第21話「俺に装填しろぉぉお!」

 ───ズドォォォォオン!!!

 ドカーーーーーーーーーン!!


「「「あぎゃあぁぁああああああ!!」」」


 アルガスは皆まで聞かずに主砲発射。

 兵の集団をぶっ飛ばした。


 もちろん、密集している所のど真ん中に───。


 ほとんどの兵が一瞬にして爆発四散した。

 破片を喰らって呻いている兵も、いるにはいるがもはや戦力としては成していない。


 運よく生き残った代官はケツに火がついて転げ回っている。 


「ひぃぃぃい!! あちゃあちゃあちゃ!!

 な、なんちゅうことをぉぉおお!!」


 知るか。

 こっちのセリフじゃ!!


『はッ。どうした? 権力とやらはその程度か?』

「な、なめおってぇぇえ!! わ、わわわ、ワシの兵はまだまだおるわぃ!! さささ、さっさと来いぃぃい!!」


 なるほど、なるほど。


 街の警備や外の見張りを、全部放り出して代官の部隊が急行中だ。

 全軍集結!───って、ところか。


 そういえば、街に入る時に延々と待たされた恨みもある。

 賄賂も露骨に要求しやがるし、ミィナを厭らしい目でジロジロ見ていやがったし……。


 あの行列は衛兵隊の仕事の怠慢のせい。あとは賄賂をせびったり、女性にセクハラしてたりと、余計な手間をかけるのが原因だ。


 ゆえに代官も衛兵隊も嫌われているのだ。

 通行税も高いしな……。


 うーじゃうじゃと集まり始めた衛兵隊。

 全部2、300人はいるだろうか?


 よほど慌てて来たのか、槍だけって奴もいるけど──────。


「がははははははは! その魔法とて、そう連発はできまい! さぁ、いつまでもつかな? んがーーっはっはっは!」


 ほう。

 まだまだやる気か。


 俺がただまんじりともせず「重戦車」のことを調べずにいたと思うのか?


 ちゃーーーーんと、ヘルプで再装填のことも調べてある。

 ティーガーⅠの主砲は強力無比だが単発だ。


 再装填には装填手が必要となる。


 そう……。


 中に誰かが乗ることが前提なのだ。


『ミィナ。聞こえるか? そこにあるヘッドセット───……黒い半欠けの輪っかみたいなやつだ。そこについてる耳あてを付けろ』

「え? うん……」


 車内はエンジン音で喧しい。

 今でこそキューポラの出口付近にいるから声が届くが中に入るとその限りではない。


「つけたよ? 首輪みたいなのもするの?」

『そうだ。そいつの丸い所を喉に当たるように調整しろ』


「はーい」


 喉頭マイクをも装備させると、ミィナの声がぐっと近くなった気がする。

 アルガスの声も、ヘッドセットを通して聞こえていることだろう。


『いいかミィナ。これから再装填ナッハラーデンを指示する』

再装填ナッハラーデン?」


 ミィナがポカンとした顔をしている気配がする。

 そりゃ、いきなり言われても分からんだろうからね。


『今から言うことをやってほしい。かなり力がいるけど、ポーターをやってるミィナならできる』

「う、うん! やってみる!」


 よし。いい子だ───。


『まず、車内にある酒瓶のお化けみたいな、鉄の筒がいっぱいあるのが見えるか?』

「ん? うん……綺麗───」


 ん? 綺麗……?


 ───砲弾、綺麗か……?

 まぁ、子供の感性は分からん。


『そうだ。そこにある綺麗な筒の、先端がオレンジの奴を選んで手元に持ってきてくれ』


「う、うん!!」


 信管の調整はアルガスでも出来るようだが、装填だけは自動では不可能らしい。

 そして今、ミィナが「ヨイショ、ヨイショ……」と抱えているのが爆発する砲弾───88mm榴弾だ。


「も、持ったよ───」

『よし、それを近くにおいて、中にあるけむり臭い大きな筒の横に行ってくれ』


 さっき一発撃ったので、主砲は実に硝煙臭いだろう。

 ミィナが顔を顰めながら、言われた通りに横に立つ。


『そこに閉塞器の開放レバーがある……。それだ。勢いよく引け!』


「う、うん! きゃあ!」


 ガション!! 砲尾が開き、硝煙を纏った空薬莢が排出。


 ───ガランガランガラン……!


 そして、黒々とした砲の中が開放された。


『よくやった! 次はさっきの筒をその穴に押し込んでくれ。勢いよく───そうだ。そこにのせて』


 ミィナが「うんうん!」と、唸りながら砲弾を運び上げ砲尾にセットする。


「よいっしょッ!! ふぅ……」


『よし! あとは拳を作って、殴るように綺麗な筒を押し込むんだ! 押し込んだらすぐに手を引け』


 ミィナが可愛いお手てに拳を作る。


「こ、こう?」 


『そうだ。押し込めッ! 装填してくれ、ミィナ!!』


 ───俺の穴に突っ込め!!


「は、はい!! えい!!」


 ガッ───……ション!!


 アルガスの感覚に、主砲弾が装填されたことが分かる。


 幼女ロリに突っ込まれているというのは、言葉面ことばづら的に非常にヤバい気もするが───うん、気にしないでおこう。


 ミィナが手を引いた瞬間、半自動装填機構がガシャン!! と激しくせり上がり、砲尾を閉塞した。


 この時にモタモタしていると、指を食いちぎられるのだ。大変危険……。


『いいぞ!! あとは脇に逃げて、横にあるボタンを押したら、耳を塞いで口を大きく開けていろ!』


「うん!! あー……!!」


 バン! と叩くように、装填手用の安全装置を解除したミィナ!

 素直に口を開けて「あー……!」と、そして耳をヘッドセット越しに覆っている!!






 よし!!

 装填完了だ!!!





 ウィィィィイン……と、悪徳代官目掛けて砲を指向する。

 野郎はビクともしなくなったアルガスを見て、ゲラゲラと笑っていやがる。


 アルガスが衛兵の大戦力に、ビビッて震えているとでも勘違いしているのだろう──。


 そうとも───それは、大きな勘違いだ。


「ぐははははははは! どうした、どうした! ビビッて手も足も出んと見える! ぐはーっはっはっは!」


『ハッ。ティーガーⅠは無限装軌キャタピラだ! 端っから、足なんざねぇよ!』


 ウィィィィイン……!


 ピタリ。


「んがーっはっはっは! もう、魔法も打ち止めと見える───! ワシのような権力者に逆らったことを思い知らせてやる!! やれぇい者ども!!」


 えっちら、おっちら!


「はぁはぁはぁ! おう!!」

「ぜぇぜぇぜぇ! おらぁあ!!」


 息も絶え絶えに丘をかけ上がってきた衛兵ども。

 全員が到達すると、気勢をはる!


「「「ひゃっはー、ブッ殺だぜぇ!」」」


 非番の者や、一番遠い壁の警備についていたものらは息も絶え絶え。


 ───それでも意気軒昂……のはず!


 とくに街から小高い丘に急行した兵らは全員が疲れ切っていた。だが代官に逆らえば後が怖いので渋々───。


『兵士諸君──任務ご苦労、さようならッ』


 ───発射フォイエルッッ!!


「は! まだぬかすか、ワシの勝」


 ドカーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!


「「「あべしーーーーーーーーー!!」」」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます