第10話 天娘 <零虎>

すき焼きをつつきながらエイミーが話した。


自分の失敗談に出てくる娘の事を。


格納庫で出逢った・・・獣耳娘<レイ>の事を・・・




「今日はありがとうございました」


横山が玄関先に立って礼を述べて、


「栄美ちゃんにも宜しく伝えてください」


微笑んでヒカルに頼んだ。


「ええ。また、いらしてくださいね、横山君」


頭を下げるヒカルに横山は、


「はい、私には此処が実家だと思えるのですから。

 掛替えも無い家族だと思っていますから」


何度も告げた言葉かんしゃを返した。


「エイミーも喜びますから。そう言って頂けると」


ヒカルが微笑み返すと、外で横山を待っているいさおが呼んだ。


「じゃあ、横山君を宿舎まで送ってくるからな」


酒気を帯びた2人が連れ立って家を出て行く。


「お気をつけて」


2人を見送ったヒカルが家の中へ戻る。


食卓で眠ってしまったエイミーの寝顔を見て。


「初めての日はとても食事が喉を通らなかったのに・・・この子ったら」


微笑んで顔に掛かった髪をそっと撫上げてやった。


「それにしても・・・レイってば。

 エイミーをもう認めてしまったのかしら」


エイミーが話した失敗談を思い出して呟く。


「まだこの子はヒヨコにもなって無いと言うのに・・・

 相変わらずレイって、せっかちなんだから」


エイミーの髪を撫でながら、ヒカルは<零戦>に宿る天娘てんむすの姿を思い出していた。







__________






「そう言えば栄美ちゃん、最初に失敗したって言っていたけど。

 格納庫で転んだって・・・どうして運動神経の良い栄美ちゃんが転んだの?」


酒気が廻った横山が思い出したように訊いてくると、


「えっ?うん・・・あのね。

 あのが話しかけてきたんだ」


まだ、すき焼きをつついているエイミーが気も止めない風に答えた。


「あの?同級生のかい?」


いさおが興味を惹かれたらしく聞き返すと、


「ううん、違うよ。機体に宿る娘・・・天娘てんむすって言うのかな。

 獣耳を生やした白銀の髪をした娘だよ」


素っ気のない答えがエイミーから返ってきて、大人3人が驚きの表情となる。


「えっ、エイミー。お前あの娘を見たのか?」


勲が空かさず訊き返すと、


「そう。いきなり話し掛けて来たんだ・・・頭の中に」


肉を口に放り込んだエイミーが言った。


「エイミーっ、それは本当の事なの?」


ヒカルが思わず声を大きくして訊き直す。


「何?お母さん。私の言う事が信じられないの?」


モグモグしながらエイミーが返した。


「いや、栄美ちゃん。そのは何と言ってきたんだい?

 何を話したと言うんだい?」


横山はぐい呑を置いて、身体を乗り出して訊いた。


「えっとね・・・最初聞えたのは・・・ね」


エイミーがその日あった出来事を話し始める。





_________





「「お前・・・私が見えるのか?」」


走りながら格納庫の中を観ていたエイミーに、誰かが話しかけて来たように思えた。


ー 誰だろ?私の周りの生徒の声じゃないし?


耳に聞えたというより、頭の中に直接響いた様にも思える。


「「お前・・・アイツの娘なのか?マモルが言っていた妹なのか?」」


また聞えてくる女の子の声。

その声が聞えた様に思える方へ向くと、そこは格納庫の中。


ー あ・・・<零戦れいせん>から?


瞳を凝らして零戦を見詰めるエイミーが、


ー そうか・・・あなたがアタシを呼んだんだんね?


気付いた。

其処に居る娘の姿に・・・


「「見えるのか私が。

  この<零戦>の聖獣たる私の姿が・・・

  そうか!やはりお前はヒカルのなんだな!」」


白銀の髪に着けられた鈴の音が音をたてる。



    チリン



それははっきりとエイミーの頭の中で鳴った。


周りの景色が停まる。


「「私の姿が見えるお前の名をここに示せ。

  この天娘てんむす零虎レイコ>にその名を教えろ」」


紅い瞳を輝かせる獣耳娘が求めてくる。


「「さあ!お前の名を私に示せ。この零戦に新たな誓いを唱えてくれ」」


獣耳娘が右手を差し伸ばしてくる。


ー 私の名を知って、あなたはどうしたいというの?

  私の友達になってくれるというの?


頭の中でエイミーが訊く。


「「その答えは後に示される。今はまだその時ではない・・・

  だが、私は知っておきたいのだ。

  我が宿命の主人あるじの名を。

  我等があるべき持ち主の名を」」


獣耳娘の右手が、求める様に差し出される。


ー いいわ、教えてあげる。

  私は・・・堀越ほりこし 栄美えいみ

  堀越 ひかるの娘・・・まもるの妹。

  あなたと共に闘いし人のむすめであり、妹でもあるのよ!


エイミーが告げた。



    ビシャッ!



名乗った名が言霊となり、獣耳娘の手に納まる。


「「確かに承ったぞ、栄美」」


言霊を手に握った白銀の獣耳娘が名乗る。


「「堀越 栄美に答える。

  我が名は<零虎レイコ>。

  この世界へ投げ込まれし<零戦>に宿る天翔あまかける白虎びゃっこの精霊。

  そなたに受け継がれし力を持って我が主人と成す」」


紅い瞳を輝かせた<零虎>がかしずいた。


ー はいはい・・・長い口上、御苦労様。

  ようするに、あなたは私のお友達になってくれるんだね、レイ?


エイミーが呼びかけた、その呼び方で。

母親と同じ呼び方で。


「「栄美・・・いや、エイミー。

  お前なぁ・・・いくらヒカルの娘だからって、いきなりそんな気安く呼ぶなよ」」


はぐらかされたレイが、エイミーの言霊を胸の勾玉まがたまに封じて毒づくと、


ー だってぇ、マモルにーも言っていたもん。

  レイはそそっかしいから注意しろって。

  容姿は可愛いけど、気が早くて優柔不断だから気をつけろって・・・


エイミーに言われたレイが拳を握り締めて、


「「くっそ!マモルの奴・・・今度会ったらオシオキだ!」」


プンスカ怒り出した。


ー でも・・・逢えて良かった。

  入校初日から逢えるなんて思ってもなかったから。

  ありがとう、話し掛けてくれて!


頭の中で笑いかけるエイミーがお礼を述べると、


「「ふぅん・・・お前って見た目より大人なんだなぁ。

  あんなに小さかったのに・・・この急成長娘め」」


レイが懐かしげにエイミーを観て教える。


「「初めて逢ったのは、私がこの学校へ移された時だったかな。

  ヒカルに抱かれて現れたエイミーは、まだ赤ちゃんだったから。

  もう・・・14年も経ったか・・・胸アツだな」」


白髪を靡かせた獣耳娘が、遠い眼をする。


ー あはは、覚えてないけど。

  でも、すっごく優しげに私を見ていた事は知ってるよ。

  マモルにーが決勝戦を終えて戻って来た時も、私の事を観ていたでしょ?


エイミーが既にレイの事を知っていたと聴いて、獣耳娘の耳がピンと立つ。


「「お、お前・・・知っていたのか?」」

 

驚いたように耳を立ててエイミーの声を聴こうとするレイに、


ー うん・・・見ていたよ。

  だから今も驚かないでしょ。

  普通の人なら、こんな会話したら卒倒しちゃうよ?


レイは細い瞳を見開いてエイミーを観た。


「「あーっはっはっはっ!こりゃ参ったな。こいつは善い!

  是非とも載せてみたくなった。

  お前はきっとヒカルにも劣らない翔騎になれる。

  闘う為に転生したこの<零戦>に、きっと安らぎを齎してくれる・・・

  宿命のパイロットになってくれる。その時が待ちどおしい。

  早くヒヨコを卒業して私の主人あるじになってくれ!」」


レイは大笑いして願望を述べ、


「「ではな、エイミー。待っているからな、その時を!」」



     チリン



レイの鈴の音が鳴った・・・


鈴の音が鳴り終わった・・・瞬間。



     ベチャ!



鈴の音が鳴り終わると、景色が動いた。

眼に映ったのは地面・・・・


「だ・・・大丈夫?堀越さん?」


2番手を追っていたリョビが訊いて来ると。


「うぬぬ・・・レイめ。マモルにーの言っていた通り油断ならないだな」


ひっくりコケたまま、<零戦>に向けて呟いた。






___________





「そうか、それでコケたのか。こりゃ傑作だ!」


勲が膝を叩いて大笑いする。


「笑い事じゃないよ、お父さん。こっちはみんなに大笑いされたんだから」


剥れるエイミーが勲に詰め寄って、


「でも、レイって前からあんな娘だったの?

 お母さんが初めて出逢った時も、こんな感じだったの?」


ヒカルの方に訊ねる。


「いいえ、私とレイが出逢ったのは・・・」


一瞬口走ったヒカルが言い澱み、


「そうそう、エイミー。お肉ばっかり食べてないで」


話を切り替えてくる。


「えーっ、いいじゃん。私、育ち盛りなんだからぁ」


巧くヒカルに話を切り替えられた事にエイミーは気付かなかったが、

勲や横山はヒカルの想いに気付き、話を戻そうとはしなかった。






________________






「堀越さん。ヒカルさんは未だに引き摺っているのですね。

 ・・・先の大戦での事を・・・」


宿舎へ向かう途中、横山が勲に話しかけた。


「ああ・・・そうだ。

 未だにヒカルの心はあの闘いで受けた傷跡に苦しんでいるんだよ。

 横山君・・・君と同じ様に・・・ね」


同道する2人は空を見上げて話し合う。

満天の星空に、雲は掛かっていなかった。

只、明るく瞬く星と、月の明かりが2人を照らしていた。





エイミーを自室に連れ、寝かせたヒカルは一人思い出していた。

それは辛く悲しい思い出。


自分が望んでいなかった空への旅立ちでもあった。


ヒカルの脳裏に響くのはあの日の轟音。

そして、その日はヒカルの一生を決定付けた日でもあった・・・





「お前は空へ揚がってはならない・・・」

母に止められても憧れには勝てない。

一人の少女は空へと飛び立った・・・だが。


次回 第11話 流転


君は闘う事を運命付けられた操縦者・・・飛空士


作者注)次回からヒカルの過去パートに入ります。戦争に巻き込まれてしまうヒカル・・・

    彼女の過去とは?彼女が経験した事とは?

    



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます