第4話 召喚や転移ではなく、転生のようです

 一瞬激痛が起こり間違いなく死んだと思ったのだが……何故だか未だに顔に強い風を受け浮遊感がする。


『♪ マスター! 起きて!』


 女神様の時と同じように、耳からではなく直接頭にチロリーンと鈴の音が鳴ったような気がした後に可愛い声が響き、びっくりして目を開けると、俺は未だに空中に居てどんどん地面が迫ってきていた!


「モモンガー!!」


 咄嗟に両手両足を広げ滑空態勢を取ったのだが、縫い付けてあった筈のベッドマットが無い!


「俺のウイングスーツどこいった!?」


『♪ 「モモンガー!!」じゃなくて! 魔法! 早く魔法を! 何、寝ぼけているのですか!』


「『寝ぼけてる?』ってなんでまたパラシュート無しで俺は空飛んでるの!?」


 そう言ってる間にもどんどん地上が迫ってきている。


「飛べ! 飛行魔法発動! 魔法の箒! 魔法の絨毯!」


『♪ 何を言っているのです! 【フロート】です! 早く!』


「【フロート】!」


 あっ! 発動した! けど止まらない!


「止まれ! 【フロート】! 【フロート】! 女神様冗談じゃないよ!」


『♪ マスター、慣性の法則です』


 なに冷静に物理法則の事なんか言ってるの! てか、この可愛い声の人誰!


 もうダメだ! ゆっくり速度は落ちているが、もう数秒で地面にぶつかるだろう。

 あと数メートルという地点で背後から何かに鷲掴みにされ放り上げられた!


 俺を掴んで投げたのは竜だ! ドラゴンだ!


 だが、その竜は俺の代わりに地面に激突してしまった。

 竜が放り上げてくれたのだが、それでも止まり切れず間もなく俺もその竜の上に衝突する……【フロート】と竜の投げ上げで速度はかなり落ちたが、完全には速度を殺しきれなかったようで、両足がぽっきりと折れた。


 竜は口から血を吐き、俺と目が合って何度か尻尾を振ったが、間もなく力を失って横たわってしまった。

 竜が横たわったのを見届けた直後、俺も意識を失う―――



 *  *  *



 不意に体の痛みで目が覚める―――


「アタタッ……どうなったんだ?」


 どうやら俺はベッドに寝ているようだ……どこだろ?

 体の痛みは骨折のものではないようだ。折れた足は何故だか治っている。

 この痛みは筋肉痛に近い。落下時の筋硬縮によるものかもしれない……所謂ムチウチのようなものかな。


 体を起こそうとするが起き上がれない。


 両手を使って体を起こし、周囲を見回す。知らない部屋だが、高級そうな家具や調度品が一杯だ。

 ヨーロッパのアンティークな品物に似ている。


 これは転生に成功したと考えていいのかな? 赤ちゃんではないようで安心した……邪神復活まで10年の猶予があるとか言っていたけど、俺自身が0歳児からのスタートでは絶対討伐なんか不可能だろう。


 周囲を見渡し、家具などからそれなりのお金持ちかなと想像できる。

 時間がなかったとはいえ、ある程度こちらの世界の情報がほしかったな……。


 家具の中に姿見のような鏡があったので、ベッドから出て自身を映してみる……容姿は気になるからね。

 鏡を見た瞬間脳が焼切れるような激痛が走る! どうやらこの豚の記憶が、俺の記憶と融合されているようだ。


 そうなのだ……鏡に映っていたのは太った色白なぽっちゃりさんだった。いや言い直そう……豚だ! 太った豚だ! さっきベッドから起き上がれなかったのは、太っていたせいだ! 腹筋が1回もできないほど太っていたからだ!


 この腹筋すらできない体でどうやって邪神を倒せと? 女神様聞いてないよ!


 豚の記憶が流れ込んでくる激痛で、その場に倒れてしまう―――

 元々この体はこの豚君のものだ……俺の記憶が彼に流れ込んでいるのか、彼の記憶が俺に流れ込んでくるのか良く判らないが、2人分の記憶が脳を侵食しているような不思議な感覚だ。

 


「今、部屋の中で音がしなかったか?」

「したな……目覚めたのかな?」


 扉が開かれ、誰かが入ってきた。


「アッ! ルーク様が倒れているぞ! ルーク殿下、大丈夫ですか!?」


 どうやら、俺はルークという名前のようだ……召喚や転移ではなく、新規の転生でもないみたいだ。実在している人物への記憶の転生……色々面倒そうだ。


「人を呼べ! 国王様にもお知らせするのだ!」


 ベッドまで介助してもらい移動したが、そこでまた意識が遠のいていった―――



「ルーク! いい加減起きぬか! 何時まで寝ているのだ! このバカ息子が!」


 軽く頬を叩かれて、覚醒する。 

 ボーとした状態だが、俺の頬をペチペチしているのが父親だというのが解かる。


 どうやらさっきの頭の痛みは、ルーク君と俺の記憶が融合されるにあたって起きた弊害みたいだ。

 さっきは知らない部屋だと思ったが、ここはルーク君の自室だと今ではちゃんと理解できる。


「どうした!? 俺が解らないのか?」

「お父様、ですよね? 頭を強く打って、ちょっと記憶が混濁しているようですが、大丈夫です」


「怪我は回復魔法で治してある……このバカ者が!」


 ゴツンッ!


 拳骨で頭をぶたれた……アッ! ヤバッ! なんか死にそう!

 俺は慌てて【ステータスプレート】を呼び出そうとしたが、呼び出せない……何で?


 腕に枷がはまっている……本来これは囚人や奴隷が付ける物で、魔法を発動できなくする魔道具の一種だ。両手を後ろで拘束する事もできるのだが、この枷には鎖は付いていない。俺の魔法を制限するために付けたのだ。【ステータスプレート】が呼び出せないのもこれが原因だな……以前に悪さをした時は、鎖も付けられて拘束されていたっけ。



 俺……というより、この宿主のルーク君……この国では超有名な悪童だ。


 悪童と言っても犯罪になるほどの事はしていない……なのに何故有名なのか。

 目の前のお父さんが、この国の国王様だからだ。


 俺はこの大国の第三王子に転生したみたいだ……。


 王の子供……必然的に注目が集まる。


 ルーク君は悪戯ばかりして勉強は全くしていない……この国の貴族界では超有名な悪戯ばかりしているバカ王子なのだ。


 あだ名は『オークプリンス』醜く太った豚王子をまんま表現した上手いあだ名だね。

 対象が俺自身じゃなかったらそう思えるのだけど……ハァ……溜息しか出ないや。




 女神様酷いよ! 色々噂が酷すぎて、この国で『ルーク』として生きていくのはきついです!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます