そういうわけで、と僕は云う。

作者 沖合なせ