第13話「討伐証明はありまーーーーーーす!」


 ───じゃ、金貨10000枚貰おうか?


 アルガスの当然の要求にギルドマスターを始め、セリーナ嬢も硬直している。


「………………え? あ、お? え?」


 ズシン、ズシン。


 堂々と金庫に向かうアルガスを見て、ポケーと間抜け面。


「え? ちょ───?」


 語彙力が失せ、動きの可笑しくなったギルドマスター。

 そして、ダラダラと汗を流すセリーナ嬢。


「いやぁ、その───さっきのは言葉の綾というか、その……」


「はぁ?───いや、知らんけど、貰っていくぞ。……あ、ちゃんとオーガキングの体はドロップアイテムとして、素材でも換金してくれよ、いつもどおりな・・・・・・・


 ギルドの報酬には討伐報酬のほか、討伐対象の部位を別に売ることができる。

 例えば、ゴブリンであれば耳等を討伐証明とし、他の部位を売ることができるようになっているのだ。


「ちょ、ちょちょ、ちょちょちょちょ!! ちょっと待て!! おかしいだろうが!!」


 突然態度を変化させたギルドマスターが、セリーナ嬢と共にバタバタとテーブルの上の金庫の前に立ち塞がる。


「なんだよ? 軍団を倒したんだぜ? 元々払う報酬が俺の物になるってだけだろ? 誰の損にもならないし、むしろ貴重な人命が失われずに済む。俺よし、ギルドよし、尊い人命よし──三方よし、でいいじゃねぇか?」


「ば、ばばばばばば、バカを言うな! お、おおおおおおお、お前如きにオーガキングが倒せるわけがないだろうが!」

「そ、そうよ!! お、大方、似たような亜種を仕留めて騙すつもりなんでしょう!」


 いや、知らんがな。

 ギルドには鑑定士もいるんだし、勝手に調べろや。


「そ、そうだ、そうだ! だいたい、将軍級を倒しても、軍団はまだここに向かっているかもしれんのだぞ! 帰還した冒険者に聞けば、くだん軍団レギオンは1000体以上もの魔物の群れホードの集合体だ! その将軍級を、お前みたいなノロマがだな!」


「そ、そそそ、そうよ! この金庫のお金だって、死人に口なしで───報酬後払いを見越しといたのよ! そうすりゃ、死んだ連中には払わなくていいから、パパのポケットマネーで用意したのよッ! 本来なら10000枚もかからないんだからッ!!」

「バカ、余計なこと言うな!!」


 シーーーーーーーーーーーーン。


 ほーーーーーー……そういう魂胆か。


 なるほど、なるほどー。


 軍団への対策のために、死地にド素人を送り出しておいて、あとから金を渋るつもりだったのね。


 そりゃ、死んだ人間に金は必要ないわな。

 あとは、適当に契約段階で遺族には払われない──とかシレっと、書き添えるつもりなんだろうさ。


 で、それを俺がぶち壊したってわけだ。


 スゲー、どーでもいい。


「───はッ……つまり、軍団を討伐した証明・・・・・・・・・がありゃいいのか?」

「そ、そうだ! 見せてみるがいい────見せられるものならな、グハハハハハハ──────ぐはぁ?!」


 はい、ミィナちゃん───GO!


「よいしょ」


 可愛い掛け声とともに、ミィナが異次元収納袋アイテムボックスから次々に魔物の死骸と取り出していく。


 ドロップ品まで出すとあれなので、討伐部位だけ。


 それでも相当な量だ。

 なんたって、千体の軍団全てだからな。


 ミィナがどうやっているのか知らないが、異次元収納袋アイテムボックスからは、彼女の任意の物が取り出せるようだ。


 バカ笑いと、高笑いをしていたギルドマスターとそのバカ娘が、段々声が小さくなっていく───。


 そして、あんぐりと開けた口が段々閉まらなくなってきた。


 パッカーと、間抜けっぷりを盛大に発揮。


「ひぃ、ふぅ、みぃ──────あー、君らで数えてくれよ」


 自分で数えるのもバカバカしくなってきたアルガスは、ギルド職員に丸投げする。


 っていうか、それが本来のギルドの仕事だからね。


 茫然としたギルド職員も、慌てて床やテーブルに並べられた討伐部位を確認していく。


「うお?! ハイオークの牙?!」

「げ……! サラマンダーの尻尾?!」

「うそ……グレーターゴブリンの耳?!」

「ま、まさか──オーガナイトの角ぉ?!」

「げげげげ……これって、コカトリスの嘴じゃぁ……?!」


 まーあるわあるわ。


 荒野中の魔物が集まってたんじゃないかって、規模だったしね。


 それも、どいつもこいつもかなりの高ランクの魔物ばっかり。

 それ一体でも、金貨換算の魔物ばかりだ。


 討伐ごとに報酬が出るというのだから、それと相殺してもおつりがくる。


 ちなみに討伐報酬だからね?

 君ら知らないだろうけど、ドロップ品はまた別にあるのよ?


「ま、マスター……その、ま、間違いありません───軍団の魔物レギオンズモンスターですよ、これ……」


 ワナワナと震える職員たち。

 そこらへんにいる、ゴブリンやコボルトといった雑魚とはわけが違う。


 荒野の奥地にいる、狂暴な魔物の討伐なのだ……。


 あの勇者ジェイスですら、尻尾をまいて逃げ出す程の──────。


「ば、ばばば、バカなぁぁぁあああ!! そ、そんなバカな、こ、これじゃ、うちは───」

「破産よぉぉぉおぉおおおおおお!!」


 ノーーーーーー!! と頭を抱えるバカ親子マスターども。


 ええから、はよ金払わんかい。


「す、すみません。アルガス様───ま、間違いなく討伐されたことを確認しました……。えっと、『光の戦士たちシャイニングガード』としての討伐でよかったのですか?」


「馬鹿言うな。──────『重戦車ヘヴィタンク』アルガス・ハイデマンと、最高の『ポーター』ミィナ。二人の手柄に決まってるだろう。あのパーティは何もしていない……。奴らは俺の大切なリズを奪って何処かへ逃げちまったよ。───ま、運が良ければ荒野の反対にいるだろうさ」


 ケ……。

 苦々しく吐き捨てるアルガス。


 事情は分からないものの、ギルド職員は複雑そうな裏があるとみて、とくに深く聞くこともなく、討伐完了にサインしてくれた。


 ギルドマスターは未だ天井を見上げて放心している。


「すみませんね……。その───報酬を前借したのはギルドマスター個人名でやっていたもので……。彼、多分破産しますよ」


 あー。何となくお察し。


 どうせ売名のために、自分名義で金を出して「ギルドマスター」の手柄にしたかったんだろう。


 全国組織のギルドなら、こんな無茶苦茶な報酬で冒険者を雇うなどと思わないしな。


 多分、ジェイスが失敗したことを悟って、その失態を糊塗する目的もあったのだろう。


 元々、国や軍隊が対処すべきクエストを私物化した弊害って奴だ。


「自業自得さ───」


 アルガスはそう言って、金庫のカギを受け取ると、ミィナに頼んで金貨10000枚入りのそれを回収した。


 で、


「将軍級を倒した報酬の、大白金貨1枚はどうするんだ?」

 そうとも、金貨10000枚は軍団討伐の報酬として、将軍級の単独討伐の報酬ももらわないとな。

「あー………………。その、多分難しいかと思います」


「あ゛?!」


 聞き捨てならない言葉を聞いて、アルガスが目を剥く。

 払うと、ちゃんと依頼書にも書いてある。


「そ、その……マスター個人の事業ですので……。あの人、大白金貨の分は空証文を切っているんです」


 つまり……。


「ここには、お金はありません───。そして、今日にでもマスターは破産するでしょうから、お金は取れないかと……」


 は?!


「ふざけてるのか?!」


 ギルド職員の胸倉をつかんで脅すも、聞いた感じだと彼らが悪いわけではない。


 全ては…………、


「あはーん。ねぇねぇ♡、アルガスさぁ~ん♡」


 誰だこの気持ち悪い声は──────って、セリーナ嬢か。

 くねくねと体を捩りながら、アルガスににじり寄る。


 豊満な体を見せつけるようにしているので、ミィナがムっとしている。


「ね、ねぇねぇ。今晩お暇? ちょっと私とお話し───」

「───年増に興味ないんで、」


「んだと、ゴラぁ!!」


 ほーら、すぐ本性でた。


 俺に対する今までの態度で、今更色仕掛けが通じると思ってんのか? バーカ。


「はぁ……大白金貨の分はいい。今は・・な」

「あ、ありがとうございます」


 ギルド職員が平謝りしている。

 一方で諸悪の根源のギルドマスターは口から魂を出しつつ、白く燃え尽きていた。


「利子分というわけではないが、代わりに頼みがある」

「は、はぁ。私どもできる事なら───」


 ポンと、ミィナの頭に手を置くと。


「この子を引き取る。奴隷契約を即刻破棄してくれ」

「え?」


 ミィナがビックリしてアルガスを見上げてきた。


「いっただろ。討伐できたのは重戦車とポーター───ミィナ、君のお陰だと」


 ぶんぶんぶん!!


 と全力で首を振ってミィナが否定する。

 自分は何もしていないというのだろう。


 たしかに、直接的にミィナが何かをしたわけではないが、彼女の異次元収納袋アイテムボックスがあったればこそ、こうして討伐が証明できた。


 アルガス一人なら、荒野を帰るだけで精一杯。

 討伐部位など、ほとんどを遺棄していただろう。


 実際、ミィナのポーターとしての能力は現状で世界一だ。

 これほど頼りになる相棒はいない───リズを除いてな。


「わかりました。すぐに手続きします」

「頼む───あ、そうだ」


「まだ何か?」


 ギルド職員は不思議そうに振り返るも、




「ドロップ品を換金してくれよ」




 ズラリと並んだ、千体の魔物とオーガキング───。


 アルガスの言葉に、ギルド中が悲鳴をあげたとかあげなかったとか……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます