第39話 ナビー工房

 女神様に文句を言うだけではなく、要望をいくつか出したのだが、全て叶えてくれるようだ。100%希望どおりとはいかなかったが、予想外の事まで女神の方から言ってきたのでそれで手を打つことにした。


「お待たせイリス」

「随分熱心にお祈りしていましたね……ルーク様はどの神を信仰なさっているのですか?」


「俺の信仰している神は全てだね……それより、イリスにお願いがあるんだ……」


 イリスに変な顔をされた……普通は生まれ持った主属性の属性神を崇拝してより加護や祝福を高めるのが通例のようだからね。


「お願い? なんでしょうか?」


「女神ネレイス様……よろしくお願いします」


『イリスさん、水の女神ネレイスです。こんにちは』


「ひゃあ! な、な、何ですかこれ⁉ 頭に声が!」


 イリスはキョロキョロして声の主を探しているが、念話なので見つかるはずがない。念話は頭に直接認識させて語りかけているようなものなので、耳から入ってくる情報と違い、凄く違和感があるのだ……初めての体験で驚いているのだろう。


「落ちつけイリス! 念話なので探しても居ないよ。女神ネレイス様のお言葉だ、落ち着いて聞くんだ」


『驚かせてごめんなさい。あなたにお願いがあってこうして声を掛けさせていただきました。実は先にそこのルークさんにあるお願いをしました。それを聞き入れて頂く為にある力を授けたのですが、その事に関する全ての事案をガイルさんに報告しないでほしいのです』


「公爵様にですか? 女神様がルーク様にしたお願いとは何なのでしょう?」

『それをあなたに私からお話しする事はできません。ルークさんが言っても良いと判断された時に、彼が話してくれるでしょう。あなたがガイルさんからルークさんに関する事の報告任務を受けている事は知っているのですが、それだと少し問題がありまして……』


「…………」


 困り顔で黙ってしまった……。


「イリスも板挟みで困るだろうけど、何も全部報告するなって言うのじゃない。例えば女神様の願いを聞き入れるには俺のレベル上げが不可欠なのだけど、ガイル公爵とこの国の国王は俺の事を種馬としか見ていない節があるだろ? レベル上げをするには魔獣を倒すために危険を伴う狩りに出ないといけない……」


「絶対止められるでしょうね……学園卒業後には安全な場所で子作りに励んでほしいと考えている筈です」


「だろうね。でもそれは困るんだ」

「公爵様にも今のように女神様からお伝えして頂いて、許可をもらうと良いのではないでしょうか?」


「理由を話せないのでダメだね……神からのお願いとか、どんな手を使ってでも内容を聞き出そうとしてくるだろう。嘘を見抜けるミーファ姫に命令して聞き出そうとしてくるかもしれない……」


「わたくしも気になるのですが……」

「今はまだ話せないが、イリスにはお詫びも兼ねて、色々な回復知識を伝授してあげるから……それで了承してくれないかな?」


「分かりました……元より女神様のお願いを断る理由がありません。聖女様でもないわたくしが神の御声を聞けて、とても幸せでございます! ガイル公爵様には申し訳ありませんが、女神様のお言葉の方が絶対なので、公爵様への報告はルーク様の指示に従います」


『♪ 基本神託を授かるのは聖女1人だけなのです。教皇ですら任期中に数回声を聞けるかどうかなので、イリスが感動して指示に従うのも分かります』


『ありがとうイリスさん。お礼にあなたに水の加護と祝福を授けましょう。努力すれば上級攻撃魔法と回復魔法も覚える事ができる祝福です』


「本当でございますか! 嬉しいです! ありがとうございます♪」


 涙まで流して喜んでいるよ……。


『♪ 普通は生まれつき授かった主属性以外、努力をしても習得は難しいですからね』


「良かったねイリス」

「はい♪ ルーク様も何か貰ったのですよね? どんなものを頂いたのですか?」


「う~ん。そのうち話すよ……」

「それも秘密ですか……公爵様には言わないのに……ちょっと信用ないのが悲しいです」


 そんな目で見ないでほしい……公爵家の子家の御令嬢で、報告命令を受けているって分かっていてそう易々と話せる訳ないでしょ……。それに俺たち知り合ってまだ数日だよ。



 これ以外の要望の1つに、良くラノベで見かける『ネット通販』を希望したのだが、ダメだと言われた。


 イリスに声を掛ける前に、こういうやり取りがあったのだ。


『何でネット通販はダメなんだよ!』

『当然です。そもそも異世界の物をそう簡単に転移できるのであれば、死ぬ運命のあなたを選んで、記憶と魂だけ転生させるような面倒な事などしていません。例えリンゴ1個だけだとしても実体を伴った転移にはかなりの神力が必要なので、今回のような手段を用いたのです』


『全部聞き入れてくれるって言ったのに嘘じゃないか!』

『できない事はできません。ですが代りに良い代案があります。ナビー経由で向こうの世界の情報を授けるっていうのはどうでしょうか? あなたがネット通販を希望した1番の理由は、醤油が欲しいからですよね?』


 心が読まれるというのは厄介だな……これでは駆け引きもできないので交渉にすらならない。でもナビー経由って何の事だろう?


『ナビー経由って何だ?』


『♪ あ~っ! 私の名前が「ナビー」に確定しちゃいました! マスターに名付けてほしかったのに! ネレイス様酷いです!』


『え? そうでしたの? それはごめんなさい……』

『まさか、俺をナビするAIシステムだから「ナビー」とかじゃないよね?』


『……だ、ダメですか?』

『♪ そんな安易なことで私の名が確定したのですか……』


『でも可愛い響きで良いんじゃないか? 「ナビー」呼び易いし、良いと思うぞ?』


『♪ そうですか? マスターが良いっていてくれるのなら別に「ナビー」でもいいかな』


 チョロイ……。

 妖精さんの名前が女神の発言によって決まった瞬間だ―――


『あ、でも情報だけ検索できても、学生の俺に醤油を作っている暇とかないよ……邪神退治しなくていいならじっくり数年かけて開発するけど……。味噌や醤油なんか発酵・熟成させるだけでかなり時間が掛かるでしょ?』


『そうですね……ではこうしましょう。ルークさんの【インベントリ】内に大きな工房を創って差し上げます。その中にあなたに似せたアバターを顕現させる能力をナビーに授けるので、その工房内でアバターに開発をさせてください。そのアバターはナビー同様あなたに紐付けられますので、アバターの熟練度があなたに反映するものといたしましょう』


『うん? ちょっとよく分からないのだが……』


『そのアバターはルークさんの魔力で召喚させられます。例えばアバターが【インベントリ】内の工房で料理を作ったら、ルークさんの熟練度として反映され、以降その料理をルークさんも熟練度に応じた味で同じように作れるようになるというものです。五感もあなたと同じ感覚にいたしましょう。どうです、これならあなたが直接何年もかけてちまちま開発しないでも済むでしょう?』


 五感が同じならアバターが美味しいと納得したものは、俺が食べても美味しいって事になるな……いろいろ開発させるのは面白そうだ。


『そのアバターに、醤油の開発をしろって命令したらどういう流れになるんだ?』


『全てあなたのイメージ次第ですね』

『イメージね……じゃあ、工房内を各部門に分ける事にしようかな。【調理工房】や【武器工房】とか【酒造工房】【機械開発工房】とかに細分化して、ナビーに某大手メーカーの醤油の情報を検索させて、それを【料理工房】でアバターに開発させるとかかな……時空魔法を応用して使えば、熟成時間の短縮もできるかな?……そういうのも可能です?』


『なんか、私が思っていたより凄い事になりそうな気が……でも、そのようなイメージで問題ないです。ただ、材料は自分で仕入れる必要があります。命令しても材料がなければ開発はできません。あと、工房はナビーが管理するものとし、工房作製のイメージはルークさんのものが反映されるようにしますね』


『俺の知識は浅いので、足りない知識はナビーの方で情報を検索して補ってもらえるようにしてください』


『分かりました』

『という訳で、早速だが某メーカーの醤油とシャンプーとトリートメントの情報を引き出して、材料を割り出してくれ! それに伴う工房の材料もだ』


『工房に関しては神力を使ってこちらの管理システムの方で創って差し上げます。誰の目に触れることもない亜空間の中に造るのであれば、特に問題にはならないですし、こちらの世界内でならさして多く神力も必要ないですからね……その代わり、ちゃんと邪神討伐の方はお願いしますね?』


 至れり尽くせりだな……。


『分かりました。この世界に醤油が無いのが残念だったけど、これで快適に過ごせそうだよ。俺は亜空間に行けないし、工房の管理者はナビーだから、「ナビー工房」と名付けよう! 管理は任せるよ?』


『♪ ナビー工房! 嬉しいです! マスター、今から材料を仕入れに行きましょう! 全て王都で手に入ります!』

『よし分かった! でも、先にイリスの口封じが先だな……』


 という事があったのだ―――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます