第20話「ミィナ搭乗!!」

 ふん……。そうやって笑顔でいろッ!

 受付さんよぉぉおおお!


 真っ白に燃え尽きたセリーナは放置。

 ギルドマスターと盗賊ギルドはぶっ飛ばした!!


 ならば──────……。


 ……次は、代官!!


 そうして、アルガスは顔を上に向ける。


 ボロッボロになった一階はほとんど更地だが、さすがにこの巨体では階段を上れない。


 だが、分かる。


 もう見ていた──────。


 もう、見えているぞ!!


 代官の部屋がどこで、ミィナがどこにいたのかをッ!


 顔を向ければ砲塔の仰角が上がっていく。

 そして、主砲同軸機銃MG34を指向すると──。


『返してもらうぞ! 悪徳代官ッッ!!』


 ドコココココココココココココココココココココココココッッ!!


 激しいマズルフラッシュが闇に沈む屋敷の中でギラギラと輝き、明るく照らし出す。

 そして、射線の先はアルガスが調整したがために、丸ーく銃痕が開いていく。


 まるでミシンでも縫うかのように、ボコボコ! と、一周まわって穴が空いたかと思うと──────。



 ドッカーーーーーーン!!!



 と、底でも抜けたかのように床が抜け上階が落ちてきた。


 そこに───……。

「ぶ、ぶひぃぃぃぃぃいいいい!!」

「きゃぁぁあぁぁぁあああああ!!」


 ミィナを抱えたデブ代官が叫びながら落ちてきた……。


 って、おい!

 何でズボン履いてねぇんだよ、テメェ!!


「ぶひッ!!」


 ベチャリと潰れるように落ちてきた代官。

 その脂肪の上でバウンドしたミィナがポーンと、アルガスの上に着地する。


「ふぇ?」

『無事かミィナ……服がボロボロになっちまったな』


 リズから貰った大き目のシャツはボロボロだった。

 だけど、体にはどこにも傷一つない。


 良かった──────……。


「ぐぶぶぶぶ……ぎ、ギザマァぁぁ!! こんなことをしていいと思ってるのかぁぁぁああ!!」


 このワシを誰だと思っている────!!


「ワシはなぁああ!! このベームスの街を治める偉大なる、」


『悪徳代官だろ?』

「……悪徳代官さん」


 ミィナとハモりつつ、首を傾げたミィナにちょっと笑ってしまったアルガス。


「んが! だ、だだだ、誰が悪徳代官だ! 誰がッ」


 いや、お前だよ。


「ふん……! まぁいい! 今すぐ謝れば寛大なワシのことじゃ、許してやらんこともない───」


『───状況わかって言ってんのか? 手ぇ、震えてるぜ?』


 どうやら虚勢を張っているだけのようだが、この状況で面と向かっているだけ中々の胆力だ。


「な、なんだと!? わ、ワシの寛大な処置を───」


 ワナワナと震える代官に向かって、アルガスがちょっと近づく。


 ギャラララ……!


「ぶひゃあああ!?」

 鋼鉄の巨体がたてる騒音に、代官は腰を抜かして見っとも無く叫ぶ。

 小便をジャバジャバと漏らして後退あとずさる。


「ひぃぃぃ!! よ、よせ! わ、ワシを殺したらとんでもないことになるぞ!! 王国が黙っておらんぞぉぉお」


 ……今さらかよ。

 ここまでやってんだ、もう退くわけないだろうが。


「わ、わわわ、ワシを見逃せぇぇ! な? い、今なら、ゆ、許してやるから───」

『バーカ。うちの子に手を出しておいてタダで済むと───』


「「「お代官さまッ!!」」」


 どたどたどた!!


 トドメを刺そうとしたアルガスだが、そこに大勢の声が降り注ぐ。

 見れば街の方から駆け戻ってきた衛兵の部隊らしい。


 それに気づいた代官はニヤリと顔を歪めると、

「が、がははははははッ! この不届き者めが、だ~れが貴様なんぞ許すかッ!! 貴様は拷問の末、ひっどい最期をくれてやる! そして、そのガキは当面はワシのペットとして末永く飼ってやるぞぉぉお! ぐははははははは!」


 あーらら。

 見逃すとか言ってた割に手のひら、くる~が早いのね。


 ま、どうでもええけど。

『───ミィナ。俺の中に入れ』

「う、うん!!」


 ミィナは慣れた様子でキューポラを開放すると、中にスルスルと潜り込んだ。

 彼女の気配が視察孔付近にあるのを感じる。


 たぶん、外が気になるのだろう。


 悪徳代官はこれ幸いとばかり、カサカサとゴキブリのような動きで兵らの集団潜り込んでいった。


「ぬーーー!! 貴様ら遅いぞ! やれ、ぶっ殺せ!! アルガスの首をとれぇぇえ!!」


「「「ハッ!!」」」


 100人ばかりの徒党を組んだ代官小飼いの衛兵部隊。

 全員完全武装はもとより、なかなか練度も高そうだ。


 すぐに盾で亀甲隊形をつくると、代官を内部に保護し、長槍を盾の縁でしごき始めた。


 後方には弓兵もいやがる。

「「「攻撃前進バトルマーチッ!」」」


 ざっざっざ!!


「ぐはははははははは! これが代官の権力じゃ! これだけの戦力が、ワシの手中に───」



 ───ズドォォォォオン!!!

 


 ドカーーーーーーーーーン!!



「「「あぎゃあぁぁああああああ!!」」」


 情け容赦のない、アルガスの一撃が衛兵部隊に直撃した……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます