第三夜 洞穴。


 二人で火を囲みながら、碧英に気付かれないように少しずつ少しずつ術をかけていた。

 碧英は最後まで睡魔に抵抗して起きていたけれど、やっと効いたのか、壁によりかかったままで眠ってくれた。素直に早く寝てくれればいいものを、と肩の凝りをほぐすために首を横に倒す。

 碧英が襲い掛かってくる眠気に耐えようとしていた証に、深く眉根を寄せているのが見える。

 そういう気丈さは第一皇子、白麗によく似ているように思う。


 僕は朱衣の横に座り直すと、柔らかな頬に口付けようと覆いかぶさった――ところで、彼女の大きな目が開いた。

 その瞬間、胸が音を立てて跳ねた。

 悪戯いたずらが見つかった子供のような小さな罪悪感と、嫌われるのではないかという恐れ。

 自分の金の瞳が映り込むほど間近に朱衣がいるせいだ。


「夜伽……?」


 名前を呼ばれただけで、胸が締め付けられる。

 欲望のまま、君をどうにかしてしまいたくなる。


「朱衣」


 朱衣は頬を染めると、掌で壁を作った。

「ち、近いよ」

「少しだけ、君の甘露を分けて欲しい。朝から腹が空いて仕方がないんだ」

「……甘露って?」

「君の『精気』は特別なんだ。何よりも甘く、何よりも心が満たされる稀な『精気』。

 僕も百年を生きてきたけれど、君ともう一人しか知らない」

 朱衣は眉尻を下げて、悩んでいる。

 僕は腹を擦り、腹が空いていることを訴えると、朱衣は「それって、痛くない?」と聞いてきた。



 なんとか朱衣に甘露を分けて貰う運びになったものの、肝心の朱衣は緊張して石像のように固まってしまっている。

 僕も怖がらせるのは不本意だから、こちらから手を伸ばすようなことをせず、朱衣の様子を見ていた。 

 朱衣はそんな僕を見詰めながら、おずおずと手を差し伸べた。


「手でも、いい?」

「もちろんさ」


 僕は恭しく、朱衣の柔らかくて冷たい左手を取ると、指を絡ませた。

 朱衣の緊張は少し解れてきたのか、されるがままにしている。

 手の温もりが同じくらいになったのを見計らって、僕は口許へ近付けると、指先に口付けた。

 喉を甘い感覚が通っていく。

 胃から、臓腑全体へと広がり、体中に小さな痺れが回っていく。


「……っ」


 朱衣の体が小さく跳ねて、甘い息が漏れた。

 柔らかな頬は上気して、淡く朱に染まる。

 それから目をきつく瞑り、下唇を噛んで耐えている姿に加虐心が芽生える。

 もっと、その表情が見たい。

 僕が薬指に甘く噛み付くと、朱衣は驚いて目を見開いた。

 潤んだ目が、焚火で黒曜石のように輝く。


 ――そう、ちゃんと僕を見て。


「夜伽……?」


 不安を滲ませた瞳が潤んでいく。

 まるで狼に狙われる子鹿のようだ。


「もっと、呼んで」

 手を引き、体を抱き寄せる。

 耳許で囁くと、朱衣は体を捩り、離れようと抵抗した。

「や、だ」

「お願い、朱衣」


「よ、とぎ……」


 羞恥に目を伏せて、震える朱衣。

 もっと色んな朱衣が見たくて、もっと触れてしまいたくなる。

 けれど、これ以上は朱衣を傷付けるだろう。

 嫌われるのだけはごめんだ。


「ありがとう、朱衣。ごちそうさま」


 最後に頭を撫でて、僕は朱衣から離れて腰を下ろした。

 急に離れた僕に、朱衣は不思議そうにしながらも安堵の息を漏らした。





 それから、暫く黙ったまま火を囲んでいた。

 洞穴のあちこちに乾いた枝や葉があるから、朝まではなんとか持ちそうだ。


「……ねぇ、夜伽」


 沈黙に耐えきれなかったのか、朱衣が声を掛けてきた。

「なに?」

「夜伽は、どうしてあの日書庫に居たの?」

 書庫に居た理由は、僕もよくわからない。

 あの時は息も絶え絶えで、無我夢中で空を飛んでいた。どこをどう飛んでいたのか、それすらも記憶にない。

 素直にわからないというと、朱衣は「そうなの」と頷いた。


「僕は東の島国に居たあやかしで、荒れ寺をねぐらにしていた。

 空腹を満たすために夜な夜な里に下りてはいたけれど、あとはずっと山奥で一人で暮らしていた」


 朱衣は視線を火から僕へと向けた。


「……寂しくなかった?」

「どうだったかな。忘れてしまった」


 そう言って笑う僕を、朱衣は悲しそうな目で見詰めている。

 きっと、隠した本音に気付いているのだと思う。


「……ある日、有名な術師が寺を訪れた。町の誰かが告げたらしい」

「夜伽を退治するために?」

「そう。あの寺を塒にしてからは、餓えを凌ぐくらいに済ませていた。誰かを傷付けたことなんてないし、眠りを妨げたこともない。

 朱衣のような甘露の持ち主は滅多にいないし、僕ももう誰かと関係を持つことを諦めていたからね。

 だから、術師に襲われるのは、本当に寝耳に水だった。妖というだけで疎まれるから、仕方ないのかもしれないけれどね」


 朱衣は大きな目から、大粒の涙を溢した。

 僕のことを憂いてくれるのは嬉しいけれど、出来ればこんな風に悲しそうな泣き顔は見たくなかった。

 髪を梳くように、頭を撫でてやると、朱衣は「ごめんね」と袂で目尻を拭った。


「朱衣、そろそろ寝ないと。明日は雪道を歩かなきゃいけないよ」

「……うん。おやすみなさい、夜伽」



 それから、朱衣は寝ようと横になっていたけれど、寝息が聞こえてこないから起きているようだ。

 碧英のように術を掛けて寝かせることも考えたけれど、眠れないのが僕のことを考えているせいだとしたら、今は寝かせたくなかった。

 飛ぶにしろ、歩くにしろ、朱衣を抱えていけばいいことだ。

 そういう状況になって、朱衣が体を預けてくれるのであればさらに嬉しい。

 夜が明ける前、碧英が目を醒ますと、横になっていた朱衣も体を起こした。


「朱衣、何もなかったか?」

「う、うん。なにも」


 碧英は何度も朱衣に謝りながら、朱衣の無事を確認する。

 雪もすっかり止んでいたので、腹ごしらえをしてから身支度を整えて、三人で朝日を待つことにした。


 

 



 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます