ミチ



履きなれた靴で音を立て、慣れない道を歩いてた

ひっそり佇むベンチに座り、見慣れた景色をただ眺める


こんな日もいいなと、そっと涙した


頭の上の太陽は、僕だけを照らすわけじゃない

川で泳ぐ光の粒が、教えてくれてるような気がした


どこへ向かっているのだろう

先の知れぬこの道を

ガムのように噛みしめ続ける

心の風に身を任せ

まだ知らぬ「明日」へ歩き続ける


どこへ向かっているのだろう

得体の知れぬこの心を

ダムのように満たし続ける

みち足りた今とサヨナラをして

まだ知らぬ「明日」へ歩き続ける

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます