第5話 ~帰宅🏠!~


僕の家は訪問者が多い。

朝も昼も夜も近所の人が顔を出してくれる


でも、一人だけ苦手な人が僕にはいるんだ💦

PM5:00過ぎてから家に帰らないと

その怖いおじさんと鉢合わせしちゃうんだ💦


僕︰「大丈夫…かな?😓よし!いない!」


僕︰「ふぅー!ただいまー!😆ってあれ?!😨

おばちゃんが持って来てくれたご飯が無い…」


僕はご飯がない失望感で落ち込んでいました…

ですがある事に気がついたのです


僕︰「あれ?あんまり家の中寒くない…?😓」


隙間風が多かった僕くんの家でしたが

僕くんは寒さが軽減している事に気がつき

部屋を見渡して見ました。

よく見ると隙間風が来ていた穴がダンボールで塞がれていたのです。


僕︰「もしかして、怖いおじさんが塞いでくれたのかな…?😓」




少し怖かったものの

ほっこりとした気持ちになった僕くん

冷え切った身体ではあったものの

心がとても暖かくなったそうです😌🌼

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます