第7話 運命的な再会?


 しばらく歩くと小さな公園に着いた。


 ベンチもあり子供も二、三人居た。

 昔は子供嫌いじゃなかったけど、猫になってからは苦手だった。


 子供は俺の頭をガシガシと混ぜる様に触るんだ。


 俺はヌイグルミじゃない。


 俺はベンチの横に背の低い雑草が茂る地面まで歩き、足をフミフミしながら感触を楽しんだ。


 幸太郎は目じりを下げて見ている。



 デンに引っ張られながら幸太郎も俺の傍まで来たが、違う方向を見ているようで目線を追った。






「あれ? こんにちは」



 幸太郎が誰かに話しかけている様だった。

 少し声が上ずっている。




 手の平にも力が入っているように見える。

 緊張しているのか?誰だ。





「あっ、えっと井川さん? こんにちは」




 控え目の小さな女性の声。

 その声を聞いた時、俺の心臓は跳ねた。




 聞いたことがある声。





 何回、何千回、何万回と聞いた。








 声の方に顔を向けると……。





 白くて丸い顔で柔らかく笑う、笑顔の可愛い女性。















 雪が居た。






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る