絵里香 大久保

 ついに、道の駅に戻ってきた――。


 破壊の跡が生々しい建物だが、それを見た時、絵里香も大久保も不思議な懐かしさを感じた。


 道無き道を進んできたこともあり、傷だらけだった。何度も転倒したために青痣も数え切れない。途中、迷いそうにもなった。そのたびに方向を確かめ、最小限の失敗で食い止めた。


 顔を見合わせると、微かに笑った。まだ早いが、達成感がわきつつもある。


 梨沙と阿田川の顔が思い浮かぶ。


 二人の死を、無駄にはしない――。


 その気持ちを胸に、最後の坂を登り切った。


 そして駐車場に向かう。キーがないので拳銃でガラスを割り、トランクを開けた。


 「これだ」大久保が石像を持つ。


 「さあ、早く元に戻そう」


 絵里香が大久保を促す。2人揃って振り返る。


 硬直した――。


 「M……」


 そこに、赤い目をした怪物が立ちふさがっていた。


 思わず後退る2人。


 Mがゆっくりと近づいてくる。大きな目に赤い光を点滅させながら――。


 絵里香は笛をくわえ、吹いた。


 Mの歩みが止まる。だが、二人を見つめ続けている。






 「絵里香ちゃん、これ」大久保が石像を絵里香に手渡した。「俺が引きつけるから、急いでそれを戻すんだ。笛を吹きながら行け」


 「大久保君ッ!」


 叫ぶ絵里香を後ろに下げるようにすると、大久保はダイナマイトと拳銃を取り出した。


 ダイナマイトを腰にさし、その手でライターを持つ。震えてはいたが、動きに躊躇いはなかった。


 「さあ、行って。絶対に成功させるんだ」


 大久保は叫ぶと、銃を撃った。Mの胸あたりに当たった。だが倒れない。


 Mは目の光を一際大きくすると、再び歩き始めた。大久保に向かってくる。怒っているのか? それともおもしろがっているのか? 


 笛を吹いても、もうその動きは止められなかった。


 「絵里香ちゃん、急げ」


 「大久保君……」


 「俺は君が好きだった。でも君は、俺が思うよりずっと強い人だったね」


 大久保が振り返って微笑んだ。


 「さあ、早く行って」叫ぶように言うと、大久保はまたMを撃った。続けざまに何発も。


 「私だって、大久保君のことが好きだったんだよ」


 大声でそう言うと、絵里香は泣きながら走り出した。


 ハイキングコースを目指す。振り返ると、こちらを見ながら笑っている大久保の顔が見えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます