第17話 転生

 そこは果てし無い海の上。


空は薄汚れた様に弾幕が張られ続けていた。


「ああ・・・僕も。

 僕の命も火の玉になって消えるのか」


急降下を掛ける機内で、若い魂が訴える。


「生きたかった・・・けど。もう停めれない」


海上目掛けて突っ込む機体は、その主に応えるかの様に叫びを上げる。

対空砲火の弾幕を浴びて、あちらこちらに穴が開く。

そして・・・

若き命は、彼の言った通りに火の玉と化し、海上へと墜ちて行った。







「私達の主人たる若き操縦者は、その命を散華させていった。

 たった一つの命を奪われる事を承知で、毎日の様に飛び立って行った。

 そう・・・私は<零式艦上戦闘機>・・・

 戦闘機なのに25番を抱かされて、敵艦向けて<特別攻撃隊>として突っ込まされた」


白いモフモフの髪を靡かせる、紅い瞳の獣耳娘が語る。


「私は<零式艦上戦闘機>の魂。

 敵機と闘う為に産まれた機体。

 数多の命と共に散りし、天駆あまかける者だ」




     チリンッ 




悲しげに語る獣耳娘の鈴が鳴る。


「おまえも我が名付け親と同じ心を持つ者となっているな、ヒカル・・・中嶋ヒカルよ」


紅い瞳がヒカルを見据えて言った。


「あなたの名付け親?その人は?」


照準器に座る獣耳娘はヒカルの問いに答える。


「我が名は<零虎レイコ>。

 私と共に闘い生き残りし名付け親が、最期に名付けてくれた。

 プロペラを外す・・・その日に」


紅き瞳の獣耳娘<天娘 零虎>が教える。


「<零戦虎徹>と仇名されし、我が名付け親が別れにこう言ったのだ。


 {今迄善く闘い抜いてくれた零よ。

  おまえは我が命、おまえこそが虎だった。

  数多の命と共にお前に授けよう、

  天駆ける虎・・・零戦虎徹の名と我が青春を。<零虎レイコ>よ} 

                               

         ・・・と、魂の叫びと共に」


機体に宿る聖獣零虎が、命を吹き込まれた瞬間を語った。


「その時・・・私は産まれた。

 数千の若き命から産まれ、この世界へ送り込まれてきた。

 我が名は<零虎れいこ>。この零式艦上戦闘機の精霊。

 人が言う<天駆ける娘 天娘てんむす>の一人として此処に甦った」


零虎は自らの生まれを語り、ヒカルを観ると。


「それではヒカル。

 お前が新しき我が主となった訳を示して貰おうか。

 お前が持つ異世界との架け橋を。その石に秘められた力を」


ヒカルの胸に手を差し出した零虎の瞳が妖しく輝いた。


「え?石?それはこれの事?」


ヒカルは胸に下げたお守りを取り出し、零虎に見せる。


「そう、それだ。その石が架け橋。その石が力を呼ぶ魔法石」


ヒカルが取り出したお守り袋を指して、零虎が言い放つ。


「その石に命じれば私の姿、いや。

 この機体が変わる。

 おまえが強くなればなる程、力を発揮出来るようになる。

 つまり、主が強くなれば機体も強くなれるって事だ。我があるじ中嶋ヒカル」


紅き瞳の獣耳娘、零虎の姿が、ヒカルの鳶色の瞳に焼き付いた。







ー あの日、初めて逢ったレイは、私の力を求めていた。

  何かを成し遂げる為に。

  この世界へ転生した真の目的を果たす為に・・・でも、未だに成されてはいない。

  私では果してあげられなかった・・・


写真に映る友を見ながら、ヒカルは想う。


ー レイは未だ帰還の時を迎えられていない。

  未だに数多の魂は報われてはいないというのね・・・


17年前に出会ってから今迄、レイは姿を変える事も無く、未だに飛び続けている。

未だに闘う事を繰り返している。


嘗ての友と獣耳娘レイに、想いを向けて涙を拭いた。



「また、思い出していたのか、ヒカル?」


不意に勲の声が聴こえた。

いつの間にか横山を送ってきた勲が、傍に立っている。


「あ、ごめんなさい。気がつかなくて」


慌てて涙を拭い、立ち上がるのを。


「あ・・・」


勲が強く抱締める。


「もう忘れろとは言わない。

 だが、辛く悲しい想い出は・・・新しい思い出に変えていってくれ」


勲に抱きしめられてヒカルは頷く。


「ええ・・・そうね。それが皆との約束ですもの」


勲の手を取り、ヒカルは微笑んだ。

辛い過去の思い出から抜け出すように。






_____________





日課の終了を告げるチャイムが鳴った。

今日の授業を終え帰宅を促す鐘の音が、生徒の心まで解き放つ。



「おい、エイミー。また、格納庫に行くのか?」


短髪のかんが鞄を手にして訊いて来た。


「うん!お話を聴くのが楽しくってね!」


下校仕度を整えたエイミーが笑う。


「お兄様の愛機だったのでしょう、あの零戦ぜろせん


リョビがそう言うと、エイミーは首を振って。


「違うよリョビ。あれは<零戦れいせん>!ゼロじゃないから・・・ね!」


級友に大きな声でその名を告げた。


「どこが違うというのよ、レイとゼロが違うだけじゃないの?」


言い返されたリョビは拘るエイミーを聞き咎めたが、当のエイミーは誇らしげに言い返す。


「全然違うから。

 あの機に宿る聖獣・・・天娘って言ったっけ。

 あのの名は<零虎れいこ>、ゼロじゃないからっ。

 だから、あの機は<零戦れいせんなんだよ!」


窓から見える大空を仰いで、エイミーが笑った。

その胸に輝く魔法石<蒼の石>を下げて。







「我々天娘が何故こっちの世界で生を受け、今に至るのかは判らない。

 だが、転生した事には変りはない。どうすれば元の世界へ戻れるというのか・・・

 そもそも元の世界で我々は機械・・・いや、単に飛行機だったのだから」


操縦席の照準器に座ったレイが、紅き瞳で少女を見る。


「ふうん・・・じゃ、レイはこっちの世界で生まれたんだ。

 お母さんと出逢う前に?」


零戦の座席に座り込んだエイミーが獣耳を生やし、モフモフ白髪で身長10センチ足らずの娘に訊く。


「うむ・・・それが良く解らないのだ。

 多分目を醒ましたのはヒカルに逢う1ヵ月程前の頃か。

 ・・・だから私は今年17歳という訳か」


腕を組んでうんうん頷くレイに呆れた顔で、


「善く言うよ、レイが17歳な訳がないでしょ。

 だってお母さんは35歳なんだから、共に闘ったレイだってそれ位の歳を重ねてきた筈なんだから」


ため息を吐く様に答えたエイミーに、


「むむっ・・・私が年齢詐称してるとでも?」


ムッとした顔のレイが言った。


「まあ、歳はこの際関係ないよ。

 レイはその姿でずっと今迄過してきたのだから・・・

 これからも獣耳娘を通すんだね」


娘の処を強調するエイミー。


「う・・・ま、まあな。<永遠のれい>って訳さ」


レイは少し紅くなった顔で胸を張り、


「でもな、エイミー。

 いつかは真の目的を果す日が来るって思っているんだ。

 我が主が、その目的を果してくれるって想っているんだからな」


ウルウルした紅い瞳を上目使いにして、エイミーを見上げてくる。


「はぁ・・・ウルウル攻撃は善いけど・・・その真の目的っての、どんな事なの?」


ため息を吐いて、エイミーが小さな獣耳娘に尋ねる。


「うむ・・・わからん!」


レイが言い切った。


「は?」


エイミーがガクッと身体をずり落とす。


「そもそも、我々天娘がこっちの世界に現れた事自体が、さっぱり解らない。

 我々の元居た世界とこっちの世界がどう繋がっているのか。

 ・・・全く解らないのだから」


レイが肩を竦めて首を振って応えた。


「なるほど・・・ね。正に神のみぞ知るって話ね」


そんなレイにエイミーは相槌を打ち、


「私が乗れるようになったら、一緒にその答えを探そうね、れい!」


レイと約束を交わすのだった。





エイミーは飛空士学校で、初歩練習機による単独飛行を成功させた。


それはクラスでトップの成績を修めた結果でもあったのだが。


そんなエイミーを睨みつける者の姿があった。


次回 第18話 友と?


君は無事に地上に降り立つ事が出来るのか?


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます