第25話 学園の恒例行事があるので急いでいたようです

 俺の回復魔法でお義母さんの容態はかなり良くなったのか、笑顔が見られるようになった。


 だが、俺の中級魔法では一時しのぎにしかなっていない。


『妖精さん、俺の知識を高位魔術者に伝えて施術してもらったら治るんじゃないかな?』


『♪(チリーン) 治りますが、マスターはその知識をどうやって手に入れたと伝えるおつもりなのでしょうか?』


『…………』

『♪ 何年か後に、マスターが魔法研究して発見したとかなら話はスムーズに進むと思うのですけどね。今回の事だけでしたら、神の恩恵を多く得ているから効果が高いとでも言っておけばいいでしょうけど……マスター以外の者が施術するなら、しっかりと治るプロセスを理解していないと効果はないです。菌やウイルスなどの説明が要りますが、顕微鏡が開発されていない世界で、どう説明するのですか?』


『神様が居て、何故放置しているんだ? 神託とかで教えれば人が死ぬのを減らせるんじゃないか?』


『♪ 文明は人の手によって発展するものだからでしょう。神が全て与えたのでは、開発や発展が却って遅くなるからですね』


 妖精さんとお話ししていたら、侍女が話しかけてきた。


「ルーク殿下、不躾ですがさっきの魔法の事をお聞きしてもよろしいでしょうか?」

「うん? 何かな?」


「ルーク殿下は先ほど聖属性の魔法が得意と仰っていましたが、使われたのは中級の水系回復魔法の【アクアラヒール】でした。【クリーン】と水系の中級解毒魔法をかけたのも何故なのか知りたいです。奥様の容態がこれほど良くなったのは、先ほど3つの魔法を使ったからなのでしょうか? それと―――」


「ちょっと待って! 一度に沢山質問されても……」

「も、申し訳ありません! つい……」


「その娘は聖属性の回復師を目指しているのです。王都からも高名な施術師の方に何人か来ていただいたのですが、これほど劇的な効果を得られたのは初めてです。その娘が興味を持っていろいろ聞きたがるのは当然の事ですので、どうか怒らないであげてくださいまし」


「別にこんな事で怒ったりはしないですよ。君は病気には聖属性より水系の魔法の方が効果があるのは知っているかな?」


「はい。怪我には聖属性、病には水系回復魔法が効果あると学園で習いました」


 どうやらこの娘は騎士学校の魔法科卒業のようだ。


「じゃあ、どうして聖属性より水属性の回復魔法の方が効果が高いのか知ってる?」


「……いいえ、知らないです。そういうものだとしか習っていません」

「人体の主成分が水分でできているからだよ。人の体の7割は水分なんだ」


「そうなのですか⁉」

「うん。それで水系の方が病に効果がある。聖属性は神の奇跡的なものだから、怪我には効果が高く、完治後の後遺症も少ないのが利点なんだけど、その分体への負担が大きいし、病気の特性を正しく理解して、それを正確に神に伝えないと神の奇跡は起きないので、病への効果が薄くなるんだ」


「ヴォルグ王国はフォレル王国の魔法知識より進んでいるのですね……」


 ヴォルグ王国というより、この知識は庭師の爺さんから得たものだ。

 付けられた家庭教師の勉強はしなかったルーク君だが、この庭師の師匠からは薬学や錬金錬成術、回復魔法など、ヒーラー特化の知識をかなり得ている。


 6歳の時に婚約者のルルと庭で遊んでいた時に、彼女がこけて怪我をしたのだが、その際に庭師のこの爺さんが初級回復魔法であっという間に治してくれたのだ。


 それでめちゃくちゃ興味を持ったルーク君は、この爺さんの元に通って弟子にしてくれと毎日頼み込んだのだ。


 実はこの爺さん……ただの庭師ではなく、王城内にある温室施設を利用して薬学研究がしたいがために王城内に住みついた、賢者と言われるほどの高名な薬学師だったのだ。


 だがその事を知っている者は極僅かの者たちだけで、ルーク君も弟子にしてもらう条件に、自分の事や教えてもらった事を秘密にするという条件をだされていた。


 まぁ、そういう余計な事情は言わなくていいだろう……。


「【アクアラキュアー】の解毒魔法を使ったのは、体の中の悪いものを排出するイメージで掛けると、いろいろ効果があるんだよ」


 実はこの解毒魔法で結核菌をある程度排除したのだ。この辺は流石の師匠も知らない知識だ。


 現代医学や現代科学を魔法に取り入れたら凄い事ができそうな気もするが、残念ながら俺にそんな深い知識はない。殆どの者は広く浅くの知識しか持っていないだろう。


 LEDライトが高寿命・低燃費・耐衝撃性に優れていることは皆知っているだろうが、どういった仕組みか説明しろと言っても殆どの者は詳しく説明できないだろう。俺もその程度の知識しか持ってないから、この世界で列車や自動車とか造れと言われても不可能なのだ。まして抗生物質とか、カビからなんかやって作ってたな~程度の知識しかないのでどうしようもない。


「そうだったのですか……ありがとうございます! 凄く勉強になりました! あの……もしよろしければ、もっといろいろ魔法の事を教わりたいのですが、ダメでしょうか?」


「別にいいけど、人に教えられるほどの知識は僕には無いよ……」

「そんな事ないです! 奥様がこれほど良くなられた事だけでも凄い事だと思います! 教皇様が少し前に御診察くださった時ですら、これほどの効果は得られていなかったのです!」


 あちゃ~、ちょっとやり過ぎちゃったのかな?


『♪ 全く問題ないです。マスターはどうせ放っておけないでしょう?』

『そうだね……「全てを救って見せる!」的なヒーロー気質じゃないけど、目の前に死にそうな人や苦しんでいる人がいて、治せるものなら治してあげたいね』


 侍女と奥様と話していたら、ガイル公爵と兄様がやってきた……。


「あっ!……ルーク殿下、申し訳ありません……ご当主様を呼んでしまっちゃいました」


 どうやら俺が問答無用で部屋に押し入った時に、侍女が連絡していたようだ……。


「ルーク殿、どういう事かね? 妻はうつる病気だから会えないと伝えておいたはずだが」


 うわ~なんか額に青筋立てて怒ってらっしゃる……。


『♪ 体調が悪くて寝込んでいる妻の元に、馬鹿な王子が興味本位で無理に押し入ったと思っているようです』


「あなた、ルーク殿下に回復魔法を掛けて頂いたのです。それが凄く効果があって、ここ最近では無かったほど気分が良いのです。熱も下がって、あれほど酷かった咳も嘘のように治まりましたのよ。なんかもう治ったのではないかと思ってしまいますわ」


「残念ながら完治はしていないですね。あ、でも僕なら時間を掛ければ治せますよ」

「「「えっ⁉」」」


「そんな筈はない! 妻の病は労咳だ! 治る病ではない!」

「あなた……やはりそうでしたのね……」


「あっ……クソッ! 妻には内緒にしていたのに!」

「いやいや、なんで僕を睨むんですか⁉ バラしちゃったのはお義父様じゃないですか!」


「お前にお父様呼ばわりされたくない!」

「えっ~~~! 僕、あなたに呼ばれてこの国にきたんですよね?」


「ルーク……お前はどこに行ってもトラブルメーカーだな……」

「今回、僕は悪くないでしょ!」


「はぁ、まあいい。で、奥方の病をお前は本当に治せるのか? わが国ではそれほど流行ってはいないが、治らない病気とされている」


「そうですね……10日ほど毎日施術すれば治るかな……ガイル公爵、この際、お義母様の病を完治してから騎士学校に通うというのはどうでしょう?」


「本当に治るのか? 教皇様でも治せなかったのだぞ?」

「絶対治るとは言い切れませんが、多分今ならまだ治せます。時間と共に病は進行しますので、放っておけば手遅れになりますが……」


 ガイル公爵は少し悩んでいたが、俺の今後の予定を伝えてきた。


「君に急いで来てもらったのには理由があってだな……その事は聞いているか?」

「なにか騎士学校のカリキュラムで急ぐ必要があるとだけ聞いています」


「そうだ。王国では騎士学校と言っているようだが、この国では騎士学園と言われている。騎士学園の魔法科に君は通う事になっているのだが、現在学園は中間試験中だ。そして試験が終えた直ぐ後に、魔法科は『従魔召喚の儀』というものがある」


「従魔召喚ですか?」

「ルーク、俺たち竜騎士学校の者は、既に全員ドレイクと従魔契約していただろ? だから召喚の儀とかなかったんだよ」


「その『召喚の儀』が5日後にあるのだ。それには全員参加することになっているので、君にも急いで来てもらったのだ」


「それは後日じゃダメなのですか?」

「星の巡りや時間等の制限があるようで、年に1回決められた日の決まった時間でしか召喚陣は利用できない。神殿にある召喚陣も同じサイクルなので、後日という訳にはいかないのだ」


「なるほど……でも、使えない魔獣が召喚された場合どうするんです? 使えなくても従魔契約しなきゃならないのですか?」


「使えない魔獣が来たのなら、契約しないで送還すればいい」


 年に1回だけしかチャンスがないので、『召喚の儀』はちょっとしたイベントになっているようだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます