元博物館 逃げる人々 襲撃

 最初にその気配に気づいたのは沢崎だった。


 天井を通り越して空を飛ぶ何かを見るように、視線をゆっくり巡らせる。


 藤間が同様に天を見上げ、そして息を呑んだかと思うと、震えて蹲ってしまった。


 何かがこの建物の上空を飛び回っている――東谷も感じた。そして後悔した。実際に遭遇していたのが藤間だけだったということもあり、黒崎達への対応を優先していた。怪物の存在を、意識したわけではないのだが軽んじていた。


 「どうした?」木戸が沢崎に訊く。


 「怪物……いや、黒崎達が言うところの、Mがついに現れたようだ」


 言いながら、沢崎は窓に寄った。そこから空を見上げる。すぐにその横に駆けつけたのは國府田だった。


 藤間は蹲ったまま「ダメだ。もうダメだ」と呟き始める。


 「しっかりしろ」


 木戸と板谷が両脇から支えるようにしたが、藤間は首を振って彼らの腕をふりほどいた。


 国広家族が、小さな沙也香が隠れてしまうほどに身を寄せ合う。長尾もその側で震え始めた。


 梨沙が阿田川にしがみつくようにする。その横で、絵里香は銃を手にしながら顔を強張らせていた。


 「見えるか?」東谷が沢崎に訊く。


 「いや、わからん」


 応える沢崎の横で、国府田が「本当に飛んでいるんですか?」と怪訝な顔になる。


 「気のせいじゃないのか?」佐久間がそれを望むかのように、震えながら言う。


 沢崎は応えなかった。ひたすら五感を働かせている。


 重苦しく、しかも痛いくらいの沈黙があった。実際は数秒だが、密度は数時間以上だ。


 ガシャーン――!


 沢崎達がいる窓際とは逆側の窓が激しい音を立てて割れた。何か大きなものが投げ込まれた。


 東谷と木戸が素早く駆け寄る。それは、道の駅に投げ込まれたのと同じ状態の死体だった。当たり所が悪かったのか、首がもげて頭が転がっていく。






 「きゃあぁぁっ!」


 長尾が、そして梨沙が叫んだ。


 国広がみどりと沙也香の顔を胸に押しつけ、きついくらいに抱きしめた。


 割れた窓に駆けつける東谷。外を見るが、既に何の気配もない。


 ガシャーンッ――!


 沢崎達がいた窓も割られる。放り込まれたのはやはり死体だった。どちらも黒崎の部下らしい。同じ様な服装をしていた。そして同じように内蔵が抉り取られ、なくなっている。


 もはや誰も、叫ぶことさえできなかった。


 沢崎が自動小銃を構えながら外を見る。やはり何も見つからない。


 「ダメだ。もうダメだ。殺される、みんな……」


 藤間の呪詛のような呟きが耳障りだった。


 どこから来る? それともまた脅しだけか?


 東谷も、沢崎も、木戸も、銃を構えながら、感覚をとぎすませてMの出現を待つ。遠藤と絵里香も身構える。板谷は国広家族や長尾を庇うような体制になっていた。


 また、時が止まった。その状況だけで、人の感情をジリジリと締め上げ、判断力を霧散させるに充分な武器となる。


 来ないのか?


 東谷は沢崎と素早く目配せし合った。どちらともなく首を傾げる。


 「脅しているだけじゃないか?」佐久間が常より上擦った声で言った。


 「そうかも知れない。もしかしたら、建物の中には入ってこられないのかも。怪物とは言っても、所詮は動物だ。理解不能な場所には入ってこられないんじゃないかな」


 どこまでも希望的な意見を口にする飛田。誰も賛同しなかった。


 ガシャーンッ――!


 3度目の激しい破壊音は、2階から聞こえてきた。今回はそれに続いて、ガラスの破片を踏みしめるような音もする。






 「2階だ。怪物は上にいる。逃げよう」


 岡谷が言って、真っ先に玄関に向かう。慌てて殺到する佐久間、飛田。


 「待て、安易に外に出たら危険だ」


 東谷が怒鳴るが、一旦恐怖の炎がついた感情は止まるものではなかった。ドアも施したバリケードもかき分け、乗り越え、3人の男はついに外へ跳びだした。


 長尾や阿田川、梨沙、国府田達が、続くかどうか逡巡している。


 「まだ動くな」沢崎が鋭く言った。そして2階へ続く階段の下に立った。


 「行っちゃ駄目」絵里香が叫ぶように言う。


 沢崎は首を振る。「違う。上には何もいない」


 ハッとなり、東谷は玄関に走った。外に出て、ようやくMと名付けられた怪物を見た。


 それは、走っていく岡谷の目の前に降り立った。


 あれがMか――。


 東谷も、沢崎も、絵里香も、遠藤も、木戸も見た。玄関口に立ち止まり、それが大きく羽を広げる様を。


 「モスマン――」


 後ろについていた国府田が呻くように言う。そう、道の駅で国府田が説明していた形態そのものだった。


 「ヒィィィッ!」血相を変えて、佐久間と飛田が戻ってくる。


 「戻れっ!」


 東谷が自動小銃を構えながら岡谷に怒鳴った。


 恐怖で硬直していた岡谷は、ようやく逃げようとした。だが、遅かった。Mは大きく広げた羽で岡谷をガッチリと押さえ込んでしまう。


 「クソッ」


 岡谷がいるので銃を撃てず、東谷は舌打ちした。


 Mは岡谷を抱え込んだまま、スーと飛び上がった。


 羽ばたきもせずに、何故飛べる?






 Mの動きをただ目で追うことしかできない東谷。


 「た、たすけてくれぇ」


 岡谷の叫び声が響いた。だんだん小さくなっていく。月明かりを背に受け、シルエットになったMと岡谷。その固まりから、ボトボトと何かか流れ落ちてきた。岡谷の血であるのは明らかだった。


 ウッと口元を押さえる絵里香。さすがに木戸や遠藤も目を背けた。小さく、ボキボキボキボキ、と岡谷の全身の骨が壊されていく音も聞こえてきた。


 沢崎が飛び出してきて自動小銃を構える。


 「待て、まだ岡谷が」


 「もう手遅れだ」


 東谷の制止の声を遮り、沢崎は弾き金を引いた。リズミカルな銃撃音が響き渡り、合わせるかのようにMの身体が揺らめいた。明らかに弾は当たっている。だが、Mは岡谷を放しもしない。


 Mが空を移動した。巨体にもかかわらず、軽い動きで、しかも恐るべきスピードだった。沢崎でさえ追い切れない。建物の裏側へと消えていく。


 東谷達はすぐに中へ入る。その直後、吹き抜けの明かり取りのてっぺんが激しく割れた。蹲っていた藤間の目の前に、岡谷の死体が叩きつけられる。


 「うわあぁっ」這いずるように逃げる藤間。


 東谷と沢崎が上に銃口を向けるが、何も入ってこなかった。割れた窓から虚しく星空が見えるだけだ。


 「外だっ!」木戸が叫んだ。


 見ると、窓の外、一階の窓にそって、Mは低空飛行をしていた。さっきのスピードからするとかなり遅い。時折こちらを向く目が、赤く輝いている。


 「この野郎っ」


 遠藤と板谷が銃を放つが、Mは意に介さない。


 怯えきった藤間、オロオロとする佐久間、飛田。震えながら抱き合う阿田川と梨沙。一塊となって震える国広家族。長尾はテーブルの脚にしがみついて泣いていた。


 この建物の中は、今、恐怖でいっぱいだ。Mはそれがわかっているかのように、ゆっくりと、窓に近づいては離れていく。






 國府田が、どこに隠し持っていたのかデジタルカメラを取り出した。それをMに向ける。


 ここに来てまで自らの興味や研究を忘れないとは――呆れとも感心ともとれる思いを持つ東谷。


 國府田がシャッターを切ると、ストロボがたかれた。その光がMの目を直撃する。これは思いのほか効果があった。Mは羽を大きく動かすと、上空へ飛び去った。


 「夜行性で光が苦手なのかもしれない」興奮した口調で言う國府田。


 「照れ屋で写真が嫌いなだけかもしれないぞ」


 こんな状態でも軽口を忘れない沢崎。しかしやることはやる。落ちていたサーチライトを拾い上げ、次のMの接近に備える。


 だが、Mの今度の動きは早急だった。ガシャーンッと激しい音を響かせ、別の窓を突き破って、Mが中へ入り込んだ。一階を飛び回る。


 「きゃああぁっ」


 「うわぁ」


 男も女も、様々な叫び声を上げた。上から何か落とされた蟻の行列のように、バラバラと無秩序に逃げ回る。


 銃で攻撃しようとした遠藤や板谷が、Mに衝突されて吹っ飛ぶ。大柄な二人がまるで人形のように軽々と飛んだ。壁や床にたたきつけられ、呻き声をあげる。


 沢崎がサーチライトをMの目に向けた。それを嫌い、上昇するM。明かりとりから外へと飛び出していく。


 だが、一息つく間など与えてくれなかった。今度は玄関を、バリバリバリっという音を立てながら破壊する。再び一階を飛び回るM。


 東谷が銃を撃った。Mの頭部と思われる場所を集中攻撃する。怯んだのか、Mのスピードが落ちた。


 沢崎が東谷に合図した。手には手榴弾を持っている。東谷は頷くと、Mの頭部をひたすら狙い撃ちし続けた。


 Mが怯んだ。そして、ドッと言う音を響かせ、落下する。だが、すぐに立ち上がると、威嚇するように大きく羽を広げ、目の光をいっそう輝かせた。


 「みんな離れて伏せろ」


 沢崎が叫びながら手榴弾を投げつけた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます