第22話「真夜中の追撃」

 ドカーーーーーーーーーーーーーーン!!

「「「あべしーーーーーーーーー!!」」」


 せっかく急行して来たというのに、兵らの大半は爆発四散。


 ギュルギュルと、錐もみ状態で夜の空へとすっ飛んでいった。


 代官はといえば、口をパカーと開けて茫然自失。


「──────は?」


 え? なんぞ?……って顔してやがる。


「はぇ?」


 ……はぇ? じゃねぇ!!


『ミィナ、再装填ナッハラーデン───黄色ゲェバァ の弾頭シュプレンカァプ榴弾だダス グラナート


はいヤボォル!」


 そうだ!

 俺の穴に・・・・筒を突っ込め・・・・・・ぇぇぇええ!!


「えーい!」


 ガッショーーーーーーーン!! おぅふ!


装填完了ラーデンオケィ

よしグートよくやったヴェアマト!』


 そして、アルガスは砲をさらに指向する!


 未だ、続々と急行しつつある、悪徳代官の子飼いの私兵もどきの衛兵たちに!!


「な、なんか爆発したぞ?」

「はひーはひー……いいから早く行けぇ」

「ちくしょー。ナタリーちゃんとしっぽりしてたのに!」


 代官の館で起こった事態など露知らず、取りあえずやってきましたとばかりの非番の兵士達。


 あー、哀れ。


 すまんな、ナタリーちゃん。


「ま、まさか……」


 ダラダラと汗を流す悪徳代官。


「れ、連発できるの?」

『できますが、何か?』


 そう言い切るアルガスに、代官が真っ青な顔で腰を抜かす。


「ぶ、ぶひぃぃぃい!! ひ、ひひひ、卑怯だぞ!! そ、そそそそ、そんな鉄の箱に入ってぇぇぇえ!!」


 知るかボケッ。

 子供を誘拐して、ズボン下ろしてた阿呆に言われる筋合いはない!!


「よ、よよよよ、よせ!! やめろぉぉぉおお!!」


 ウィィィィイン……。ピタッ!


「「「到着しましたぁ、お代官さま!」」」

「ば、ばかもん! 刺激するなぁぁぁあ!」


『───発射ぁぁあシィセェェエンッッ』


 ズドンッッッ!!

 ッドカーーーーーーーーーーーン!!


「「「ひでぶぅぅぅううううう!!」」」


「に、」

 ───逃げろぉぉぉぉおおおお!!


 豚クソ悪徳代官が、ビョーーーーーンと飛び上がって真っ先に逃げ出す。

 とは言っても、せっかくの援軍は真っ黒こげになって原型もない。


「ぶひぃぃぃぃいい!! やり過ぎだろぉぉぉおおお!!」


 丘の下にはまだまだ兵の集団がいるが、その連中など目もくれずに、一目散───……って、はぇーな!? あの走れる豚。


 速い、速い、速い!!


 ───だけど……!

『……逃がすかよ! 落とし前をつけてやらぁぁあ!!』


装填完了だよラーデン オケィ!」


 いい子だ。


『ミィナ! 装填手席について、どこかにしっかり掴まってろッ』


はいヤー!」


 なんせ、今から真夜中の追いかけっこだ。

 ドルルルルルン!!


 アルガスはエンジンを全開にすると、探照灯の光を悪徳代官に指向し、捕捉した。


 ビカビカと光る戦闘用のライトが、煌々と代官を照らし出す。


『《ヴィシュティキボン 》悪徳代官タィフィビシュ 確認ッスティキーハン──────戦車パンツァー前進フォーッ!』


 ガリリリ……!!


 履帯キャタピラが、代官の屋敷前の地面を大きく抉る!


 ギャギャギャ!!

 ギャリリリリリリ!!


 そして、弾かれたように全速前進ッッ!!


 舗装路・・・を時速40km/hで追撃を開始した。


「ぶひっ? ぶひひひっ?!」


 もはや何を言っているのか分からない、悪徳代官どの。


 ズボンはいつの間にかどこかに消えている。


 だから、パンイチで走る走る!!

 走るッ!!


 はえーな、アイツ!!


『───うちの子を攫っておいて、タダで済むと思ってんのか、ごるぁぁあッ!!』


 ギャラララララララララララララララ!!


 ギャラギャラギャラギャラギャラギャラ!


 激しい履帯音が響き渡り、あっという間に代官との差を縮めていく。


「ま、まて!!」

「止れ! その怪しい馬車ぁぁあ!」


 その間にも衛兵どもが妨害するも、主砲同軸機関銃MG34で薙ぎ払うッ!!


 ズダダダダダダダダダダダダダダダダ!!


「「「ぶべらぁぁぁあ!!」」」


 あっという間に蹴散らされてもしつこく沸き続ける衛兵ども。

 代官に、よほど人望があるのか、それともお仕置きが怖いのか───あるいは、全員バカなのか……。


「バカなのかな? 死ぬの?」

『そうだ。バカは死ねッ!』


 ミィナが、砲についている照準を覗き込んでいる。

 ツァイス製の照準鏡は、実に明るいことだろう。


「わぁ、いっぱいくるよー」


『ふん、戦車砲で一掃する。耳を塞げ』

「はーい♪」


 ウィィィイイン────行進射マァウズシーセン開始スターティギィッ!


 発射フォイエルッ!!


 ズドーーーーーーーーーーン!!


 アルガスの精神直結の戦車砲の命中率たるや、凄まじく正確の一言!


「「「あんぎゃぁぁあああ!!」」」


 そして、直撃を食らった小集団が木っ端みじんに吹っ飛んでいく。

 それを見て、顔色が真っ青を通り越して真っ黒になった代官。


「ぶひゃ? ぶひゃはぁぁぁあああ!!」


 やりすぎ? やめろ?───ってか?


 は!

 それは88mm戦車砲アハト・アハトに聞いてみろぉぉおお!!


 コイツをお前のケツぶちこんでから、要相談じゃ!


 謝れ、ひれ伏せ、媚びてみろぉぉおお!


 そうしたところで、

 ───だが許さん!


 地獄の果てまで追ってくれるわッ!!


再装填ナッハラーデン!』

はーいファシュタンドン!」


 ガッション!!……はぁうあ!


 ズドーーーーーン!!


再装填ナッハラーデン!』

はーいヤボール!」


 ガッチョーーーーン!……効っくぅ!


 ズドーーーーーーーン!!


再装填ナッハラーデン!』

うんヤー♪」


 ジャコーーーーーン!……ぁあぅ!


 ズドーーーーーーーーーーーン!!



「「「「あーーーれーーーー……!」」」」


 非番の衛兵、門についていた衛兵、とにかく悪徳代官の子飼いの兵が続々やってくるも、鎧袖一触!


 全っ部ッ、ぶっ飛ばされていく。


 そして、さすがにここまで大騒ぎをすれば住民も目覚める。


 当たり前だ。


 そのうちに、家々に火が灯りザワザワとし始めたベームスの街。


 そこを、悪徳代官がパンツ一丁で、ブヒブヒと鳴きながら、ヒーヒー言いつつ逃げ回ているのだ。


 さらに、普段から悪行三昧の嫌われものの衛兵どもが、

 ドカーン! ドカーン!「あ~れ~?!」と、吹っ飛んでいる。


 もうそれだけで、ピーン! と来た街の住民はこれ幸いとばかりに、家々から鎌やら斧やら箒やら……物騒な物を手に続々と集結。


 そして、アルガスを追いかける─────わけではなく、衛兵たちを追い回し始めた。


「ちょ?!」

「何だお前ら───ぎゃ!」

「よ、よせ!! 我々は、お代官さまの、あぎゃ!!」


 普段から溜まっていた衛兵たちへの不満がついに爆発!!

 まるでクーデターでも起こったかのように、ついに街中で一斉蜂起が始まった!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます