冷たい太陽、伸びる月

作者 加藤ゆうき

37

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

※第1章38話まで読んだ感想です。


◆お薦めしたいのは、こういう人
〝登場人物に寄り添うことで時間を共有する〟 そういうふうに「物語」の楽しむ、という読書をされる方。
小野不由美の「十二国記」、その前日譚「魔性の子」のような創りと もってぃ は感じました。
1話単位で何処からでも読み始められ、その話だけ読み終えるだけでも満足できるような、お気軽に楽しめる作風ではありません。
話が進むにしたがって明かされていく事柄と、それに翻弄される登場人物──殊に主人公の〝瑚子(ここ)〟──の機微、心情を読んでいくことになります。
結構ヘビィですが、その分〝読み応え〟があります。


◆見所
やはり主人公の心情の描写です。
ですが主人公一人だけの「物語」ではありません。主人公の周囲に生きる登場人物たちにもそれぞれの「物語」があり、そういったものが主人公 瑚子 の、思春期の女の子の人生(半生?)に絡んできます。
全編を通じて緊張感のある筆致となっており、作中世界を生きる人物たちの行動や言動に説得力が感じられます。

そしてそれを支える世界観がしっかりと構築されています。
九州長崎の街のディテールも、高校時代の生活──時間の流れ方、人間関係──の描かれ方、それぞれの家庭の事情……。
加えて〝ファンタジー〟としてのギミック。
それら全てにリアリティを感じられます。


◆ここはちょっと……という所
地の文の描写は、何とも独特な言い回しです。
ちょっと普通じゃない表現も多いです。
セリフも長崎の言葉で語られるところが多いです。

そうすると、頭に自然と入ってくることが妨げられることも多いです。
 〝ちょっと情景が思い浮かばない〟
 〝どういう感情を表現してるのだろう?〟

そんな感じに思考を中断させられることも正直多いです……。


でもね── そこで読むのを止めちゃうのは〝すごくもったいな… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

長崎を舞台としたファンタジー作品。
とある日常、高校生の村雨瑚子が主人公の本作品。

書くのが難しい長崎の方言が上手く作中で織り込まれていて、少し微笑ましくもあり、何やら過去の出来事が間に挟まり、村雨瑚子には実は秘密があるらしく、読者の「気になる」を上手く引き出していると感じました!


トビヒ族やハナサキ族といった、世界観にもこだわりを感じ、伝承にも本当にありそうな物語なので、息を呑むシーンも度々あります。
日常から一転、運命の歯車が少女を中心に揺れ動く。
とても深い物語ですので、是非ご覧あれ!

★★★ Excellent!!!

ファンタジー要素のある作品ですが、
高校生の日常や長崎の街といった現実が細部までしっかり書き込まれているため、
ファンタジーが途方もないものとして浮かずに、生活と繋がっているリアルなもののように感じられるのだと思います。

語彙も大変豊富で、しっかりとした作品だと思います。