窓に映る走馬灯




耳障りな音立てて、今日も列車は走っていく

穴の開いたつり革が、少しずつ埋まっていく

その姿を見て、今日が始まる


目の前の人と目が合わぬよう

エンドロールみたいな景色と向かい合う

ふと流れてきたあの風車が、僕の心に風を送った


このまま降りて、近付きたいものだ

そんなことはできないものだ

望まない使命を果たすべきなんだ

動くことのできない体


立ち止まることなく過ぎ去っていく

この時間だけが走馬灯みたいだ


振り向くことなく僕は進む

スーツ色した心を胸に


あの曇り空の下をめがけて

今日も列車は走っていく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます