封印の守り巫女と九尾の妖狐

作者 藤咲芽亜

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第20話 共に歩む へのコメント

    沙羅さんと九尾。このお話を拝読して、二人は出会うべくして出会ったような気がします。
    九尾にとっては、自分では止められない湧き上がる破壊の衝動により、多くの命を殺めてしまった。あやかしの身故、抗えない呪いみたいなものだったのでしょうか。
    そんな苦しみを抱える九尾に、臆することなく寄り添えることができる沙羅。
    その力は、まぎれもなく彼女だけの「特別な」力なのかなと思いました。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。沙羅は特別な力を持っていますが、ご推測通り、確かにそういう心の強さというか、優しさも含めて特別なのかもしれません。
    二人が行動を共にするまでなので、このタイトルのお話はここで終わりますが、天狗の弟子の方にもあるように、これから始まる二人の旅立ちを、温かく見送っていただけたら嬉しいです。

    2020年1月6日 23:47

  • 第1話 夢へのコメント

    初めまして、BO –ZUです。

    和風のファンタジー小説は読んだことが無かったので読ませて貰いました。

    細かい描写でわかりやすかったです。ですが、私の勉強不足もあるのですが読めない漢字もあり少し読みづらい部分もありました。一般的でない漢字にはふりがなをつけてくれますと、より読み易いと感じました。

    連載頑張って下さい。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    たしかにちょっと読み返してみたら、日常だとまず使わない漢字がたくさんありますね...。後でふりがなつけておきます!ご指摘ありがとうございました。
    和風ファンタジー小説は読んだことがなかったとのことですが、私の作品が初めてになるのですね。ご期待に沿えるかどうかはわかりませんが、和風な世界観を楽しんでいただけたら嬉しいです。

    2019年12月26日 00:02

  • 第15話 女将へのコメント

    折角よいおかみさんに出会えたのに…。
    自分も辛いのに、九尾を恨まず心配する沙羅さんの芯の強さは尋常じゃないです。
    二人の運命は複雑な織物のように交差していて、続きが気になります。

    作者からの返信

    守り巫女になるほどの強い霊力を持って生まれてきたがために、常人とは異なる感性や尋常ではない心の強さを沙羅は持っているのかもしれません。
    沙羅と九尾が共に歩み始めるまで、またしばしお付き合いいただければ嬉しいです😊

    2019年12月22日 12:52

  • 第10話 叫びへのコメント

    沙羅さんが心配。
    九尾に魂まで乗っ取られてはいないと思いますが…。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    本編の天狗の弟子では仲良くしておりますので、きっと大丈夫です
    体を乗っ取られた沙羅がどうしているのかは……次回で明かされます。

    2019年12月12日 23:10