第4話 うっとうしいけど憎めない

 


 俺の仕事は昼寝。


 うららかな日差し。窓から入ってくる光が心地よい。

 お気に入りのクッションに包まれた俺はご満悦である。


 2食、昼寝、散歩付き。



 中々に優雅な暮らしである。



 俺の目は壁の隅に置いてある、おもちゃや猫じゃらしをとらえる。

 よし、もうちょっと頭がしっかりしてきたら、あれで運動だ。



 しかし、この居心地よくなったこの家には天敵が居た。


 俺様の眠りや適度な運動を妨げる天敵が。





 何かが近寄ってくる気配があったが気づくのが遅れた。

 俺の頭を、デカい、ぬるっとしたものが舐めた。


 身体中の毛が全て逆立ちするかのように鳥肌が立った俺は、慌てて逃げようとしたが、小さい俺はそいつの腕にバリケードされた。



 真っ黒いそいつは、俺が来る前からの、この家の住人。


 ゴールデンレトリバーのデンだ。







 再び頭や首を舐められる。


 おい、お前にはあの部屋の隅にあるお前が噛み過ぎて鼻が取れた、くさい子犬のぬいぐるみがあるだろう? 

 俺は向こうの、この前、幸太郎が買ってきてくれたネズミのおもちゃで遊ぶんだ。


 俺の毛はあっという間にべとべとに濡れる。

 抜け出そうと、もがく俺だが大きいあいつには勝てっこない。



「ワン(あそぼう)」


「……」




 まあ、悪い奴ではない。





 うっとうしいけど。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る