絵里香達  飛田  佐久間

 Mの目が、赤く輝いては消える。そうしながら、だんだん輝きを増していく。


 楽しんでいる――絵里香はそう感じた。


 Mは人を襲うこと、喰らうことに快感を覚えている。これは、未知の生き物というような生やさしい存在ではない。紛れもない怪物だ。


 飛田が慌てて笛を口にした。


 絵里香は咄嗟に動いた。以前バレエをやっていたので足は高く上がる。思い切り、飛田の顎を蹴り上げた。


 「――!」


 その場の全員が目を見開いて驚いた。


 それに構わず、絵里香は飛田が取り落とした笛を拾い上げる。


 「何やってんだ?」


 慌てふためく佐久間。


 絵里香は、無表情なまま彼の右足を銃で撃った。


 「ぐわぁっ」足を押さえて蹲る佐久間。


 絵里香は次に、顎をさすりながら起き上がってきた飛田を、Mが登ってくる斜面に向かって思い切り突き飛ばす。


 「うわあぁぁ」大声で叫びながら、飛田が転がっていく。


 その先には、Mがいる。


 Mの目が一際大きく、そして赤く輝いた。


 「行こう」


 絵里香は大久保に笛を一つ渡すと、先頭に立って走り出す。


 「絵里香ちゃん、凄い」梨沙が言った。


 後ろを確かめる絵里香。Mは追っては来ない。だが、念のために笛を吹いた。


 「ぎゃあぁぁぁー」という飛田の叫び声を背中で聞いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます