年齢ではないから、と冷めていた。

 その日も外で授業をして、庭から廊下へと上がり休んでいたところだ。

「見てごらん、紅晶。素晴らしい形の石があったよ」

 朱夏先生が差し出した石は穴がぼこぼこに空いていて、歪な楕円形をしている。お世辞にも綺麗とは言い難い。それどころか、薄気味悪い石ころだ。

「そうですか」

 興味のなかった俺は、周りの大人にするみたいに、笑顔を作って見せた。

 すると、お世辞と勘付いた先生が眉尻を下げて笑った。

「紅晶は興味がないかい?」

「……正直申しますと、石は石でしょう。特別綺麗な訳でもないし、そこらじゅうにたくさんあるものではないですか」

 朱夏先生は拾い上げた石を色々な角度で見詰めながら、俺の答えに楽しげに微笑んだ。

「そうか。そこらじゅうにね。

 じゃあ紅晶、あそこにいる兵士の名前は知っているかい?」

 先生が指した先には、傷だらけの鎧を着た老兵が居る。

 たっぷりと蓄えられた白い髭、長くて、黒と白の入り交じった眉毛から覗く瞳は、高齢になっても未だに炎を燃やしている。

 皇宮内でよく見かける兵士だ。でも、記憶にない。

「……いえ、知りません」

「それは、君の中で兵士という肩書き以上に彼に興味がないからだろう。

 彼は鴎茶おうささん。先代皇の頃から仕えていらっしゃるよ」

「鴎茶……」

 名前を聞いてから、急に鴎茶という人物の輪郭がくっきりと浮かび上がる。

「どうだい、紅晶。名前を聞くと、彼が兵士という一括りではなくなっただろう」

 してやったり、と言わんばかりに朱夏先生が笑う。

 時折、朱夏先生は子供よりも子供らしいことをする。

「……それと石になんの因果関係があるんですか」

「そうだねぇ。例えば、この石を庭に放ったとする」

 朱夏先生が石を庭へと放り投げる。

 石はあっという間に転がって、他のものと見分けがつかなくなった。

 それから朱夏先生は庭へ降りると、すぐに自分の放った石を拾ってきた。

 俺でさえ見失ってしまったのに、俺より目の悪い朱夏先生にわかる訳ない。


「何故、すぐに見つけられたと思う?」


 ――何故、だろう。

「なにか、しるしでも付けたとか」

 俺は朱夏先生の手から石を借りて、転がして見て首を傾げた。

 最初の印象のまま、ぼこぼこと穴が空いていて、気味悪いと思ったくらいで、この庭にある他の石から特別差別化できるような特徴はない。

 こんな石、庭にはごろごろ転がっている。

 けれど、投げた石で間違っていないのだろうと思った。

 朱夏先生は嘘をついたり、誤魔化したりする人ではないと、俺は信じていた。


「紅晶の答えは半分正解なんだ。答えはね、私がこの石を『宝物』だって思っているから。

 『宝物』って特別な印を与えたことで、この石は石という枠組みから抜け出したんだよ」

「枠組みを抜け出す?」

「そう。例えば、君は数多あまたにいる『人』の枠の中から、白麗、碧英、朱衣、私を抜き出している。

 だから、人々に紛れ込んでも紅晶は私達を見つけられるんだ。

 鴎茶さんのこともそう。名前が解ることで、その他大勢の『兵士』という枠から、鴎茶さんが抜き出される」

「石もそうってこと?」

「そう。庭に転がる石から、私の『宝物』の石になったってことだね」


 朱夏先生は不思議なことをよく教えてくれた。

 その時はわかったような、わからないような曖昧な感じだったけれど、今では朱夏先生の話は正しかったと思う。

 まるで、これから俺に降りかかる災難を知っていたかのように。


「紅晶。君は聡いから、反対の方法もわかるだろう」

「反対の、方法?」

「そう。いいかい? 君を守ってくれる家族や兵、侍従はたくさんいる。私も守りたいと思っている一人だ。

 でもね、心だけは自分にしか守れない」


 朱夏先生が、俺の手を大事そうに包む。

 そんな父親のような仕草が、なんだかくすぐったかった。


「全て人の認識だからね。枠から外すことが出来るように、枠に戻すことも出来るんだよ」

「それって――」

 朱夏先生と話していると、バタバタと騒々しい足音が近付いてきた。

「先生! 朱衣がぁっ!」

 駆けて来た碧英は次々溢れる涙を拭き、しゃくりながら、「朱衣が……」としきりに朱衣の名前を繰り返している。

 朱夏先生は一瞬顔を強張らせたけれど、碧英の前にしゃがみこんで、顔を覗き込んだ。

「どうした、碧英。ゆっくりでいいから、話してごらん」

「俺、俺……」

 碧英は混乱していて、話が一向に前に進まない。

 俺でもじれったいと思うのに、朱夏先生は湧き上がってくる不安を押し殺して、根気強く、優しく、碧英の言葉を待っている。

「俺、朱衣とかくれんぼしてて……朱衣、いなくなっちゃって」

「え?」

「どこら辺でしていたの?」

 碧英の話を聞きながら、碧英の後ろを、俺と朱夏先生が朱衣の名を呼びながら走り回る。

「おかしいなぁ」

 子供の歩き回るであろう範囲を探し回っても、朱衣の返事ひとつない。穏やかな笑顔の朱夏先生にも焦りの色が見えてきた。

 皇宮は広く、闇雲に探しても仕方がない。

 どこか、朱衣が行きそうなところ。

 

「もしかして――」


 俺は来た道を引き返す。

 そして、探していた教室周辺と反対側にある、白麗の部屋に駆け込む。

 その日、白麗兄皇子にいさんは体調を崩して授業を休んでいたから、部屋に居るはずだ。


「白麗兄皇子、朱衣を見なかった?」


 一生懸命探し回っていた朱衣は、白麗兄皇子の寝台に寄りかかって眠っていた。

 白麗兄皇子は、口許に人差し指を当てて、俺に静かにするように促した。

 追いついてきた朱夏先生が目を丸くして、そして安堵に弛んだ笑顔を見せた。いつもと違う、父親の表情だったと思う。


 きっと、朱衣は、白麗兄皇子の様子を観に来たのだろう。

 昔から、心根の優しい子だったから。

 見付かった安堵感に、こっちは必死に探していたんだぞ、と小言一つ言えなかった。




「――紅晶兄皇子アニキ!」


 目を開けると、図体ばっかりでかくなった碧英が泣きそうな顔で覗き込んでいた。










  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます