2 僕の話

 外は曇っていた。彼女が濡れていたので、雨が降っているのかと思った。

歩くと僕の仲間が声をかけてくる。

「やあ、今日は雨が降りそうだな」

 左目を悪くした男で、開く右目でぱちぱちと瞬きする。彼の鼻は敏感で天気も良く当たる。雨のにおいは間違いではないのだろう。

「じゃあ、急がないとな」

「なんだ? 特売日か?」

「そうじゃないよ。人を探してる」

「人なら、そこらじゅうにいるだろう」

 興味をなくしたのか、早々に欠伸をしている。知り合いとはいえ、こいつも失礼なやつだ。濡れる前に帰ったほうがいいぞと背中を掻いて知らせてくれた。帰る場所はもうないのだと、教えるのは面倒だった。

「生きてるやつじゃない」

「死んだやつなら、墓に行きな」

「この国じゃ、そうそう埋まってないだろう」

「灰にするなんて、物好きがいたもんだ」

「最近死んだ女だよ」

「女も毎日死んでるさ」

「男もだよ」

 そりゃそうだなんて、開いた右目で空を見る。

「ひどい雨が降るぞ」

 話にならないと踵を返した。すると、男が思い出したように言った。

「儂には見える目がないが、あいつらならよく知ってるだろう」

 カァカァと鳴きながら、一斉にカラスが飛び立った。

 なるほどと思い、僕は彼らの飛ぶほうに顔を向けた。

「気を付けな」

「ありがとう」


 男はゆっくりとした足取りで歩き、古書店の軒先に腰を下ろした。あそこは退屈しのぎにはぴったりだ。

 僕は走りだした。雨が降る前に、話をつけたかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る