第25話 そんなの聞いてないよぉ?

蒼い空・・・夏の空。


白い飛行機雲が何本も流れていく・・・




「だぁーっ!やられたぁっ!覚えてろぉマモルにーっ!」


涙声のエイミーがそこに居た。


キャンギャル達がワイノワイノはしゃいでいる中で、場違いな少女が・・・


「くっそーっ!マモルにーめ。部屋を使った位で・・・こんな事をさせるとは!

   ゆ る す ま じ !!」


年上のキャンギャル達の中で、握り拳を空に突き出すエイミーだった。




ここ防衛学校で執り行われる年に一度の大祭。

国の安寧を奉じつつ、新たな士官になるべき者達に講話を聞かせる大切な日。


ヒカルはマモルの頼みを聞いて、此処・・・防衛学校に来ていた。


「お母様ですね、堀越生徒の」


声を掛けて来たのは女性士官。


「はい。堀越 ヒカルです」


名乗ったヒカルは、見知らぬ女性士官に頭を下げる。


「私は本校の教官、南郷三佐です。本日は宜しく願います」


女性士官が名乗った時、ヒカルの目が大きく見開いた。


「もしかして・・・南郷大尉のお嬢さん?

 いいえ・・・南郷中佐のご子息であらせますか?」


姿勢を正したヒカルが、空海軍の言葉使いになって訊き質してみる。


「はい、中嶋中尉。私は南郷餅史なんごうもちふみの娘です。

 どうぞお見知りおきください」


旧階級名で呼ばれたヒカルが、女性士官の顔を見詰めて面影を探す。


「そう・・・あなたが。

 生前・・・聞き及んでいましたが。お逢い出来て良かった」


南郷三佐を見詰めて、懐かしそうに頷いた。


「今日は講話の為、わざわざご臨席賜りましてありがとうございます。

 生徒達に先の大戦により喪われし、英霊達の真実を伝えてやってください。

 今年は堀越生徒が在校生となられていますので・・・お願いしたのです」






4日前、マモルが突然頼んできた時にはヒカルは断った。


とても人前で話す勇気がなかったから。

自分が若い生徒達に教えられるとは、思いもしなかったから。


だけど。


「ヒカル。マモルが頼んできたんじゃ無くて、亡くなった方達が願ったと想えば良いんじゃないかな」


戸惑うヒカルに、勲が言った。


「ヒカルにしか話せないことだって一杯あるじゃないか。

 今年はマモルが生徒として在校しているのも、何かのえんだと想う。

 あれから17年。

 若きオフィサー達にも教えて置くべきだと俺は想うよ」


勲がヒカルを押す。

心の中に未だ眠る、不条理の真実はヒカルを苦しめている。

それを知りながらも教壇に立たせようと考えたのは、ひとえにヒカルを想うが故。


「自ら語れるのは生き抜いた者だけ。

 悔しかった想いや、苦しんだ想い。

 それに・・・大切な想い。

 全てを語れるのは生き抜いたヒカルだからこそ・・・なんだよ」


勲がヒカルの決断を押す。


「ありがとう・・・勲さん」


微笑んだヒカルがマモルに向かって頷いた。


「じゃあ、教壇に立ってくれる?お母さん」


「ええ。私なんかで良ければ・・・ね」


頷いたヒカルにホッとしたマモルが息を吐く。


「お母さんが教壇に立つのなら、私には何を頼むの?」


興味深々なエイミーが止せば善いのに訊いて来る。


「あ・・・っと。エイミーね・・・」


頼み事を訊いてきたエイミーにマモルが口を濁す。


「あ~っ、その顔は何か善からぬ事を話す前だ!」


気付いたエイミーが仰け反って身構えたが。


「うん・・・エイミーには応援団員になって欲しいんだ」


「は?・・・応援・・・団員?」


マモルに頼まれたエイミーは目を丸くして聞き返す。


「そう。僕達のクラスの応援団員として参加して貰いたいんだ。

 勿論タダでとは言わないから。竜田揚げ・・・食べ放題・・・だぞ」



  キラ~ン!!



マモルが言った報酬に目を輝かせたエイミーが。


「ホント!?あの伝説の竜田揚げを?食べ放題?」


マモルが頷き、


「しかも!雲龍コロッケ付だ!」



  ピカリン!!!!



「往く!やらせていただきます!お兄様っ!」



・・・・・


3人は我が娘、我が妹ながら・・・残念過ぎる想いに口を閉ざした。





そして・・・その日がやって来たのだ・・・





ヒカルは南郷三佐に導かれ、講堂の準備室に招きいれられた。


「おう!ヒカル。久しぶりやなぁ、元気にしとったかぁ?」


柏村退役大佐が出迎えてくれた。


「あ、柏村さん。お久しぶりです、お元気そうでなにより・・・」


そう話し掛けて奥に居る人の姿に気付いた。


「あ!あなたは・・・」


ヒカルに呼び掛けられた金髪の女性が、


「中嶋・・・いいえ。今は堀越さんだったわね。

 元気そうで良かったわ・・・」


スラリと長身で、金髪を軽くカールさせたの将官が立っていた。






校庭の応援ブースでは・・・


「チクショウめぇっ!どーしてこんなカッコさせられなくちゃぁいけないのよぉ!

 こんなの・・・聞いてないよぉっ!」


在校生のお姉さんたちに紛れて・・・

キャンギャル姿のエイミーがやけくそになってポーズを決めていた。

周りのお姉さん達とは一目も二目も少女ざんねんな・・・エイミーが一緒になって・・・






ヒカルは教壇に立つ・・・

過ぎし日の思い出を語る為。


次回 第26話 過ぎし幾多の・・・


君は闘いの中で何を観て来たというのか?




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます