第22話 義父(仮)さんはおっかないです……

 姫には嘘が吐けないので俺にとっては天敵かと思ったが、いらぬ心配だったようだ。だって異世界があるとか、それすら知らない世界なのに『あなたは異世界人ですか?』なんて質問が起こりえるはずもなく、心配する必要さえなかったのだ。


 それにしてもよく笑う姫様だ……『うふふっ』と上品に笑う笑顔が実に可愛い。





 ドレイクだと10分の距離を、馬車で2時間ほどかけて公爵領に到着した。


 あ~~嫌だな……凄く緊張してきた。


「ルーク様の緊張が伝わってきますわ……」

「あはは、姫にばれてしまいました。思っていたより結構大きな街ですね? 小国と聞いていましたが、我が国の公爵領の商都と比べても大差なさそうです」


「そうですの? 見えないので大きさは分かりませんが、この公爵領は我が国でも3番目に栄えている商都ですので、大きいのかもしれませんわね」


 馬車から見えるこの商都の外壁は1km以上は有りそうに見えた。1辺が1kmの城壁だと中の人口はかなりの数だろうと思う。数万人は居るのではないだろうか。


 この世界には危険な魔獣がいるので、こうやって高い外壁で街を囲って中に魔獣が進入できないようにしているのだ。


 街の中心には神殿があって、そこに【結界石】が安置されている。

 この【結界石】は神が与えてくれた恩恵の1つだ。神殿を建て、その場所が村や町と神に認められれば、神殿内の設置場所に魔獣を寄せ付けなくする【結界石】を授けてくれるのだ。


 必然的に城壁に囲われた【結界石】のある安全な村や町に人は集まってくる。それ以外では魔獣に襲われるから当然だよね。


 兄様は既に城門前に降り立って、門番に騎竜を預けたようだ。


 兄様と合流し、例の手枷をやっと外してもらえた。


 門内に公爵家の馬車が用意してあったので俺と兄様はそちらに乗り込む。姫は俺にそのままこっちに居てくれと言ってきたがそうもいかないだろう……俺のたわいもない話でも、姫にとっては退屈凌ぎになったようだ。



 移動中に目を閉じて、気になっている事を聞くために妖精さんに念話を送る。


『妖精さん! 俺の助けようとした子供はどうなったか知らない?』


『♪ 申し訳ありません。私には向こうの世界の事まで分からないのです。できるだけ早く神殿に来てくれと女神様から言伝を頼まれています。その時色々詳細に話してくださるそうです……』


『そっか……何か知っておいた方が良い事とかある?』

『♪ 私の今の状態は仮みたいです……。喋り方も女神様が作製時に覗いたMMOのままのようですね。正式に召喚されるまでに私の名前を考えておいてください。ずっと「妖精さん」と呼ばれるのは嫌です』


『名前か~、分かった考えておくよ。その召喚っていつされるの?』

『♪ 当初の予定では神殿の召喚陣で行う予定だったようなのですが……私も詳しくは知らないのです……』


『分かった……また後で話そう。どうやら公爵の屋敷に着いたみたいだ』

『♪ 了解しました』



 馬車の扉が開かれその場に降り立つと、姫様と侍女が既に居て、うちの父様と同じくらいの年齢の厳ついおっさんが傍らに立っていた。


 うわ~この人がお義父さん?

 ないわ~……うちの父様よりおっかない顔をしている。


「両殿下、遠路はるばるようこそおいで下さった。私がフォレスト公爵家当主、ガイル・B・フォレストだ。先に我が姪の命を救ってくれたことの礼を御二方に言わせてもらいたい。我が可愛い姪が危ない所を助勢して頂き感謝する。数分遅ければ危なかったと騎士たちから報告を受けている。本当にありがとう」


『妖精さん? 王子より公爵位の方が格上なのかな? 俺の知識では王族の方が上だったと思うんだけど』


『♪ 厳密には現王子の方が格上ですが、公爵も元王子だった者です。ジェイルは王位を継げば国王になる存在ですが、現時点では確実に王位を継ぐとは限りません。王位を継がなかった兄妹には一般的に公爵位が与えられますが、それも確実ではありません。現にマスターには「公爵位はやれん」と御父君がおっしゃられていましたよね。この先どうなるか分からない今の時点では、一般的に年上のフォレスト公爵の方を立てて、格上として対応いたします。ですから言葉遣いには気を付けてくださいね』


『了解だ。アドバイスありがとう』


「当然の事をしたまでです。私はジェイル・A・ヴォルグ、ヴォルグ王家の第一王子です。そして―――」


「あ、済まぬが自己紹介は屋敷の中で行おう。我が娘たちの紹介もあるので二度手間になってしまう……」


 俺が挨拶しようとしたのを途中で遮り、屋敷に通されたのだが……20名ほどの侍女と執事が玄関ホールで整列して待機していた。俺たちへの歓迎の意のようだね……大国の王子2人なので最大級のおもてなしだろう。


 流石公爵家……執事や侍女も、皆、美男美女ばかりだ……。


「ルーク……頼むから、彼女たちのお風呂や着替えを覗くなよ」


 俺が侍女たちを見ていたのを兄様に目ざとく見つかり、俺にだけ聞こえる程度の声量で伝えてきた……。


 『それやったの俺じゃないから!』と言いたい。


 この屋敷でそんな事やったら、あのおっかなさそうなおっさんに殴り殺されるかもしれない……まぁ、そもそも俺はルーク君と違い、覗きなんてしないけどね。



 年配の執事長と侍女長とだけ挨拶を交わし、奥の談話室に入った。


 中には2人の女の子が居た……この娘が俺の婚約者なのかな?

 俺と同い年くらいの気の強そうな猫目の美少女だ。


 でも、俺をきつめの猫目で睨んでくる……あまり歓迎されていないようだ。


 もう1人は妹のチルルと同じくらいだろうか? 猫目の子の後ろに隠れて、顔を少し覗かせてこちらを見ている……可愛い。


「改めて自己紹介をしよう。私がこの公爵領の当主、ガイル・B・フォレストだ。そしてこの子が次女の―――」

「フォレスト家次女のアンナと申します」


 次女でアンナちゃんという名前なら、猫目のこの娘は俺の婚約者ではないね。

 そもそも男性恐怖症なら、俺をあれほど睨んだりはできないか……。


「そして、この子が末っ子の―――」

「ララです……」


 名乗った後にまた姉のアンナちゃんの後ろに隠れてしまった……可愛い。


「ララ、ちゃんと挨拶しなさい。申し訳ない、人見知りでまともな挨拶もできない……お恥ずかしい限りだ」


 公爵は躾の事を言ってるのかな……確かに5、6歳で公爵家の娘ならもっとちゃんとした挨拶をしていてもおかしくはない。妹のチルルならもっと元気に完璧な挨拶ができる。


 肝心の俺のお相手が居ないようだけど……。


「妻は体調が悪く挨拶には来れない、人にうつる病のようでな……申し訳ない」


『♪ マスター、どうも、奥方はマスターの世界でいうところの結核のようですね……』

『そうなのか? 俺の世界じゃ結核は治る病だったけど、この世界ではどうなんだ? 魔法が有る世界なので問題ないのかな?』


 ルーク君の記憶では、治らない病と覚えているけど……どうなんだろう?


『♪ いえ……不治の病として隔離されているようです。どうもこの国では結核が蔓延しているようですね』


 日本でも数十年前までは不治の病として恐れられていた。

 新選組の沖田総司の病が結核だったとして有名だよね……当時は労咳と言われていた病だ。


 頬に十字傷がある流浪の剣士の某漫画を読んだ時に、沖田総司が患っていたとなっていて、以前ネットでどんな病なのか詳しく調べたんだよね……。


「そうですか……早く治るといいですね。私はジェイル・A・ヴォルグ、ヴォルグ王家の第一王子です。そして―――


「三男のルークです」


「本当に豚なのね……お姉様、御可哀想……」

「アンナ!」


 ゴンッ!


「いったぁ~!」


 うわ~、アンナちゃん……おもいっきりお父さんにげんこつされた!

 でも初対面でそれは失礼すぎる……公爵令嬢としてお父さんに叱られて当然だね。


「娘たちの躾がなってなくて申し訳ない……」 

「まぁ……それはお互い様という事で……あはは」


 兄様……それはどういう意味かな?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます