第32話 フォレル王国の王都へ

 その日の夕飯もサーシャさんが参加したいと言ってきた。

 勿論回復魔法を掛け、【エアシールド】で体表を覆って防菌してから食堂に迎え入れた。


「ルーク君が居ない間は部屋で食べないとダメかしら?」

「そうですね。アンナちゃんやララちゃんに病気をうつしたくないのなら、部屋で食べてください」


「う~、そんなこと言われたら絶対ここにはこれないです~」


 可愛い人だ……。


「そういえば盗賊たちはどうなったのですか?」

「ふむ、尋問によって盗賊の拠点が我が商都内にあると判明した。すぐに憲兵を向かわせたが、残念ながら既に逃げた後だった」


「そうですか……少し時間が経ってしまいましたので仕方がないですね」

「うむ。だが、捕らえた奴らの【クリスタルプレート】内に仲間の画像が保存されていたので、そこから残党の身元が全て割れた……手配書を作成して国中にばらまくのでいずれ全員捕まるだろう。それだけでも価値はあった。君たち2人には本当に感謝している」


「それは良かったです」

「それと、ミーファにアサシンを差し向けた侯爵は兄上によって裁かれたと連絡が入っている……」


 裁かれた……娘たちの前なので言葉を選んでいるけど、首を刎ねちゃったんだね……。


「ジェイル君? 体調がすぐれないのかね?」


 ガイル公爵があまり元気のない兄様の事を気に掛けてくれる……勿論俺も気づいているが、理由も知っているのであえて黙っていた。


「いえ、そういう訳ではないのですが……ルーク、お前は昨晩平気だったのか? なんかいつも通りに見えるのだが……」


「どういう事かね?」


 意味が分からないガイル公爵は説明をしてほしそうに不満げだ。

 まぁ、兄様からしたらいくら姉妹国とはいえ、他国で弱ったところを見せる訳にはいかないだろうしね。


「昨晩ララちゃんを抱っこして眠ったのです」

「そうなのか? うん?」


 だからなんだという顔だね……。


「僕も枕が変わって最初寝付けなかったのですが、ララちゃんには【睡眠促進効果】と【リラックス効果】が【個人香】にあるようです。ララちゃんと少し会話していたらいつの間にか朝までぐっすりでした。兄様と違い睡眠不足にはなっていません」


 兄様は初めて殺人をしたことで寝付けなかったのだ……俺がそうだったからね。ララが来てくれるまでは、目をつむると俺が殺した相手の最後の苦痛に歪んだ顔を思い出すのだ。


 睡眠不足に加え、昼から俺の剣術を見てくれていたので、一気に眠気がきたのだろう。


「そうなのか……それは羨ましい」


 兄様も俺がわざとはぐらかして言った事に上手く話をあわせてきた。


「ルークお兄様、ララもぐっすり寝れました! 今日も一緒に寝ても良いですか?」


「ララのお父さんが良いって言ったらね」

「その言い方はズルいではないか……ダメと言ったら俺がララに嫌われそうだ……ララはルーク君と一緒に寝たいのかい?」


「はいお父さま! 朝までぐっすりなのです!」

「そうか……じゃあ、良いよ」


「あんたララに変な事したら許さないからね!」

「へ~、アンナちゃん……変な事ってなにかな~?」


 余計な事を言ったらめっちゃ睨まれた!


「アンナ、『あんた』などと公爵令嬢が使う言葉ではないですね。将来あなたの兄になるお人です。『お義兄様』とお呼びなさい」

「お義母様、別にいいですよ。世間の僕の評判はこんなものです」


「躾がなってなく、お恥ずかしい限りです……」


 体調が改善されたお義母様も皆と同じものを食し、楽しい晩餐になった。

 アンナちゃんと打ち解けるにはもう少し時間が掛かりそうだ。


 * * *


 翌朝、兄様とイリスさんと3人で王都に向けて出発する。


「バルス、3人だけど頑張ってね? 兄様、王都までよろしくお願いします」

「ジェイル殿下、わたくしまでありがとうございます」


 イリスさん、わたしって言ったり、わたくしって言ったりするんだな……。


「ああ、問題ない」

「ジェイル君、本当に護衛は要らないのかね?」


「はい。ドレイクに挑んでくる魔獣がまずいません。それにドレイクを所持しているような盗賊もいないでしょう。同じく暗殺も国が関与していない限り不可能です」


「そうだな……この国でも飛竜所持者は国で管理されている。これほどの巨体を隠して飼育するのは無理だろう。もし君たちが上空で飛竜部隊に襲われたのなら、どこかの国が関与したと思って間違いない」


「それに街道と違い、どこを通って王都に行くかなんて道なき空なので、待ち伏せできるのは王都の門付近くらいです」


「ふむ。ルーク君、エミリアの事よろしく頼む……」

「まぁ、3年あるのでしばらく様子を見てみます」


「そう言ってくれると有り難い! 無理に迫って男性恐怖症を拗らせるような事だけはしないでくれよ? あと、妻の事もお願いする」


 お義母様の事はちゃんと診るつもりだが、俺は公爵家で種馬にされる気なんかさらさらない!


 異世界転生子作りハーレムを喜ぶ奴もいるかもしれないが、俺にとっては面倒なだけだ……本当に好きな娘が見つかれば、その娘1人居ればいい。


 将来的にその娘とどこかの町でのんびり暮らしたいものだ……現代知識を生かして店を持つのも良いだろう。


 俺にとって何より優先される事案は邪神退治なのだ! その為には痩せないとスタート地点にすら立てない。


 ガイル公爵やこの国の王がいろいろ女をあてがってきそうだが、表向きは従順を装って、ある程度この世界の事を知り、強くなった時点で逃げるのも有りだ。


 土地勘もなく、世情にも疎い……今は同じような体型のオークにすら負けかねないので、今このまま逃げ出すのはかなりまずいのだ……学園在学中の3年間になんとしてもこの環境を変えないといけない。


「分かっています。『召喚の儀』を終えた後の週の土曜日に帰ってきて、お義母様たちを完治させてから正式に通うようにしますので」


「すまないな……」


「ルークお兄様、またすぐに来てくださいね!」

「うん。ララちゃんまたね~」


 アンナちゃんも手を振ってくれてはいるが、社交辞令的なやつだね。

 兄様の操縦でゆっくりと助走をつけて空に舞い上がる。



「ところでイリス……」

「はい。なんでしょうか?」


「騎竜に乗るのだから、革ズボンなのは良いとして、何故金属製のプレイトメイルを装着しているんだ? 背に当たって少し痛いのだが……」


 バルスに3人用の鞍を付けて、兄様が前で操縦、次に俺、一番後ろがイリスなのだが、おっぱいイベントが発生する予定だったのに、何故か背には硬い金属がゴリゴリ当たっている。


「申し訳ありません……ですが、騎乗の際の標準的な装備ですのでご容赦くださいませ」


 君、絶対分かっていてそうしているだろ!

 そこは俺の背におっぱいが当たって、『えへへ、ラッキー!』ってなるところだろ!


 俺は恋愛とかは面倒でも、女の子との触れ合いは大歓迎なんだからね!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます